こんなところに!?見つけてみよう!さいたま市内のデザインアート・オブジェ【第2弾】

さいたま市内で見つけた可愛いデザインや気になるオブジェをご紹介する第2弾です。(※第1弾はこちら
今回のテーマは、「花」です。

 与野公園(さいたま市中央区)近く、鴻沼川にかかる橋(霧敷橋)にはバラがデザインされていました。バラのまち中央区では、他にもたくさんのバラのデザインを見つけられることでしょう。

 続いて、武蔵浦和駅(さいたま市南区)前広場には、南区の花をモチーフにしたひまわりの時計がありました。時計は三方向に向いていて、まるで行き交う人に挨拶しているようです。

 こちらは、鴨川にかかる橋(さくらそう橋)に設置されている、さくら草のモニュメント。この橋を渡って河川敷の方へ降りて行くと、サクラソウ自生地がある桜草公園(さいたま市桜区)です。モニュメント奥に見えるロケットのようなものは、「新開(しびらき)タワー」とも呼ばれている電波塔。遠近感で大きさが逆転してますが、実際はもちろん電波塔が大きく、その高さにびっくりしますよ!

 花といえばここ!大宮花の丘農林公苑(さいたま市西区)です。1年中いろいろな種類の花が咲いて何度も足を運びたくなる場所です。近くで収穫された新鮮な農産物や季節の花を直売(※水曜日・土曜日・日曜日及び祝日)している花の食品館もあります。

公苑入り口の看板に可愛い花のデザインを見つけました!

大宮花の丘農林公苑では四季折々の素敵な風景に出会えます!

大宮花の丘農林公苑の風景_1
大宮花の丘農林公苑の風景_2
大宮花の丘農林公苑の風景_3
大宮花の丘農林公苑の風景_4

 最後は見沼田んぼの桜回廊。見沼代用水東縁(さいたま市見沼区)の橋(丼橋)に桜のデザインを見つけました(※撮影時11月の様子)。市内各所でもうすぐ桜が咲き誇ります。楽しみですね!

▼今回ご紹介したスポットはこちら▼

※ 動画「さいたま歩きが楽しくなる見るガイドブック」は、これまで約50本公開して来ました。最新のコース紹介では、特別編として「シェアサイクルでめぐるさいたま市西エリア」を随時公開中です。これから暖かくなりますので、歩いても、自転車でも、さいたま市内をめぐってみてください。ちょっとした再発見があるかもしれません!

 

さいたま市の背中(178)『さいたま市の難読地名をあなたは読めるか』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

日本語の難しい所って、必ずしも学校で習った読み方では無いものがあることかと思います。人名はそのうちの一つ。そして土地の名前も何て読むか分からないという経験は多くの人にあるのではないでしょうか。当然さいたま市にも地元民でも「なんだっけ」となるような難解地名があります。今回は僕が独断と偏見で選んだ難解町名を紹介します!

<調査方法>
難解町名をリストアップするにあたり、郵便局の郵便番号検索を参照しました。

<分類方法>
さいたま市は浦和・大宮・与野・岩槻の旧4市が合併して誕生しました。ここでは旧4市をグループ化して、それぞれ1~3つをピックアップしてみました。判定基準は僕の独断と偏見です。

それでは行ってみましょう!

<旧浦和市(現南区・桜区・浦和区・緑区)>
・馬場
・玄蕃新田
・道祖土

<旧大宮市(現西区・北区・大宮区・見沼区)>
・水判土
・風渡野
・植田谷本村新田

<旧与野市(現中央区)>
・円阿弥

<旧岩槻市(現岩槻区)>
・増長

皆さんは幾つ分かりましたか?

それでは答え合わせだ!

<旧浦和市(現南区・桜区・浦和区・緑区)>
・馬場(ばんば)

人名では比較的ポピュラーなので「ばば」と読んでしまいそうだけど、さいたま市では「ばんば」。でも漢字変換で出て来たから案外ポピュラーなのか?個人的には「ばば」さんは会ったことがあっても、「ばんば」さんって会ったことはないけども。

・玄蕃新田(げんばしんでん)
「蕃」さえ読めれば答えは簡単なのだろうけど僕には読めなかった。電話で漢字を説明する際って何て伝えるのだろうか。「玄蕃」でググってみたら「玄蕃寮のこと―日本の律令制において治部省に属する機関である」。なんのこっちゃ。歴史好きならピンと来るのだろうか。(参考:Wikipedia-玄蕃寮

