さいたま市の背中(106)『さいたま市のセイコーマートで北海道を感じる!』

img_2532
さいたま市で味わう北海道気分

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

皆さんはセイコーマートというコンビニをご存知でしょうか。
早速答えを言ってしまうと、北海道が地盤のコンビニです。
セブンやファミマやローソン、大手と言われるコンビニは数あれど、
それらを寄せ付けない北の王者、それがセイコーマートなのです。

ご存知ないという方は、まずはホームページをご覧頂きたい。

ランキングではセブンが200店舗ほどで2位のところ、セイコーマートは1,000店舗以上。
札幌でも函館でも根室でも、チョット車を走らせれば次から次へとお目にかかれます。

で、自分の話をすると、ぼくはプライベートで1年に4回は北海道に行く北海道好きです。
目的はその時その時で様々だけど、いつだってセイコーマートは旅のお供です。
道路沿いだったり、ホテルや駅に併設してたり、観光地だったり、形態はさまざま。

secoma
2016年、社名がセイコーマートからセコマに変更

で、その北の王者であるセイコーマート。
北海道以外ではなぜか埼玉と茨城に店舗あります。
一説によると、フランチャイズ契約している会社が関東にあるとか?

2016-09-10_21h35_40
北海道と埼玉は近かった(HPより)

そんなセイコーマートがさいたま市にもあるのです!
実は今月末も北海道に行ってくる予定のワタクシ。
まだ残暑も厳しいし、一足先にセイコーマートで北海道を感じてみよう!

img_2516
夜とはいえまだ暑い

セイコーマートはさいたま市に2店舗。
今回訪れたのは、住所としては西区の店舗です。
別に観光地でもビジネス街でもなく、いたって普通の住宅街。

img_2518
到着しました

img_2519
手作り!

これこれ、ホットシェフ。
セイコーマートはお弁当や惣菜を店内で調理をしているのです。
特に北海道ドライブの朝食で食べるおにぎりはべらぼうに旨い。
これはさすがに大手コンビニ自慢の物流システムも敵わない。
だって店舗内で作ってるんだから惣菜に関していえば物流という概念はないのです。

さて外観観察はそこそこに、店舗に入ってみます。
「いらっしゃませセイコーマートへようこそ~」のお決まりの挨拶はナシ。
分かってはいたけど期待し過ぎました。

img_2523
北海道ブランド牛乳

品揃え的には、普通のコンビニとは変わらない感じ。
所々に北海道という名前が冠された商品が並んでいるくらいです。

img_2526
北海道ドライブで一日5回くらい買ってた焼き鳥

この焼鳥を前述のオニギリと一緒に頬張るのが至福。
オニギリとヤキトリの塩気を感じながら牛乳を飲むって感じ。
文字にすると若干キモいと自分でも思ったけど旨いから仕方ない。

img_2525
北海道と変わらないホットシェフ

買って帰りたかったけど夕食後だったし、持って帰るにも自転車だったし断念。

img_2520
ズラリと並ぶ

アイスの品揃えの豊富さも北海道店舗と同じ印象。
プライベートブランドから珍しいものまで勢揃い。
北海道といえば、アイス。
寒い中のアイスも美味しいもんね。

img_2521
プライベートブランドのエリア

img_2527
大手コンビニでは見かけないものエリア

img_2531
他でもそこそこ見かけるエリア

お菓子やパンは珍しいものなし。
いたって普通でした。

img_2529
普段こーゆーの買わないから限定なのかどうか分からない(結果違った)

img_2524
埼玉でもなく北海道でもなくなぜか取手。

前述の通りセイコーマートは道外は埼玉の他に茨城にあります。
どちらかというと茨城の方が店舗が多いみたい。
きっと茨城のどこかにセイコーマートの物流センターがあって、
だから茨城県のビールが物流の波に乗って埼玉に流れて来てるんだな、と予想。

埼玉にある北海道ブランドのコンビニで茨城(取手)のビールを買う。
それも面白いですな。

img_2533
さいたま市である証拠です

というわけで、北海道土産と称して奥さんに前述のポテチを購入。
プチ北海道気分で帰宅したのでありました。

みんなもさいたま市のセイコーマートに行って北海道気分を味わってみようぜ!

