2022年GWに行ってみたい!さいたま市内観光スポット&イベント発表!第1位はあの場所!?

もうすぐゴールデンウィーク!
そろそろ予定を立て始める方もいらっしゃるのでは?

(株)JTBが4/7に発表した情報によると、
2022年GW期間中の国内旅行は、
・近隣圏広域から遠方圏への旅行が増加
・コロナ前の約7割まで戻る傾向
にあるそうです。

まだまだ新型コロナウイルスの感染状況が心配ではありますが、
しっかりと感染対策を行った上で今年のゴールデンウィークを楽しみたいですね。

さて、4/9に開催したさいたま市観光PRイベント@Bibliにおいて、
来場者の方に「2022年GWに行ってみたい!さいたま市内観光スポット&イベント」についてアンケートを実施しました。
(ご協力いただきました皆様、ありがとうございました!)

今日はその結果のトップ5をランキング形式で発表!
さいたま市近隣にお住まいの方も、遠方からさいたま市にお越しの方も、
ぜひお出かけ前にチェックして素敵なGWをお過ごしくださいね♪

では参りましょう!
◆第5位◆5/8(日)大宮アルディージャvsいわてグルージャ盛岡@NACK5スタジアム(大宮区)
アンケート実施当日はアルディージャのホーム戦開催日だったということもあり、サポーター含む方々からの投票が集まりました!

ちなみにGW期間中、浦和レッズのホーム戦はAFCチャンピオンズリーグ2022のためございませんが、5/13(金)にサンフレッチェ広島戦が埼玉スタジアム2◯◯2にて行われます!

両チームの試合日程やチケット情報は其々の公式HPにてチェック!

◆第4位◆さいたまスーパーアリーナ(中央区)
4/30~5/4には、様々なアーティストが集いライブを行う「VIVA LA ROCK」が開催!

またGW後、5/12〜5/15はけやきひろばにて「2022けやきひろば春のビール祭り」が開催されます!

イベントの合間にはぜひ、さいたま新都心駅周辺の散策がおすすめ!
街歩き動画「さいたま歩きが楽しくなる見るガイドブック」では、さいたま新都心エリアにあるパブリックアートや、ここでしか出会えない特別記念マンホールがあるスポット等を紹介しています♪

◆第3位◆大宮盆栽美術館大盆栽まつり大宮公園(大宮区・北区)
大宮公園含む北側エリア一体が同率3位にランクイン!

大宮公園は小動物園や児童遊園地があるので、小さいお子様連れのご家族ものんびり過ごせそう。お天気の良い日はお弁当持参やテイクアウトでピクニックも気持ち良さそうですね!

また、北に向かうと盆栽美術館も!5/1は「さいたま市民の日」で観覧料(個人)が無料ですし、5/3〜5/5は大宮盆栽村を中心に「第39回大盆栽まつり」が開催されます!久々の開催となるので、盆栽愛好家はもちろん、楽しみにされている方が多いかもしれませんね。

◆第2位◆青葉園のフジ(西区)
「さいたま歩きが楽しくなる見るガイドブック」の特別編、「シェアサイクルでめぐるさいたま市西エリアPart2」に登場した青葉園
埼玉県の天然記念物に指定されているフジは、見頃の4月末〜5月上旬*を迎えると素敵な薄紫色の花を咲かせます。
*4/17時点の青葉園HPによると、既に見頃を迎えているとのことです!
園内の北側、朱色の三重の塔は今年3月に塗り替え工事を終えたばかり。国内有数の高さを誇ると言われています。

第1位の発表前に、その他のスポットもご紹介♪
岩槻人形博物館(岩槻区):5/1は「さいたま市民の日」で観覧料(個人)無料!
総持院のボタン(緑区):例年4月下旬頃に見頃を迎えます。
岩槻城址公園(岩槻区):例年6月頃から夏にかけて、菖蒲池一帯に睡蓮が咲いて綺麗です!
大崎公園(緑区):週末、芝生の広場や子供動物公園には多くの家族連れで賑わいます。

それでは、第一位の発表です!!!!

◆第1位◆与野公園のバラ(中央区)
品種によって咲き始めが異なりますが、さいたま市の5月!と言えば、盆栽まつりと同じくらい、与野公園のバラは楽しみの一つ。
GW後、5/16〜5/22には「ばらまつり2022」が開催。
例年と異なり、ステージイベントや飲食の出店はございませんが、お花を楽しむことに特化して、バラの看板設置を行ってPRを行う予定です。
また、期間中はライブカメラを使ってバラの開花状況をお知らせしてまいりますので、ぜひ当協会HPチェックをお忘れなく!

