さいたまの観光/国際交流情報

海外姉妹・友好都市との主な交流事業
○派遣・受入事業(市民・経済訪問団、スポーツ少年団、学生海外派遣研修)
○文化交流事業
○市立高校・中学校の姉妹校交流 など

 
 
   
  [姉妹都市提携年月日、1979年(昭和54年)10月2日]
トルーカ市は、首都メキシコシティに隣接するメキシコ州の州都。人口は約82万人で、市内には州政府庁舎をはじめ裁判所、考古学博物館、州立自治大学、動物園などがあり、人口 1400万人以上の同州の中心都市です。海抜2,680mの高原都市で、気候は温暖です。
メキシコは先住民族が4世紀頃よりマヤ文明、続いてアステカ文明を築きましたが、16世紀より300年のスペイン統治時代があり、いまも古代文明の遺跡と中世期の華麗な建造物、そして近代の街が共存する古くて新しい国です。言語はスペイン語で、カトリック教徒が人口の大多数を占め、陽気で友好的な人柄がメキシコ人を象徴する国民性です。
トルーカ市との姉妹都市交流は、市民親善訪問団の相互訪問、少年サッカーチームの相互派遣などを行っています。
また、さいたま市役所の東側広場にはさいたま市とトルーカ市の友好の証として「トルーカの鐘」があり、1日5回、その音を響かせています。
 
 
 
   
  [友好都市提携年月日、1981年(昭和56年)10月12日]
中国中原の地にある鄭州市は、5市1県と6つの行政区を持つ、総面積7,446.2km2、総人口910万人の、河南省の省都であり、政治、経済、文化活動の中心となっています。
鄭州市は黄河文明発祥の地で、およそ3,600年前の城壁など、商(殷)代前期の遺跡を持つ歴史深い街ですが、近年は化学肥料や機械・計器・食品・製薬などの工場が建ち並ぶ、新興工業都市としてもめざましい発展を遂げています。
市の北側に接する黄河をはじめ、市内に35の河川がある鄭州では、以前はしばしば大洪水に見舞われましたが、現在は黄河の大規模な治水工事も完成し、農業などにおいて流域住民の生活を豊かにする貴重な水脈として、広範囲に活用されています。
鄭州市とさいたま市は、文化・教育交流などを通じて相互理解と相互協力関係を深めています。
 
 
 
   
  [姉妹都市提携年月日:1984年(昭和59年)5月14日]
ハミルトン市は、ニュージーランド最大都市オークランド市の南127kmに位置し、ワイカト地方の中心地です。面積は約67km2、人口は約14万人です。市内にはワイカト川が流れ、周囲は牧場が展開するニュージーランドでも有数の酪農地帯にあります。
ハミルトン市では市の中心部にワイカト大学、博物館、美術館、屋内水泳場、総合病院などが整う一方、ハミルトン湖、メモリアルパークなどの美しい風景を見ることができます。また、市内にある農業試験センターでは、国内の酪農業に関する調査研究が盛んに行われています。
ハミルトン市との交流は、提携以来、少年サッカーチームや市民訪問団、高校生の相互派遣などを行っています。また、ハミルトン市が造成した日本庭園に造園技術者を派遣し、石灯籠を寄贈しました。
 
 
 
   
  [姉妹都市提携年月日:1994年(平成6年)6月16日]
リッチモンド市は、首都ワシントンD.C.の南160kmに位置し、バージニア州の州都です。面積は約162km2、人口は約21万人で、年間を通じて温暖な気候です。
市内には現代美術やフランス印象派などのコレクションで有名なバージニア美術館、プラネタリウムを備えたバージニア科学博物館など、数多くの文化的アトラクションがあります。ジェームズ川のクルージングも人気を得ています。また市内にはバージニア州立大学やリッチモンド大学、バージニア医科大学などの文教施設が整い、中心部には、トーマス・ジェファーソン設計の州議会議事堂もあります。
リッチモンド市は17世紀初頭に設立されましたが、この名前は、同様にテムズ川に沿う街であるイギリスのリッチモンド(姉妹都市)に似ていることから、18世紀にウィリアム・バード2世によってつけられました。
リッチモンド市との姉妹都市交流は、少年野球チームの派遣を始めとして、学生間の交流を中心に行われています。
 
 
 
   
  [友好都市提携年月日:1996年(平成8年)9月25日]
ナナイモ市は、カナダの太平洋側、ブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島にあります。州都ビクトリアからは車で1時間半の距離にあり、人口は島内で2番目に多い約8万人です。
ナナイモは自然豊かな環境で、観光などのサービス業が主な産業です。「ナナイモ」という地名は、先住アメリカ人の言葉で「人の会う場所」という意味です。
市内には記念博物館や多くの公園もあり、ボーウェンパークでは鹿やビーバーと遊ぶことができます。
ナナイモ市との友好都市交流は、岩槻区にある目白大学とバンクーバー アイランド大学(旧マラスピナ大学)との交流を中心に行われています。
 
 
 
   
  [姉妹都市提携年月日:1998年(平成10年)5月5日]
ピッツバーグ市は、アメリカ合衆国北東部に位置するペンシルベニア州にあり、州内第2の中心都市です。人口は約31万人、面積は約151km2で、市内でアルゲニー川とモノンガヘラ川が合流し、オハイオ川となり、ダウンタウンはその三角州を中心に形成されています。
鉄鋼の街であったピッツバーグの現在の主な産業は、サービス業、ハイテク関連産業などとなっています。また、コンピュータサイエンス及びロボット工学で有名なカーネギーメロン大学や、医学・社会福祉事業などで有名なピッツバーグ大学など28の大学がある学園都市です。また、野球の「パイレーツ」、アメリカンフットボールの「スティーラーズ」、アイスホッケーの「ペンギンズ」というプロチームのホームタウンでもあります。
さいたま市とピッツバーグ市との交流は、教育などの分野で行われています。
 
         

 


当協会について | プレスリリース | リンク | 当サイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
iPhone用はこちら
Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.