さいたまの観光・国際交流情報
>
>
>

企画展「縄文の空間-暮らしと願い-」

このイベントの見どころ
 
今から約4500~3000年前の縄文時代後・晩期は、土偶などの特徴的な遺物が数多く作られる謎の多い時代だった。しかし、近年の発掘調査により「環状盛土遺構」と呼ばれる集落跡の存在や、水辺の利用など数多くの新事実が明らかになってきた。今回の企画展では、縄文時代後・晩期の「建物」、「墓地」、「水場」などさまざまな生活空間に注目し、当時の人々の暮らしを明らかにする。


 

  

 
お問い合わせ埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当
ホームページhttp://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=491
 
日時 2017年03月18日 09時00分~
2017年05月07日 16時30分

3月20日、5月1日を除く月曜日休館。観覧受付は16:00まで。
会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館

住所

さいたま市大宮区高鼻町4-219

アクセス

東武アーバンパークライン(野田線)「大宮公園」駅から徒歩5分

料金

一般400円、高校・学生200円 ※中学生以下、障がい者手帳等所持者(付添1人含む)は無料 ※リピーター割引あり(次回来館時の観覧料が団体割引料金(一般250円、高校生・学生150円)となる)

 


基本情報 | 観光 | イベント | コンベンション | スポーツ | 国際交流 | ライブラリ | 協会について | サイトマップ
Copyright © 2012 Saitama Tourism and International Relations Bureau. All Right Reserved.
iPhone用はこちら