新緑の季節、さいたま観光国際協会の事務所がある氷川参道の木々も若葉が芽生えてきました。
これからどんどん緑豊かになっていくのが楽しみです。
二の鳥居そばのBibliでは、定期的に観光PRイベント等を行ってますので、ぜひ大宮周辺にお越しの際は、さいたま観光国際協会HPやSNSをチェックの上いらしてくださいね。お待ちしています!

【大宮アルディージャレリーフ】佐々木シニアアドバイザーのレリーフが設置されます〜対象店舗ご利用で特製クリアファイルがもらえる!〜

今年も大宮髙島屋前に新たな大宮アルディージャレリーフが設置されます。2022シーズン大宮アルディージャのホームゲーム開幕戦に合わせて、令和4年2月26日(土)に公開されます。今回の対象はなんと!大宮アルディージャの初代監督でもある、佐々木則夫シニアアドバイザーです。佐々木氏は日本女子代表監督なども歴任され、日本女子サッカープロリーグ(WEリーグ)の設立にご尽力されました。WEリーグに参入する大宮アルディージャVENTUSの総監督も務められましたね。

足型作製時には、サインの練習もされるなどこの企画を楽しんでいらっしゃったようです!

そして新たなレリーフ設置に加え、3年ぶりにクリアファイルが作製されます!
こちら↓は2019年に作製・配布されたクリアファイルです。歴史を感じられる嬉しいデザインですね。今回、大宮アルディージャを語るうえでは欠かせない佐々木氏の功績を讃え、21基目が設置されるのです。

※2019年作製のクリアファイル

レリーフの設置を記念し、公開日の2月26日から、クリアファイル配布対象店舗で達成条件を満たした方(一定金額以上のお会計をされた方など)に、先着で特製クリアファイルがプレゼントされます。お会計の際に、「特製クリアファイルをください!!」と一言お声がけくださいね。

さらに、キャンペーン画像↓を提示するとお得な特典を付けてくれる店舗もあります。大宮アルディージャはもちろん、街中のお店も応援して貴重なプレゼントをゲットしましょう。

大宮アルディージャレリーフ キャンペーン画像

【令和3年度大宮アルディージャレリーフの設置について】
設置場所:JR大宮駅東口 大宮髙島屋前(さいたま市大宮区大門町)
公開期日:令和4年2月26日(土)から
※詳しくは、さいたま市HP(こちら)をご覧ください。案内動画や佐々木シニアアドバイザーの特別メッセージ、足型作製の裏側もご覧いただけます。

【大宮アルディージャ公開キャンペーン(クリアファイルのプレゼント)について】
実施期間:令和4年2月26日(土)から令和4年3月11日(金)まで
配布方法:対象店舗で達成条件を満たした方に先着でプレゼント
※詳しくは、さいたま市HP(こちら)をご覧ください。配布対象店舗や特典についてご確認いただけます。

■お問合せ
主 催:さいたま市サッカーのまちづくり推進協議会
事務局:さいたま市スポーツ振興課
電 話: 048-829-1058

■レリーフの鑑賞及びキャンペーン対象店舗来店時には、密を避けるとともに、マスク着用や手指消毒など、新型コロナウイルス感染症の感染対策にご協力ください。また、発熱等の風邪症状がある場合には、来場・来店を見合わせてくださいますようお願いします。

 

さて、さいたま市と当協会では、2月26日(土)にNACK5スタジアム大宮で行われる大宮アルディージャホーム開幕戦に合わせて「さいたま市観光プロモーションin Bibli(ビブリ)」を開催します。旧大宮図書館をリノベーションした施設Bibliの1Fホールにて、観光プロモーションのほか、J:COMによる埼玉銘菓の詰め合せセットや埼玉63市町村名入りご当地Tシャツなどの販売も行います。もちろん条件を満たした方には先着で大宮アルディージャ特製ファイルをプレゼントします!ぜひお立ち寄りください。

