茅の輪くぐり・夏越の大祓いで厄よけ(岩槻久伊豆神社)

6月30日は多くの神社で『茅の輪くぐり』が執り行われますが、【武州岩槻総鎮守 久伊豆神社】でも神事が行われます。
夏越(なごし)の大祓いは、須佐之男命の神話からの言い伝えで、暑い夏を迎えるにあたり、茅(ちがや)という草で作られた直径2mほどの大きな輪を、願いを込めながら人形(ひとがた)に触れ、8の字を描くように3回くぐると夏枯れを防ぐというものです。ぜひお出かけください。


〜茅の輪くぐり神事について〜
■日時
平成24年6月30日(土)午後4時〜斎行
■場所
武周岩槻総鎮守 久伊豆神社 境内
■内容
半年間の罪穢れを人形(ひとがた)に移し、茅の輪をくぐって災厄を除き、心身を祓い清め無事な生活を祈る神事。和菓子【水無月】を頒布。
■アクセス
東武野田線「岩槻駅」より徒歩15分
Pあり(無料)
■参加方法
※大祓式の30分前に来場してください。
①人形に家族と氏名、年齢を書く
②人形で身体をなでて穢れを移し、息を3度吹きかける。
③人形を袋に入れて、初穂料を納める。※金額自由
◎問い合わせ
同神社⇒TEL0428-756-0503
詳しくはこちら

Print Friendly
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

,