梨の花が満開です

IMG_6930

梨の花が最盛期です。

桜の花や梅の花よりも少し大ぶりの花びらは真っ白でしべが薄紫。

純白の花びらがとても可憐です。

さいたま市西区にある石川梨園さんの梨畑にお邪魔してきました。

ぽかぽか陽気で、梨棚の下でお花見したい。

20140412

・・・なんてことは言っていられません。

梨園では、大きくて形のいい梨の実をつけるために、

一輪ごとに花粉を付けていく授粉作業が大忙しです。

それも、お天気で気温が高い日。花の咲いているわずか一週間が勝負!!

上を向いて、腕を上げての作業が朝から夕方まで続きます。

IMG_6945

梨園の主人、石井一次さんは「毎日夫婦で梨の具合の話をしています」と話す。

奥さんがお嫁に来た時に植えた若木は今、45年経ちました。

毎年たくさんの実を付けています。

そうしてずっと、いい実がつくようにとご夫婦で支えあって愛情込めて育てています。

石川梨園さんは、8月中旬から梨狩りが楽しめます。

 

 

名称:石川梨園
住所:埼玉県さいたま市西区宝来1068
電話番号:048-624-6408
営業日・時間:8月中旬~10月上旬
取扱品目:梨(幸水・豊水・彩玉 ・新高 他)
料金:入園無料
その他:米(減農薬、無化学肥料栽培、コシヒカリ)

さいたま市で梨狩りできます

梨のみずみずしさと爽やかな甘さ。しゃりしゃりの食感はこの時期ならでは。秋に収穫される果物の中で人気のある梨ですが、たいていは八百屋さんやスーパーで買うことが多いですよね。一度、梨畑で自分で収穫した梨を食べてみませんか?

熟した梨の実は、手のひらいっぱいにどっしりと重く、その大きさに驚きます。もぎたてをぱくりと食べる。甘い香りとこぼれ落ちる果汁。ひときわおいしい。そんな梨狩り体験が、さいたま市西区でできるのです。

IMG_4958

優しい笑顔で梨畑を案内してくれるのは、石川梨園のご主人、石川一次さん(75

梨棚にはたくさんの梨が。食べごろの梨はどれ?ここはぜひ、とびきり美味しい梨を選びたいところ。梨の実に手をかざして光を遮った時に、おしりの部分が黄色いものが熟れているサインだよ」と教えてくださいました。なるほど、手をかざすと実の下や片側に、まだ青い部分が残っているのが見えます。

「手のひらで梨の実を下から包み込んで、上に持ち上げると枝から実が離れるよ」というアドバイス通りにそっと持ち上げると、簡単に収穫ができました。

大きくて実が黄色く熟した梨を見つけると、楽しくてついつい取りすぎてしまいますが、収穫した梨は種類と重さで値段が決まっていて、全てお買い上げとなります。

IMG_4930

梨畑から石川さんのご自宅の納屋へ戻り、奥様にもいだ梨を測り売りしてもらいます。安い!と感じるのは、この大きさと甘さ。そして、自分で選んだ梨だから。

「スライスしてマヨネーズであえたり、ジャムにしたりする食べ方もあるけれど、やっぱり梨はそのまま食べるのが一番美味しいよ」と石川さん。いろいろとお話いただき、ありがとうございました。

梨狩りは9月いっぱいまでですが、まだまだ間に合います。梨狩りをしなくても、梨の直売もしています。駐車場もありますので、ぜひ立ち寄ってみては。

(市民観光サポーター yokko)

名称:石川梨園

住所:埼玉県さいたま市西区宝来1068

電話番号:048-624-6408

営業日・時間:8月中旬~10月上旬

取扱品目:梨(幸水・豊水・彩玉 ・新高 他)

料金:入園無料

その他:米(減農薬、無化学肥料栽培、コシヒカリ)