【さいたま市観光プロモーションin Bibli(ビブリ)】
日時:令和4年2月26日(土) 10時〜17時
会場:Bibli 1F Bibliホール(さいたま市大宮区高鼻町2-1-1)
※Bibliは大宮駅東口から徒歩約10分。武蔵一宮氷川神社参道二の鳥居脇です。
※詳しくは、プレスリリース(こちら)をご覧ください。
※ご来場の際は、3密回避、マスクの着用、こまめな手洗いなど感染対策にご協力ください。新型コロナウイルス感染症の感染状況により、中止になる場合があります。

 

【浦和レッズレリーフ】新たに2基設置されます〜対象店舗ご利用で特製クリアファイルがもらえる!〜

毎年恒例!伊勢丹浦和店前に新たな浦和レッズレリーフが設置されます。今年は関根貴大選手の足型と、天皇杯優勝記念プレートです!2022シーズン浦和レッズのホームゲーム開幕戦に合わせて、令和4年2月23日(水・祝)に公開されます。

関根選手は浦和レッズユースからトップチームに昇格し活躍。海外移籍を経て2019年に浦和レッズに復帰しました。ゴールを奪いに行くドリブルにはワクワクしますね!今シーズンから背番号は14に変更となり、副キャプテンにも就任。今シーズンも活躍が期待されます!

昨年12月のあの劇的な天皇杯優勝は記憶に新しいですね。既に設置されているプレートの中には、これまでのJリーグ、天皇杯、チャンピオンズリーグなどの優勝記念もあります。ここに第101回天皇杯優勝という輝かしい記念プレードが追加されます!

 

さらに今回は、3年ぶりにクリアファイルが作製されます!
こちら↓は2019年に作製・配布されたクリアファイルです。これ一枚で設置レリーフの歴史が全て分かってしまうものでした!レリーフは今回の2基追加で69基にもなります!

※2019年作製クリアファイル

レリーフの設置を記念し、公開日の2月23日から、クリアファイル配布対象店舗で達成条件を満たした方(一定金額以上のお会計をされた方など)に、先着で特製クリアファイルがプレゼントされます。お会計の際に、「特製クリアファイルをください!!」と一言お声がけくださいね。

さらに、キャンペーン画像↓を提示するとお得な特典を付けてくれる店舗もあります。浦和レッズはもちろん、街中のお店も応援して貴重なプレゼントをゲットしましょう。

浦和レッズレリーフ キャンペーン画像

【令和3年度浦和レッズレリーフの設置について】
設置場所:JR浦和駅西口 伊勢丹浦和店前(さいたま市浦和区高砂)
公開期日:令和4年2月23日(水・祝)から
※詳しくは、さいたま市HP(こちら)をご覧ください。案内動画や関根選手の特別メッセージ、足型作製の裏側もご覧いただけます。

【浦和レッズレリーフ公開キャンペーン(クリアファイルのプレゼント)について】
実施期間:令和4年2月23日(水・祝)から令和4年3月8日(火)まで
配布方法:対象店舗で達成条件を満たした方に先着でプレゼント
※詳しくは、さいたま市HP(こちら)をご覧ください。配布対象店舗や特典についてご確認いただけます。

■お問合せ
主 催:さいたま市サッカーのまちづくり推進協議会
事務局:さいたま市スポーツ振興課
電 話: 048-829-1058

■レリーフの鑑賞及びキャンペーン対象店舗来店時には、密を避けるとともに、マスク着用や手指消毒など、新型コロナウイルス感染症の感染対策にご協力ください。また、発熱等の風邪症状がある場合には、来場・来店を見合わせてくださいますようお願いします。

 

当協会作製の街歩き動画「さいたま歩きが楽しくなる見るガイドブック」でも、浦和レッズレリーフを紹介しています。「中山道浦和宿コース」は、地元を知りつくした、さいたま市観光ボランティア・浦和ガイド会おすすめのコースで、浦和駅をスタートし、浦和宿の歴史を辿りながら、浦和らしいスポットを巡ります。
宿場町、うなぎのまち、文教都市、そしてサッカーのまちと多彩な魅力をもつ浦和のまちをたっぷり楽しめるコースです!ぜひ【さいたま歩き】を楽しんでみてください!

さいたまから世界へ!「日本代表GK川島永嗣さんと与野サッカー展」に行ってみた!@与野郷土資料館(8/29まで)

サッカー好きの少年少女よ!大人よ!
この夏は与野郷土資料館へ行こう!

