さいたまの観光・国際交流情報
>
>

さいたままめ歴史

イメージ見沼通船堀のお話
 通船堀は江戸時代中期の享保16年(1731年)に開通 した「閘門式」(「閘門」とは水位の差の激しいところに水門を造って、水位 を調節して通船をする施設のこと。)運河で国指定史跡にもなっています。 さいたま市の東南に位 置する芝川と見沼代用水の3mの水位の差を結んでいます。よくパナマ運河と比較されますが、パナマ運河は1914年の完成なので見沼通船堀はパナマ運河よりも183年も前にできていたことになります。勿論規模の大きさについては比べ物になりませんが、着想の斬新さや工法の優秀さは現在でも高い評価を受けています。 この運河の開通によって江戸との産業交流はおおいに発展しました。見沼通船は、江戸時代においては、幕府直営で運用されていましたが、明治時代にもかなりの盛況でした。しかしその後陸上交通 の発達に伴い、大正末頃にはとだえてしまいました 。
イメージ この通 船堀の船頭たちが歌った舟唄も伝えられています。七七七五調で、歌詞は20種以上あるそうです。

♪千住出てから
  まきのやまでは
     竿も櫓櫂も手につかぬ

ちなみに、和菓子の足立屋さんが販売している「見沼舟唄」という土産品もあります!こちらのページから購入もできます。見沼通 船堀を往来する舟を型どったお菓子です。 年に1回(毎年8月頃)、通船堀の実演が行われます。一見の価値ありですよ!

見沼通船堀の紹介ページはこちら
<リンクコーナー>
さらにより詳しくは、ほしのさんの「さいたま歴史散歩」のホームページ、「さんぽ道コーナー<先人たちの足跡>」をご覧下さい。通 船堀のシュミレーションもアニメーションで見れます!
所在地: さいたま市緑区大字大間木123ほか
交通: JR武蔵野線東浦和駅より 徒歩8分
戻る


Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.
iPhone用はこちら