国指定史跡 見沼通船堀 閘門開閉実演!!

八代将軍吉宗の時代に新田開発として見沼が干拓され、3年後に芝川や見沼代用水から江戸へと結ぶ舟運のための「見沼通船堀」が開削されました。
この様子を今に伝えるため、「一の関」と「二の関」の間に舟を浮かべたままの状態で、通船堀東縁の「一の関」を開けたり閉めしたりする実演が行われます。


◎↑通船堀を開削した井澤弥惣兵衛為永
■期日
平成24年8月29日(水)
※雨天及び渇水等により中止になる場合がありますので、事前にさいたまコールセンターまたは文化財保護課にご確認ください。
■実演時間
1回目/10時~(約90分)
2回目/13時~(約90分)
■会場
見沼通船堀東縁・一の関~二の関間
■アクセス
JR武蔵野線 東浦和駅から東へ徒歩約15分※駐車場はありません
■問合せ
さいたまコールセンター(受付時間:8時〜21時※年中無休)
TEL:048-835-3156
さいたま市教育委員会文化財保護課 TEL:048-829-1723(直通)
見沼通船堀についてはこちら

Print Friendly
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

,