与野郷土資料館とは?
昨年移転オープンしたばかりで、与野本町小学校に併設の施設。入り口は小学校とは別です。与野エリアに関する歴史的な資料が展示されていて、縄文時代〜近代にかけて与野がどのような発展をしてきたかがわかる資料館です。

タッチパネルで昔と今の写真が比較できたり、ボタンを再生すると流れる動画は与野の大カヤが話し手となって歴史概要を説明してくれるなど、展示を見る前の導入部分から随分と引き込まれます。その後、実際に展示を見るのですが、とてもわかりやすく見て回れました!

与野の歴史は深い!!!!

なんと、コロナ禍の今に嬉しい、展示のweb解説があります。自宅でも学べるなんて、ありがたいです(^ ^) 展示を見た後だと尚わかりやすい!この夏のお子さまの夏休みの宿題に、自由研究に、親子で与野郷土資料館で学ぶのも良さそうですね〜。

さて、そんな与野郷土資料館で開催中の「日本代表GK川島永嗣さんと与野サッカー展」に行ってきました!川島永嗣選手はさいたま市中央区(旧与野市)で生まれ育ち、埼玉県立浦和東高等学校をご卒業後、大宮アルディージャをはじめとする国内クラブにいくつか所属されたのち、海外に移籍。現在はフランスのストラスブールに所属される傍ら、日本代表選手としても活躍されている、言わずとも知れた「サッカー日本代表の守護神」ですよね!

展示では、川島選手が着用された日本代表のユニフォームや、歴代の海外クラブのユニフォーム、スパイク、グローブ、さらには先日の聖火リレーで使用されたばかりのトーチなどが展示されていました!
ファンにはたまらない貴重な展示ばかりで、胸が踊りました!!!

しかもご本人も最近来館されたようで、「中央区の皆さん!」と呼びかけるビデオメッセージのほか、サインと手形もありましたよ。
川島選手がいた空間に自分も立っていると思うと、また胸がドキドキ・・・!

また、与野で活躍する下落合サッカースポーツ少年団が1977年に全国大会で優勝した際の新聞記事やトロフィーなども同時に展示されています。決勝では延長、再延長の末ドローとなり、対戦相手の静岡のチームと優勝を分け合ったそうです。当時の新聞記事を見ると、どれだけ地元が熱狂したかが伝わってきます!
サッカーというと浦和が浮かびますが、与野も負けてないですね!

8/29まで開催中の「日本代表GK川島永嗣さんと与野サッカー展」、ぜひ常設展示と併せてご覧になってみてはいかがでしょうか?

与野郷土資料館へのアクセス、開館時間などについてはこちら
※入館無料
個人的な話ですが、川島選手がベルギーのスタンダール・リエージュ所属時代、現地まで練習風景を見に行ったことがあります。練習後にも関わらず、サインと写真撮影に応じていただき、とても紳士で優しく対応していただいたことを覚えています。

与野で生まれ育ち、今や世界で活躍されている川島選手。海外移籍前にはその国の言語を勉強、習得し、現地メディアのインタビューにも通訳を介さずご自身で答えるなど、常に学ぶ姿勢を大切にされていて、大変刺激を受けます!

私たちも常にさいたまの良さを学び、それを国内、そして世界へ発信できるようこれからも頑張ります!

さいたま市の背中(155)『行き付けの公園に鉄棒の設置をお願いしてみた結果』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

皆さん、運動はお好きですか?
コロナ禍でなかなか運動も縁遠くなったという方もいるでしょう。ぼくは初対面の人には「何かやってんの?」って聞かれるくらい自他共に求める健康体です。
実際には何か特定のスポーツをしたりジムに行ったりしているわけではなく、近所や旅先でマラソンやウォーキングをしたり、自宅で筋トレをしたり、など出費ゼロ円の運動を長年続けています。

そんなぼくのマラソンコースにさいたま市桜区に位置する「田島氷川公園」があります。
住宅街の中に神社に延びる参道がある、なかなか存在感のある神社です。



「氷川」の名前の通り、関東を代表する超有名神社である氷川神社と関連があると思われますが、今回のネタはその神社に隣接している公園の方。



よく言えば手付かずの、悪く言えばワイルドな公園です。でも公園内の池には亀がいたり、猫が住み着いていたり、自然豊かな公園です。子供の頃は夏祭りなんかも催されていた記憶があります。
大宮公園や与野公園のようなメジャー公園と違って、公的なホームページ等は無いみたいなので、場所が気になる人はググってみてね。ちなみに最寄り駅は埼京線の中浦和駅か、武蔵野線の西浦和駅になります。いずれの駅からも徒歩15分くらい。



