「漫福(まんぷく)寄席」笑いと感動の別天地へいざなわれてしまいましょう。

みなさんは『北沢楽天』をご存知ですか?
ご存じない方のために、簡単にまとめてみました。

・さいたま市(旧大宮市)出身。
・福沢諭吉が起こした「時事新報」という新聞社に入社し、記事を分かりやすく伝えるため新聞に絵を描いた。
↑当時、楽天が描く「時事漫画」は大人気。
・日本初のカラー漫画雑誌(東京パック)を発行した。
・日本の職業漫画家第1号。
↑現在、新聞や雑誌で目にする「漫画」の基礎を築いた。
・現在の漫画会館の建っている場所は、楽天の住居があったところ。

さて、庶民の生活や世相をユーモラスな漫画で表現し、『近代漫画の父』とも呼ばれる北沢楽天。そのユーモア精神を継承しようと行なわれてきた「漫福寄席」の第4回目が10月8日(月・祝)に東光寺で開催されます。


毎回満員御礼ですので、興味のある方は早めに事前予約をしましょう!

■期日
平成24年10月8日(月・祝)
開場:14時30分〜
開演:15時00分〜
■場所
大宮山 東光寺
■席亭
あらい太朗
■出演者
・清水マリ【むかし語り】
・三遊亭楽生【落語】
・成田武士【津軽民謡】
・土屋雄作【バイオリン】
・山下靖喬【津軽三味線】
・神田すず【講談】
※出演者は変更になる場合があります。
■料金(全席自由)
2,000円(小学生以下は1,000円)
※料金は当日払いです。
※席が不要な3歳以下は無料です。
■申込み
電話 プラザノース事業係:048-669-0300(10時〜17時)
窓口 プラザノース総合インフォメーションカウンター(10時〜20時)
さいたま小町によるお楽しみ抽選会もありますよ〜。

Print Friendly
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

,