さいたまの観光・国際交流情報
>
>

さいたままめ歴史

イメージ岩槻城の時の鐘のお話
  寛文11年(1671年)、時の岩槻城主阿部正春公が、領内の人々に時刻を知らせるために鋳造、その後火災で亀裂が生じたため享保5年(1720年)に改鋳し現在にいたっています。ここ埼玉県で「時の鐘」と言えば川越が有名ですが、10カ所以上あったと言われる幕府公認の江戸の鐘を含め、現在も一日に複数回の時を知らせ続けているのは、上野寛永寺の鐘、川越の鐘、岩槻の鐘の3カ所だけになりました。この中で現存する鐘としては岩槻の鐘が一番古いものです。

イメージ ぜひ一度、悠久の歴史を育んだ鐘の音を聞きにいらしてはいかがでしょうか。(1日3回6時・正午・18時)

1、岩槻の鐘 1720年改鋳
2、寛永寺の鐘 1787年改鋳
3、川越の鐘 1894年改鋳

所在地: さいたま市岩槻区本町6-229
交通: 東武野田線岩槻駅東口下車徒歩10分

時の鐘の紹介ページはこちら
戻る


Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.
iPhone用はこちら