おしまい。

2016-09-10_22h33_26
googleのコメントが言い得て妙であった

(リンク)
セイコーマートまんだな店

お詫び!
この記事を書き終わったあと、北区にも店舗が存在すると知りました。
当初「さいたま市唯一」として記事をアップしてしまいましたが修正しました。
さいたま市内のセイコーマートは2店舗ということで、よろしくお願いします!
セイコーマートさいたま今羽店

【まつ直近記事3本】
(103)『さいたま市の酒蔵を一度に楽しめる限定セット!』
(104)『ギタリスト朴葵姫、さいたま市に来たる!』
(105)『早朝からラーメンが食べたい!(さいたま市で)』

さいたま市の背中(89)『北の大地でさいたま銘菓』

20150627_075641_894
やってきました北海道

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

前回の記事ではシカゴから更新をしましたが、その後にすぐ北海道を旅していました。

DSC_0055

日産マーチに乗り、

DSC_0092

北の果ての宗谷岬に行ったり(しかも夜中)

DSC_0129

東の果ての根室に行ったり

DSC_0144

3日間で1,500キロ走って来たのです。
それでも東側だけを行ったに過ぎないので北海道は広い。

全て野宿の旅だったので、食材は主にスーパー等で購入し自炊とか。
好きです、地方スーパー。

今回のブログ記事、結論から言うとテーマは「さいたま市モノ」は地方スーパーで見付けられるか。
これまで地方に行った度に探してはみたけど、いずれも発見できず。
そもそも地方に行けば行くほど野菜類、海産物はその地方産の物が中心だし、
特に北海道なんてほとんどが地産地消状態(うらやましい)。

20150627_092943_350
夕張メロン山積みだしね

だから正直言うとあまり期待はしていなかったこの北海道旅。
旅のスタートに寄ったのはイオン千歳店。
ここで色々旅の買い出しをすることにしました。

20150627_092035_166
やはり肉は豊富ですな。当然道内産多し。

20150627_091523_759
関東ではあまり見ない豚串

自炊道具は持って来てたんで、鮮度を考えて肉は夕方に他所で買うことに。
まず欲しいのは旅のお供のお菓子類。

20150627_091820_543
何となくの気分で米菓・和菓子コーナーへ

たまにゃ煎餅なんて食べたいですな。
100円とかの安いやつで良いわな。
そんな軽い気持ちで足を向けました。

20150627_092147_538
思いの外バリエーション有り。これでも一部分。

色々あるのだなぁ。
さすが流通業界の雄、イオン。
せっかくだし、選んでみるかぁ。

そう思った矢先に、直ぐにぼくは自分の目線と同じ棚に見覚えのある和菓子を見付けてしまったのです!

20150627_091832_474
さいたま銘菓、ねぎみそせんべい!

そう、ぼくが何度のこのブログで取り上げている煎餅。
この記事とかこの記事とか。

今まで埼玉県外では横浜市で見付けたことがあります。
そして今回は過去最長距離、北海道千歳市!

20150627_091915_252

なんと黒こしょうせんべいも!

20150627_092243_697

なんとたまりしょうゆせんべいも!

DSC_0060
当然セットで買った

イオンならこのさいたま銘菓がどこでも買えるのか。
一時的に流通していたものなのか。
残念ながらリサーチ不足なので定かではありません。
しかし北海道ドライブのお供に迷わずこのさいたま銘菓を買ったぼくは、
その後の1,500キロの旅を無事無事故無違反で走り切ったのです。

冒頭で述べたように、さいたま市の食べ物を地方で買えるのはほぼ皆無と思います。
有名なネギは深谷市だし、さいたま市名物の盆栽は食べれないし、草加煎餅ブランドは強いし。
このねぎみそ煎餅くらいじゃなかろうか!?
少なくともぼくは、まだ他を知りません。

みんなも地方スーパーでさいたま市名物を探してみようぜ!

DSC_0057
当然北海道銘菓も沢山売ってました。

おわり。

【まつ直近記事3本】
(86)『けやきひろばビール祭り!』
(87)『ビール祭!断片的なSeason2』
(88)『海を越えたさいたま銘菓』