さいたまの観光・国際交流情報

>
>
>

阿部展也-あくなき越境者

このイベントの見どころ
 
阿部展也は、瀧口修造との共作による詩画集「妖精の距離」(1937年)で、若くして注目を集めた。また、雑誌「フォトタイムス」に実験的な写真を発表するなど、戦前の前衛写真の運動にも重要な足跡を残す。1941年からは陸軍の報道部写真班に所属し、出征先のフィリピンで雑誌の表紙や挿画、写真を手がけ、戦後に帰国すると、キュビスムやシュルレアリスムに影響を受けた人間像を多く描いた。その全貌に迫る企画。


 

  

 
お問い合わせ企画展担当
ホームページhttp://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=384
 
日時 2018年09月15日 10時00分~
2018年11月04日 17時30分

展休館日:月曜日(9月17日、9月24日、10月8日は開館) 示室への入場は17時00分まで
会場

埼玉県立近代美術館

住所

さいたま市浦和区常盤9-30-1

アクセス

JR京浜東北線北浦和駅西口徒歩3分

料金

一般1000円(800円)、大高生800円(640円)