オレンジ色の華やかな景色 見沼代用水西縁「ヤブカンゾウ」ガイドツアーのご案内

鮮やかなオレンジ色です。(7月3日撮影)
20140705_1
見頃と言っていいのではないでしょうか。
20140705_2

【7月3日更新】


サクラや菜の花、ヒガンバナにコスモス、季節ごとに華やかな景色を見せる見沼代用水西縁
6月下旬から7月上旬にかけてはヤブカンゾウが咲き、オレンジ色に彩られます。

yabukanzou_tsubomi

今(6/20現在)はつぼみですが、これから一週間ぐらいで一気に咲くだろうとのことです。

ヤブカンゾウの景色をより多くの人に楽しんでもらいたいと、見沼田んぼ地域ガイドクラブガイドツアーを企画しました。
ツアー当日は、さいたま新都心駅をスタート/ゴール地点として約6.3キロの行程を歩きます。
景色を楽しみながら良い運動にもなりますね。
申込みは今月まで先着20名ですので、ご希望の方はお急ぎを!

guidetourchirashi

【見沼たんぼのヤブカンゾウ鑑賞ガイドツアー】
■日時
平成26年7月5日(土)8時30分集合(小雨決行)

■集合場所
さいたま新都心駅改札を出てすぐ(向かい側のベンチ)

■コース
距離:約6.3km
さいたま新都心駅⇒北袋橋⇒見沼代用水西縁⇒山崎橋⇒(折返)さいたま新都心駅
※北袋橋:コクーン新都心南側の道路の延長上にかかる橋です。
※山崎橋:埼玉県道1号さいたま川口線の延長上にかかる新大道橋の脇にある橋です。

■参加費
1人300円(資料代など)

■持ち物
飲み物、雨具、筆記具

■案内人
NPO法人カンゾウを育てる会

■申込み
所定の申込書をご利用のうえ、メール又はファクスでお申し込みください。
※必要事項が記入してあれば任意の様式でも構いません。
(申込書のダウンロードはコチラから)
締切:6月29日(日)
定員:20名(先着)

■申込先・問合せ
見沼田んぼ地域ガイドクラブ
ツアー実施責任者:大神
TEL/FAX:048-833-9592
Mail:o-gami@jcom.home.ne.jp
見沼たんぼ地域ガイドクラブのホームページはコチラ
NPO法人カンゾウを育てる会のホームページはコチラ

このヤブカンゾウですが、土手の雑草が手刈りから機械刈りされるようになると、花芽も一緒に刈り取られ、姿を見せなくなったそうです。
その様子を憂慮した故島崎市太郎翁が、平成5年頃から花芽を刈らぬように、一人で雑草を手刈りして整備を始めました。その活動が地域の人たちにも広がり、活動団体が組織され、今や1.5kmにかけて咲くようになりました。

保全・育成をしているNPO法人カンゾウを育てる会さんは、約20年以上も活動しています。
本ツアーを企画し、見沼たんぼの保全・ガイドをしている見沼たんぼ地域ガイドクラブさんは、養成講座を経た見沼田んぼのスペシャリストです。
内容の濃いガイドツアーになること間違いありませんので、興味のある方は是非お申し込みください!

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,