さいたまの観光・国際交流情報
>
>

さいたままめ歴史

イメージ大宮盆栽村のお話

イメージ

 大宮に盆栽村が誕生したのは、大正14年とされています。東京本郷周辺に住む盆栽業者達が、関東大震災被災後に、盆栽の培養に適した土地、新鮮な空気と水を求めて入植したのが始まりです。
 その頃の正式な地名は、北足立郡大砂土村土呂及び西本郷でしたが、盆栽愛好者や業者が多く住んだことから誰言うとなく『大宮盆栽村』、郵便物も昭和の初めには大宮町在盆栽村のなにがしで届きました。
 盆栽村を開拓した先人達の先見性から、現在の道路幅も当時造られたそのままで、 ほぼ碁盤の目状に造られ、道の両側には桜の木が植えられ、花見時には桜のトンネルができ、大宮公園の桜とともに名所と讃えられましたが、残念なことに戦時中に燃料として大部分が伐られてしまいました。現在では、桜の他もみじ、かえで、けやきなどの木々が植えられています。それらの道は「さくら通り」「けやき通り」「もみじ通り」など植えられた木の名前が付いており、盆栽四季の道と呼ばれています。

イメージ
さくら通り

 また、戦前の盆栽業者は30数軒を数え、業者だけでなく盆栽村に住む人たちも多か れ少なかれ盆栽を持って(当時の盆栽村の内規による)親しまれたようです。その後、昭和15年に旧大宮市に編入されたからは、世界にも例の少ない行政上の『盆栽町』と言う町名に生まれ変わりました。
 現在も盆栽村では、各盆栽園がそれぞれ特色ある盆栽を手掛け、四季折々の樹影は見る人の心を楽しませてくれます。ぜひ一度ご来村ください。

●所在地
さいたま市北区盆栽町 (東武野田線大宮公園駅から徒歩5分)

★詳しくはこちら

戻る


Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.
iPhone用はこちら