・道祖土(さいど)
これはどこに出しても恥ずかしくない難読地名かと思います。一文字目で「み」あるは「ど」と読んだ時点で間違いですからね。実は僕も旧浦和市民として漢字には見覚えはありますが、読み方を知ったのは今回が初めてでした。少し経ったら忘れてしまいそうだけど。こういう難読地名も市役所職員とかなら知っていて当然なのですかね。

<旧大宮市(現西区・北区・大宮区・見沼区)>
・水判土(みずはた)
個人的には上の「道祖土」と並ぶ難解地名。しかし読み出しは「みず」で決して裏切らない。その次は「はんど」と行ってしまいそうだけど「はた」と急に裏切るツンデレ振り。百歩譲って「は」は許せるが、どこに「た」の要素があるのだろうか?

・風渡野(ふっとの)
「水判土」ほどではないが、これはこれでなかなか厳しい。しかし必ずしも常識外れな読み方でもないのでナゾナゾが得意な人は勘で答えを出せるかも。

・植田谷本村新田(うえだやほんむらしんでん)
当初の選出基準は「長い」というだけでした。しかし区切り位置が不明確で、うっかり「谷本(たにもと)」とか「本村(もとむら)」とか読んでしまうという引っ掛けも。落ち着いて読めば大丈夫。電話で「ご住所は?」と聞かれて、「うえたやほんむらしんでんです」って言うのもなかなか大変かと思いますけども。なお調べたところ、区切り位置の正解は「植田谷本村、新田」だそうです。

<旧与野市(現中央区)>
・円阿弥(えんなみ)
旧与野市とこの後に続く旧岩槻市は区が一つしかないこともあり、元ネタに乏しく選出は一つだけです。僕は一時期、旧与野市に住んでいたので、「円阿弥」という漢字は路線バスの行先表示で、あとは良く行っていたイオンモール与野に隣接している町名ということで記憶にはありました。しかし実際に円阿弥に住んでいた訳ではなく、そこに行くような用事も無いので、正しい読み方を知ることまでは気持ちは向かず、ずっと「えんあや」と読んでいました。「円阿弥=えんなみ」という固有名詞として記憶をするしかないようです。

<旧岩槻市(現岩槻区)>
・増長(ましなが)
最後です。「ぞうちょう」という単語と同じですが、さいたま市では「ましなが」。北海道には「増毛(ましけ)」という、海産物や高倉健氏主演の映画『駅』のロケ地で有名な地名がありますが、その知識を応用すれば解けるかも。

以上です。

今回さいたま市の難読地名を探すにあたり、全ての町名を読み上げてみましたが、基本的には素直に読む地名が多かったです。これを通してさいたま市の全ての地名は読めるようになったと思うので非常に勉強になった次第です。日本各地には珍しい・難しい地名が数多くありますよね

みんなも地元の地名を読めるか改めて挑戦してみようぜ!

おしまい。

(参考リンク)
郵便番号検索

さいたま市の背中(170)『早朝からラーメンが食べたい!(ラーメン山岡家 さいたま丸ヶ崎店)』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

お待たせしました、大人気シリーズ「早朝からラーメンが食べたい!」第4弾です。

第1弾:(105)『早朝からラーメンが食べたい!(さいたま市で)』
第2弾:(107)『早朝からラーメンが食べたい!(こってり編)』
第3弾:(126)『早朝からラーメンが食べたい!(ドロドロ編)』

今回、朝っぱらからラーメンを食べに行ったのは、見沼区にある「ラーメン山岡家 さいたま丸ヶ崎店」。

山岡家といえば北海道に本社を置くラーメンチェーン。店舗は東日本を中心に日本全国に広がっています。看板メニューは強烈な匂いのする豚骨ベースの「特製味噌ラーメン」。その強烈さのあまり、そのラーメンは食べる人を選ぶ、という声も。一方で、根強いファンもいる。僕はもちろん大ファンです!味噌だけでなく醤油や塩もあるよ!



山岡家は「さいたま宮前店」を第2弾で既に紹介済じゃないか!と突っ込みも聞こえてきそうだけど、山岡家は店舗調理で店舗によって味も若干違う(とラーメン通は言う、らしい)から、そこのところはご愛敬。



山岡家さいたま丸ヶ崎店はさいたま市のほぼ北端に位置するため、ほぼ南端に位置する我が家からは、さいたま市を縦断する勢いで北上する必要があります。ナビ上では25分と表示されているけど、これは早朝(夜中)の3時であるからで、日中であれば倍以上かかる距離です。



