さいたまの観光・国際交流情報

>
>
>

見沼通船堀(Minuma Tsusenbori)

解説解説
 

パナマ運河より180余年も前の享保16年(1731年)に開通した閘門式運河(本流と用水の水位差がある場合に閘門を使って水位を調整しながら通船させるもの)で、この開通によって江戸との産業交流はおおいに発展しました。

 


<見沼通船堀のしくみ>
(1)船を芝川から「一の関」の中へ
(2)「一の関」を塞ぎ、代用水から水を流して水位を上げる
(3)船を「二の関」の中へ
(4)「二の関」を塞ぎ、代用水から水を流して水位を上げる
(5)船を代用水へ

<見沼通船堀公園>
通船堀沿いは公園化されており、散策道や趣のある竹林などが整備されています。

<鈴木家住宅>
通船堀の近くには、幕府から通船の差配役を任されていた鈴木家の住宅(江戸後期の建築)が残っており、一部の建物が土・日曜日の10時〜16時のみ公開されています。

閘門開閉実演:毎年8月下旬
 

Pocket

 
 
利用案内利用案内
 
開館時間見学自由
定休日
入館料
利用料
無料
フォトギャラリー
すべての写真を見る
施設情報
さいたま市緑区大字大間木123

TEL.048-829-1723(さいたま市 文化財保護課)

JR武蔵野線「東浦和駅」より徒歩8分