さいたま観光協会

さいたま市の観光・国際交流情報

さいたま観光協会

さいたま市の観光・国際交流情報
国際交流
ホーム>
国際交流>
市民啓発>
日本語ボランティア養成講座

ボランティア養成講座

日本語支援 / 観 光 / 防 災


■日本語支援

 

日本語ボランティア養成リモート講座(入門編)全6回
外国人に日本語を教えるボランティアを養成する講座です

※令和3年1月23日(土)の講座はリモート開催に変更になりました。

※この講座は応募多数のため、募集を締切ました。


<講座内容>
講座の日程  : 令和2年11月28日(土)から令和3年1月23日(土)中、全6回
講座の構成  : ①HOP、②STEP、③JUMPの3部構成です。
①HOP 1回
日時 令和2年11月28日(土)  14時~16時
場所  浦和コミュニティーセンター 10階 第13集会室
 内容  ・日本語教室の役割(現況と多様な参加者、他)
②STEP 4回
日時 令和2年12月5日、12日、19日、令和3年1月16日(土)  10時30分~11時30分
開催方法 ZOOMでのリモート開催
内容 ・外国人とのわかりやすい日本語での上手なコミュニケーション、外国語としての日本語、日本語教室の活動について、他
③JUMP 1回
 日時  令和3年1月23日(土) 14時~16時
 場所  浦和コミュニティーセンター 9階 第15集会室 → ZOOMでのリモート開催
 内容  ・日本語教室の活動の実際と振り返り
講師名 : 有田玲子 講師
       *浦和コミュニティセンター(JR浦和駅東口 コムナーレ9・10階 浦和パルコ上)

※受講を希望される方は①インターネット通信環境➁カメラ・マイクが附属されたPC又はタブレット・スマートフォンをご自身でご用意いただく必要があります。
※通信費は自己負担となります。
※インターネット通信環境上、繋がりにくい場面が生じる可能性があります。予めご了承ください。
※ズームの使用方法はこの講座では教えることはできません。予めご了承ください。
※何らかの理由で講座を受けられない状況が発生してもご返金はできません。予めご了承ください。
※資格が取得できる講座ではありません。
※今回、取得した個人情報は当センターの個人情報保護方針に基づいて厳正に管理し、今回の講座参加登録のみに使用いたします。
※講座内容・開催方法は社会情勢により変更することがあります。

<申込方法>
受講料 4,000円(一般)/ 3,000円(会員)   教材費込
対 象  市内在住又は在勤で、日本語ボランティアとして活動を希望される方(初心者対象)
*ズームを使用するため、ズームでの受講が可能で経験のある方
 定 員  40名程度(応募多数の場合は先着順)
申込期間 令和2年10月29日(木)〜11月13日(金)まで ※応募多数のため、募集を締切ました。
申込方法 受付は所定のフォーム(*下記のこちらの部分をクリック)から簡単にお申込できます。または、Eメールでのお申込となります。

1. 所定のフォームからのお申込方法
①お申し込みはこちら(*左記こちらの部分をクリック)
②表示されるお申込フォームに入力して送信してください。
③お申込後、受講可否の結果と振込手続きをご案内するメールを受信されましたら、 メールに記載された手順で受講料の振込をお願いいたします。
④お振込いただいた方に、後日参加用のZOOM IDとパスワードをお送りします。

2. Eメールでのお申込方法 < Eメール送付先: iec@stib.jp >
①〜⑥を記入し、国際交流センターまでメールしてください。
①講座名:「日本語ボランティア養成講座(入門編)」 
②在住区または在勤区(市内在住又は在勤の方優先)
③氏名とふりがな
④電話番号(日中の連絡先)
⑤ZOOMを使用した講習等に参加した回数
⑥現在会員である場合は会員番号、現在会員でない場合は一般、と記載して下さい。
⑦一般の場合は、会員になることを希望する、または、希望しない、と記載して下さい。
⑧お申込後、受講可否の結果と振込手続きをご案内するメールを受信されましたら、メールに記載された手順で受講料の振込をお願いいたします。
⑨お振込いただいた方に、後日参加用のZOOM IDとパスワードをお送りします。

※さいたま観光国際協会では、当協会の活動にご賛同いただける会員を募集しています。
詳しくはこちら(入会案内ページ)をご参照ください。

◎ご不明な点があれば、下記連絡先までお問い合わせください

【連絡先】
(公社)さいたま観光国際協会 国際交流センター
〒330-0055 さいたま市浦和区東高砂町11-1 コムナーレ9階(JR浦和駅東口 浦和パルコ上)
Tel:048-813-8500  Fax:048-887-1505
窓口時間:月〜土 9時〜18時(日・祝日休館)
https://www.stib.jp/kokusai/index.shtml
E-mail:iec@stib.jp


