さいたまの観光・国際交流情報
>
>

さいたままめ歴史

イメージ大戸のお聖さまのお話
  お聖さま」は個人の所有地にあり、御神体は江戸時代末期に造られ男性の生殖器を形どった高さ56?、胴部26?の石棒ですこのお聖さまは、昔から『安産』『子宝を授かる』『良縁に恵まれる』『皮膚病や下の病気を治してくれる』と言われ、地元のみならず広く人々の信仰を集めてきました。願い事は絵馬に託し、願いが叶うと木や石で出来た男根を奉納しました。
お参りする人は男性が多く、主に下の病気の回復を願って足を運びましたが、御神体の形状がリアルなため特に若い人は人目を避け、夜中にお参りをしていました。
イメージ 現在はお参りする人も少なくなり、ひっそりと祀られています。「お聖さま」はさいたま市の有形民俗文化財に指定されていますので、ぜひ一度お参りしてみてはいかがですか。

所在地:地図はこちら(Googleマップ)
交通:北浦和駅より浦和駅西口行きバス「大戸」下車 徒歩1分

※見学される方は、所有者の許可をうけ、迷惑とならないようにお願いします。
戻る


Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.
iPhone用はこちら