さいたまの観光・国際交流情報

>
>
>

鉄道博物館(The Railway Museum)

解説解説
 

2018年7月5日に新館オープン!

 


「鉄道」「歴史」「教育」をコンセプトに、日本における鉄道の役割、鉄道技術の変遷、社会への影響などが学べます。館内では、実物車両を当時の情景を再現しながら展示しているほか、日本最大の鉄道ジオラマ、日本初の「D51」運転台を使ったシミュレータ、実物や模型を使っての体験学習など、鉄道を身近に感じることができる魅力溢れるコーナーがいっぱいです。

2018年7月オープンの新館には、新たに(1)仕事ステーション(2)歴史ステーション(3)未来ステーションが新設されます。

 

Pocket

 
 
利用案内利用案内
 
開館時間通常10:00〜18:00(最終入場は17:30まで)
定休日火曜日(祝日の場合を除く)
年末年始
入館料
利用料
大人1,000円(2018年7月5日より1,300円)
小中高生500円(2018年7月5日より600円)
幼児(3歳以上未就学時)200円(2018年7月5日より300円)
※団体割引あり
※一部体験展示は有料
施設情報
さいたま市大宮区大成町3-47

TEL.048-651-0088

JR「大宮駅」より埼玉新都市交通ニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車徒歩1分
普通車291台(1日500円)(2018年7月5日より800円)
大型バス10台(1日2,000円)