■観光

令和3年度 ボランティア養成講座(オンライン)開催のご案内

■開催報告

4月24日(土)ボランティア養成講座では初めてとなるオンラインでの開催となりました。当日はスタッフ含め49名の参加で、参加者の皆さんは自宅からパソコンやスマホから受講しました。

 講座の内容は今後コロナ終息後に、さいたま市に来訪する外国人観光客の増加を見据え、岩槻・浦和・大宮エリアでインフォメーション活動やミニ観光案内を行う際に役立つ情報を動画中心で提供しました。

 

◻︎第一部 岩槻エリア
岩槻人形博物館〜遷喬館〜時の鐘〜岩槻城址公園


◻︎第二部 浦和エリア
「浦和のうなぎを育てる会」代表に聞く
玉蔵院〜調神社〜埼玉会館〜埼玉スタジアム2002


◻︎第三部 大宮エリア
武蔵一宮氷川神社〜大宮盆栽美術館
 
 
当日参加した皆さん
 
当日、運営していただいたボランティアスタッフの皆さま。
大変お疲れ様でした。


 


4月24日(土)に開催しますボランティア養成講座(オンライン)の参加者を募集いたします。

※応募者多数のため受付を終了致しました。

詳細は下記のとおりです。

ボランティア養成講座(オンライン)〜岩槻・浦和・大宮の見どころを一挙に紹介〜

〈日 時〉
令和3年4月24日(土)10:00〜12:00

〈定 員〉
30名(先着順)※定員になり次第終了となります。

〈参加費〉
無料
 自宅のパソコンやスマホからオンラインで受講ができます。
 ご自身のGmailアドレスで、後日送られてきたIDをクリックするだけで簡単に参加できます。

〈参加対象者〉
ボランティア登録者で、Google Meetにより参加可能の方
 ※Google Meetに関するサポートはありません。
 ※参加するにはGmailアドレスの取得が必要となります。

〈ねらい〉

・コロナ禍で通常形式の講座の実施が難しい中でも参加可能な、オンライン形式のボランティア養成講座を企画しました。
・今後、コロナ終息後に、さいたま市に来訪する外国人観光客の増加を見据え、登録ボランティアの方々が街角などでインフォメーション活動やミニ観光案内を行う際に役立つ情報や内容を提供します。
・岩槻、浦和、大宮の3エリアの主な観光スポットを、コンパクトにまとめて一挙に紹介します。 

〈主な内容〉
岩槻、浦和、大宮の3エリアの主な観光スポットを、当養成講座で作成した映像と資料により、紹介します。(主な観光スポットの英文ガイド資料付)

〈申し込み方法〉
申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信ボタンを押して返信してください。
申し込みはこちらからhttps://forms.gle/hiD3NVuX4CF5U6wr8
※キャンセルする場合は、4月19日(月)までにEmailまたは電話で必ずご連絡ください。

チラシはこちら(PDF)

 


■開催報告
11月23日(土)、ボランティア養成講座〜武蔵一宮 氷川神社境内めぐりを通して考える外国人への伝え方〜が開催されました。
当日は紅葉が色づき始めた雨の中、スタッフ含めて43名の参加となりました。
進行は事業スタッフ及び観光ボランティアガイド会の皆様のご協力にて3部構成で行われました。

 

(1)第一部 事前説明
ガイドツアーをより深く理解するためのポイントや背景の説明。


(2)第二部 ガイドツアー
武蔵一宮 氷川神社境内をめぐりながら、大宮観光ボランティアガイド会から日本語、スタッフからは英語での説明。


(3)第二部
「手水舎」での“お清めの作法”や“柄杓”は外国の方にどのように説明しますか?


(4)第三部 グループディスカッション
3つのグループに分かれて課題の討議を行いました。


(5)第三部
グループ討議で“訪日外国人に伝えたいこと”・“アピールしたいこと”のまとめを発表しました。


(6)最後は皆んなで記念撮影 

 


 

■防災

【防災ボランティア養成講座】
〜ガイド活動中に外国人ゲストが突然の怪我や病気になった場合の対応〜

日 時:平成31年3月9日 13:30〜16:30
場 所:浦和コミュニティセンター第13集会室
参加者:36名
内 容:さいたま市を訪れる外国人観光客の体調が急変した時、一番身近にいるボランティアが応急対応としてどのような知識やコミュニケーション能力が必要なのか?を学ぶため、実際の消防指令所(119番の受信台)の対応や、そして在住外国人の方を救急車に収容した時のコミュニケーション方法や使用ツールを明示させていただきながら、外国の傷病者や関係者とのコミュニケーション方法をチームごとに行いました。


(当日の様子)