2月の早朝。車内の気温はほぼ0度。うんうん、でもこの寒い季節に食べる朝ラーメンが美味いのだよ。



早朝4時台に車を飛ばして到着。早朝の快適ドライブも気持ち良いです。

山岡家のもう一つの特徴が大型道路沿いへの出店と24時間営業。それなのに店舗が暗いのは「まん延防止重点措置」に伴い24時間営業を自粛しているから。さいたま丸ヶ崎店の営業時間は5時~20時。哀しい。哀しいが仕方ない。



予め時短営業というのは調査済だったけど気が急いて4時45分頃に到着。一番乗りでした!エンジンを切ってしまうと、車内にいても車外にいても寒いのは変わらないので周囲を少し散策。熱いラーメンを食べるために身体を逆に冷やしてウォーミングアップ。

今の期間限定メニューは「特製もやし味噌ラーメン」か。山岡家の期間限定ラーメンはあまり食べないが、これは美味そうなので食べてみよう。



5時になったと同時に入店。時刻は食券に記載の通り5時1分。いかに素早く入店して素早く発券したか、この時刻が物語っていますね。日付もあるから店舗側には完全に身バレだけどまぁいいか。



感染対策はしっかりしています。これ↑が無かった時代が懐かしいなぁ。



食券を渡して「お好みは?」と聞かれるので、「硬め濃いめ」とオーダー。もはや朝5時のセリフではないけど、逆に考えれば朝5時だから罪悪感は少ない、という葛藤はいつものこと。



やがて運ばれてきた「特製もやし味噌ラーメン」!!!



美しや~。

朝ラーメン最高!!!

栄養!栄養!

カロリー!カロリー!

お味の方は生姜・唐辛子などのスパイスが利いていて、(更に胡椒も追加したので)普段食べる「特製味噌ラーメン」よりも強烈さを増しています。なんかもう、スープの熱さだけでなくスパイスの成分も相まって身体の芯から熱くさせる味です。辛いぞ!お子様には厳しいかも!大人の味だ!



夢中になってラーメンを完食して外に出たら、こんなに車が停まっていました!画像のタイムスタンプを見ると時刻は5時17分!時短営業の今、これだけみんな朝ラーメンに飢えていたのか!でも一番乗りした僕の情熱の方が強かったんだからね!と勝手に勝者を気取り、朝5時の道路をニンニク臭を漂わせて再び南に向かい帰宅をしたのでした。



山岡家は上場企業らしく、カロリーやアレルゲン情報をホームページに記載をしています。これを見る度に罪悪感を増倍させているのですが、「さて今回初めて食べた期間限定メニューはどれくらいかな?」と何気なく調べてみた結果!





\(^o^)/オワタ

しばし言葉を失う僕。一般的な成人男性の必要カロリーは一日2,300キロカロリーくらいなので、朝5時の時点で7割近くを摂取してしまったことになります。これから一日どう過ごせば良いんだ。太陽も昇っていないのに。でも、良いんだ。美味しかったから。

というわけで、さいたま市で食べる朝ラーメン、第4弾でした!みんなも朝からラーメンを食べようぜ!

おしまい。

(参考リンク)
ラーメン山岡家 さいたま丸ヶ崎店





今年はトラ年!大宮盆栽のために盆彩畳を作った畳店「銀虎」さんをご紹介。

新年を迎えもう1ヶ月が経とうとしています。本年も「もぎたてさいたま情報ブログ」のご愛読よろしくお願いいたします。

今年はトラ年!ということで、さいたま市見沼区にある熊本八代産畳店の「銀虎(ぎんとら)」さんをご紹介します。

国産の熊本八代(やつしろ)産のい草を使用し、高品質な畳を提供するお店です。かっこいいのれんが目を引きます。熊本といえば、くまモン!

中へ入ると社長が作業されていたのですが、突然の訪問にもかかわらずお話を聞かせてくれました。社長のご祖父母が築地で仲卸業をされていて、屋号が「金虎」だっため、ご自身は「銀虎」とされたそうです。

畳表や畳縁も見せてくれました。こんなに明るくて綺麗な畳縁があるんですね!

本格的な和室に合うものはもちろんのこと、モダンな和室に合うもの、子供部屋に合う可愛いものなど、約1,000種類もの柄縁が取り揃えられています。

現在、0歳児を受け入れる多くの市内の保育園へ熊本八代産畳を納品されているそうです。まだハイハイする赤ちゃんにとって、高品質の畳は気持ちが良いでしょう!

