さいたまの観光・国際交流情報
 

大宮盆栽村(Omiya Bonsai Village)

解説
 

大宮盆栽村とは、東武野田線とJR宇都宮線に囲まれた大宮公園北側一帯の総称です。我が国屈指の盆栽郷として知られ、四季折々の樹影は訪れるひとの心を楽しませてくれます。

 

また毎年5月3日〜5日には「大盆栽まつり」が開催され、全国から訪れる多くの盆栽愛好家で賑わいます。

 近接地に「大宮盆栽美術館」がオープンしました。盆栽村観光とあわせてご観覧ください!

<自然美の凝縮 盆栽>
 盆栽は、時間・空間と山水の景を表現し自然にある姿以上の美しさを求めていく日本の伝統的な芸術であります。そこには、四季の移り変わりに対する豊かな感性と生命に対する心の優しさや美的感覚が凝縮されています。長い歴史を育んできた盆栽は海外でも高い評価を受け、現在では日本の文化としてBONSAIという国際語に定着しました。大宮の盆栽村は、世界の盆栽のメッカとして海外からも多くの愛好家が訪れています。

<盆栽村の歴史>
 大宮に盆栽村が誕生したのは、大正14年とされております。当時、市内旧土呂町の一部、草深い武蔵野の山林地帯であったここに数軒の盆栽業者が、東京から移り住み盆栽の育成にいそしみ、土地の愛好者を刺激し、次第に盆栽を業とする者が増加し盆栽村を形成していきました。盆栽村を開拓した先人達の先見性から、現在の道路幅も当時造られたそのままで、ほぼ碁盤の目状に造られ、道の両側にはさくら、もみじ、かえで、けやきなどの木々が植えられています。それらの道は「けやき通り」「もみじ通り」など植えられた木の名前が付いており、盆栽四季の道と呼ばれています。
 また、戦前は30数軒の業者を数え、業者だけでなく盆栽村に住む人たちも多かれ少なかれ盆栽を持って(当時の盆栽村の内規による)親しまれたようです。昭和15年に旧大宮市に編入されたからは、世界にも例の少ない行政上の『盆栽町』と言う町名に生まれ変わりました。
 現在、盆栽町には5軒の盆栽園があり、それぞれ特色ある盆栽を手掛け、四季折々の樹影は見る人の心を楽しませてくれます。


<盆栽町周辺の盆栽園>
盆栽園名住所・電話備考
芙蓉園
Fuyo-en
さいたま市北区盆栽町96
TEL.048-666-2400
伝統産業事業所ロゴ
九霞園
Kyuka-en
さいたま市北区盆栽町131
TEL.048-663-0423
伝統産業事業所ロゴ
清香園
Seiko-en
さいたま市北区盆栽町268
TEL.048-663-3931
伝統産業事業所ロゴ
蔓青園
Mansei-en
さいたま市北区盆栽町285
TEL.048-663-2636
伝統産業事業所ロゴ
藤樹園
Tojyu-en
さいたま市北区盆栽町247
TEL.048-663-3899
伝統産業事業所ロゴ
スペース
伝統産業事業所ロゴ各園ともさいたま市の伝統産業事業所に指定されています。
さいたま市の伝統産業について詳しくはこちら(公式WEBサイト)


<盆栽四季の家>
 四季の道の散策や盆栽園を訪れた方のくつろぎの場として利用されています。茶会・会合などに利用できる和室(有料・事前予約)と、どなたでも自由に利用できる休憩室(無料)があります。
開館時間9:00〜17:00(休憩室)
9:00〜21:30(和室)
休館日年末年始
所在地さいたま市北区盆栽町267-1
TEL.048-664-1636
駐車場有り(大型車不可)

  

 
 
利用案内
 
開館時間

園により異なる(概ね日中)

定休日

木曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
※各園ごとに臨時休園有り

入館料
利用料

無料(一部の園を除く)

フォトギャラリー
すべての写真を見る
施設情報

さいたま市北区盆栽町

東武野田線「大宮公園駅」より徒歩5分

 


当協会について | プレスリリース | リンク | 当サイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.
iPhone用はこちら