さいたまの観光・国際交流情報

>
>
>

時の鐘(Toki no Kane)

解説解説
 

岩槻城の鐘楼で、寛文11年(1671年)当時の岩槻城主阿部正春が渋江口に設置しました。

 


以来、享保5年(1720年)の改鋳を経て、現在に至るまで、毎日、朝夕6時と正午の3回、美しい音色を響かせています。

 

Pocket

 
 
利用案内利用案内
 
開館時間見学自由
※鐘楼内部には入れません
定休日
入館料
利用料
無料
フォトギャラリー
すべての写真を見る
施設情報
さいたま市岩槻区本町6-2
東武アーバンパークライン(野田線)「岩槻駅」より徒歩10分
なし