また、小学校の課外授業として、小学生がお店を訪れて作業を見学され伝統産業を学ばれるそうです。壁には地元の大砂土東小学校の生徒さんから送られた手紙が飾られていました。

こんなところからも、お店のモットーである”地域に根ざしたお店”というのが伝わってきました。

そして「銀虎」さんでは、さいたま市の代表的な観光資源である大宮盆栽のために「盆彩畳」を作られました。これは大宮盆栽美術館の盆栽技師と畳職人のコラボレーションにより生み出された盆栽用敷板「盆彩畳」です。大宮盆栽美術館や、盆栽園の「清香園」で販売中です。さいたま推奨土産品でもあり、海外の方にも魅力的な商品ではないでしょうか。

さいたま推奨土産品 盆彩畳〜BONSAI TATAMI〜

最近は、お手頃で気軽に手入れを楽しめる小さめの盆栽は人気があります。

こちらは昨年の3月に浦和パルコで開催された盆栽フェアです。桜の盆栽もあって、浦和でも盆栽は大人気でした!

続いて昨年の10月に、まるまるひがしにほんで開催された盆栽イベントの様子です。小さな寄植えや実のつく盆栽に興味を持つ方がたくさんいらっしゃいました。

自分で育てた愛着のある盆栽を、盆彩畳に置いてみましょう。グレードアップ間違いなし!畳の香りといっしょに盆栽を楽しんでみてください。

株式会社 銀虎
さいたま市見沼区堀崎町520-4
電話:048-812-5773(日曜祝祭日を除く)
※オンラインZOOM相談も可
※ウェブサイトはこちら
※盆彩畳についてはこちら
アクセス:見沼区コミュニティバス(平日のみ運行)の見沼区役所バス停から武道館通りを北へ400mほど。大宮堀崎郵便局が見えてきたら左手です。

さいたま市見沼区役所

「第10回沖縄国際映画祭」に出品する“さいたま市を舞台”にした映画の撮影が行われています!

吉本興業(株)が、2011年にはじめた「47都道府県住みます芸人プロジェクト」の一環として、街の魅力を映画を通して発信する地域発信型映画を制作していることをご存知ですか?

北は北海道標津郡中標津町から、南は鹿児島県奄美大島まで、これまでに70作品ほど制作しており、このたび、第10回という記念すべき節目むかえる沖縄国際映画祭に出品する映画の舞台に「さいたま市」が選ばれたのです( ̄∇ ̄)v ドヤッ!

そのタイトルは・・・

たまえのスーパーはらわた

(゚0゚;ノ)ノ エッ!! ホラー映画!?

いえいえ、ご安心を。
主人公がホラー映画監督志望の女子高生なのです。
そして、この女子高生のもとに、さいたま市のPRビデオの制作依頼が飛び込んでくるところから物語がはじまります。

主演はNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」にも出演していた白石優愛さんです。

ほかにジャングルポケットのお三方、しずるの池田一真さん、第12回全日本国民的美少女コンテストのグランプリとモデル部門賞をW受賞した工藤綾乃さん、さいたま観光大使である村田綾さんなどが出演します。

撮影は、昨日、1月28日(日)から市内各所で行われており、2月1日(木)までにすべての撮影が終わります。

吉本興業の皆さんが場を盛り上げてくれるので、撮影現場は笑いが絶えません。

そうですよね、監督っ!

完成した映画は4月19日(木)、20日(金)の2日間行われる「第10回沖縄国際映画祭」でプレミア上映されたあと、こちらさいたまで凱旋上映会が開催される予定になっています。

凱旋上映は夏前に行われるとのことです。
う〜ん、楽しみですね。

■タイトル
たまえのスーパーはらわた

■監督・脚本
上田 慎一郎

■出演
白石 優愛
斉藤 慎二、太田 博久、おたけ(ジャングルポケット)
池田 一真(しずる)
工藤 綾乃
ほりかわ ひろき
西沢 仁太
春川 桃菜
上妻 成吾
村田 綾 ほか


先日某テレビ局で放送された「千葉県vs埼玉県」の番組で、千葉県出身のジャングルポケットの斉藤さんは、埼玉を全否定しつつ千葉愛を語ったことにより、番組終了後、埼玉県民からツイッターで「もう埼玉には来るな」とまで言われてしまったそうです。
しかし「それは番組上の演出で、埼玉を煽りつつ、千葉愛について語らなくてはいけなかった。実は競馬好きの自分は、浦和競馬場に来たり、浦和のうなぎを食べたりしている。この映画でさいたま愛を見せたい」とお話されていました。


それでは1月28日(日)に撮影されたサッカーのシーンを見てお別れしましょう!










なんだよ、やっぱりホラー映画じゃん・・・