さいたまスポーツコミッション(SSC)のオランダ訪問レポート2

ロッテルダム市役所を訪問した翌7月7日(火)は、ロッテルダムから東に110㎞ほどに位置するナイメーヘンを訪れました。

ナイメーヘンと言っても、耳に馴染みのない方もいらっしゃると思いますが、ここでは、世界最大のウオーキングイベント「ナイメーヘン国際フォーデーマーチ」が毎年7月の第3週に開催されています。

ナイメーヘン国際フォーデーマーチとは、参加者の年齢・性別により30・40・50㎞のコースを定められ、4日間毎日歩くことが求められる大会です。参加者は4万人を超え、4日間完歩する参加者は9割以上というとてもスケールの大きいハイレベルな大会です。

SSCでも毎年3月最終土日に「さいたマーチ 〜見沼ツーデーウオーク〜」という二日間のウオーキングイベントを開催しているので、その運営の参考とするため、ナイメーヘン国際フォーデーマーチの事務局にお話を聞きにいくというのが目的です。

ナイメーヘン5

お話をしてくださったのは実行委員会会長のヨハン・ウィレムスタイン氏と事務局の職員2名。大会2週間前という多忙な時期にもかかわらず、こちらの質問にとても丁寧に答えてくださいました。

ナイメーヘン3 ナイメーヘン4

さすがに世界最大というだけあり、とても真似できない部分もありましたが、参考になるお話もあり、たいへん貴重な時間となりました。

昨日、今日と世界をリードする2団体と会う事ができ、とても有意義な時間を過ごせました。この経験を今後のSSCの活動に活かしていきたいと思います。

以上で、SSCのオランダ訪問は終了となります。

Print Friendly
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

,