そんな公園の一角にこんな遊具コーナーがありまして、ぼくのマラソンコースの途中でここで筋トレをするのがお決まりのパターンです。



特にぼくは懸垂が大好きでして、かといって自衛隊員のように何十回もやったり、新体操選手のようにグルグル回ったりできるわけではないのですが、懸垂って腕だけと思いきや上半身全体を鍛えてくれるので楽しいのですよ。
で、ここでそんなことを言っているということは、当然この公園に懸垂ができる鉄棒があったわけです。

ある時までは!



確かにここにあったのです!
しかしある時に跡形もなく無くなっていたのです。

盗まれたか?いや遊具泥棒なんて聞いたことないしなぁ。一時的なリニューアルか?そんなことも考えて数か月待ってみたけど、一向に設置される気配がない。どこ行った、鉄棒よ!



辺りを見渡すと、掲示板に「維持管理者」のステッカーが。ここに聞いてみれば良いのだな。しかし小心者のぼくは直接電話をして聞く勇気がありませんでした。ほら、ケータイ世代の新入社員が会社の代表電話の取り方を知らん!って時々話題になるじゃないですか。さすがにぼくはその世代ではないですが、それでも電話ってあまり好きじゃないのです。
そんな現代っ子のために、さいたま市のホームページにはメールでの問い合わせ窓口があるんですね。まぁどこの自治体にもあるとは思いますけども。ここで質問してやんよ!オレの鉄棒をどこにやったんよ!?



と、ネット世代っぽくイキがってはいますが、実際には大人として、社会人として丁寧に問い合わせをしましたので念のため。

市役所も医療だ福祉だなどとお忙しいのに、「鉄棒」というどうしようもない問い合わせをして黙殺されるだろうなぁと予想していました。

しかし!数日後に返信が来たのです!市から返信が!

================
平素は本市の高齢福祉行政に御理解御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
また、いつも本市のすこやか遊具をご利用いただきましてありがとうございます。
ホームページよりお問合せいただきましたことについて、御回答いたします。 
さいたま市に配置しているすこやか遊具については、毎年定期点検を行っております。田島氷川公園の鉄棒遊具(名称:鉄棒・上肢をのばす運動)は、平成27年度に行った点検の結果、“危険のため使用禁止”と判定されました。このため利用者の安全確保のためにやむを得ず、撤去することとしたものです。撤去した減少分については、今後、再整備する方向で検討したいと考えております。 
この度いただきました御意見につきましては、今後の事業推進の参考にさせていただきます。
================

結論!危険のため使用禁止!

まぁ・・・色々あるんでしょうね。高さも大人がぶら下がっても脚が地に着かないくらいありますし。思い返してみれば、懸垂ができる鉄棒はさいたま市内にあまり設置されていない気がします。
ちなみに今回は鉄棒についてだけ触れたけど、本来は更に2、3の遊具があり、それらも撤去されていたことを付け加えておきます。

地味に感動したのは、一市民の「鉄棒どうしたのよ!」というしょーもない問い合わせに市の担当部署が丁寧に回答をしてくれたこと
そして「鉄棒」という名詞を、「鉄棒・上肢をのばす運動」と訂正してくるあたりが市役所職員の仕事への誠意を感じさせますね。



そんなわけで、鉄棒が撤去された理由が明確になったわけです。なお市役所からの返信文に記載されている通り、この記事の一部始終は約6年前の出来事です。ブログにまとめるタイミングがなくお蔵入りになっていました。この記事の作成にあたり、久々にこの公園を訪れてみましたが、鉄棒は未だに設置されていませんでした。

あれから6年、ぼくは市内で引っ越しをして、新たなマラソンコースを開拓し、懸垂のできる遊具がある新たな公園も見付け、日々トレーニングに励んでいます。

みんなも運動をして健康になろうぜ!

おしまい。

【まつ直近記事3本】
(152)『3月11日の素晴らしきコンサート@埼玉会館』
(153)『渋谷区からさいたま市まで歩いて帰る(震災シュミュレーション)
(154)『埼玉県民のソウルフード、山田うどんでうどん以外を食す』