さいたまの観光・国際交流情報
>
>
>

与野の大カヤ(Yono's Giant kaya tree)

解説
 

金毘羅天堂の境内にそびえ立つ「かや」の木は、全高21.5m、樹齢1000年と伝わる関東随一の巨木で、国の天然記念物に指定されており、与野の大カヤとして親しまれています。

 


また、金毘羅天堂には、金毘羅天立像が安置されており、毎年2月10日にはダルマ市が開かれます。

ダルマ市:毎年2月10日

<妙行寺>
 隣の妙行寺には、県指定天然記念物で樹齢600年のモッコクの木や、芭蕉門下の与野の俳人「鈴木荘丹」の墓と、彼が詠んだ『 蓬莱 (ほうらい)や心に花のよし 埜榧(のかや)』の句碑もあります。

 

Pocket

 
 
利用案内
 
開館時間
定休日
入館料
利用料
フォトギャラリー
すべての写真を見る
施設情報
さいたま市中央区鈴谷1083-1
JR埼京線「南与野駅」西口より徒歩10分
 


Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.
iPhone用はこちら