今年はトラ年!大宮盆栽のために盆彩畳を作った畳店「銀虎」さんをご紹介。

新年を迎えもう1ヶ月が経とうとしています。本年も「もぎたてさいたま情報ブログ」のご愛読よろしくお願いいたします。

今年はトラ年!ということで、さいたま市見沼区にある熊本八代産畳店の「銀虎(ぎんとら)」さんをご紹介します。

国産の熊本八代(やつしろ)産のい草を使用し、高品質な畳を提供するお店です。かっこいいのれんが目を引きます。熊本といえば、くまモン!

中へ入ると社長が作業されていたのですが、突然の訪問にもかかわらずお話を聞かせてくれました。社長のご祖父母が築地で仲卸業をされていて、屋号が「金虎」だっため、ご自身は「銀虎」とされたそうです。

畳表や畳縁も見せてくれました。こんなに明るくて綺麗な畳縁があるんですね!

本格的な和室に合うものはもちろんのこと、モダンな和室に合うもの、子供部屋に合う可愛いものなど、約1,000種類もの柄縁が取り揃えられています。

現在、0歳児を受け入れる多くの市内の保育園へ熊本八代産畳を納品されているそうです。まだハイハイする赤ちゃんにとって、高品質の畳は気持ちが良いでしょう!

また、小学校の課外授業として、小学生がお店を訪れて作業を見学され伝統産業を学ばれるそうです。壁には地元の大砂土東小学校の生徒さんから送られた手紙が飾られていました。

こんなところからも、お店のモットーである”地域に根ざしたお店”というのが伝わってきました。

そして「銀虎」さんでは、さいたま市の代表的な観光資源である大宮盆栽のために「盆彩畳」を作られました。これは大宮盆栽美術館の盆栽技師と畳職人のコラボレーションにより生み出された盆栽用敷板「盆彩畳」です。大宮盆栽美術館や、盆栽園の「清香園」で販売中です。さいたま推奨土産品でもあり、海外の方にも魅力的な商品ではないでしょうか。

さいたま推奨土産品 盆彩畳〜BONSAI TATAMI〜

最近は、お手頃で気軽に手入れを楽しめる小さめの盆栽は人気があります。

こちらは昨年の3月に浦和パルコで開催された盆栽フェアです。桜の盆栽もあって、浦和でも盆栽は大人気でした!

続いて昨年の10月に、まるまるひがしにほんで開催された盆栽イベントの様子です。小さな寄植えや実のつく盆栽に興味を持つ方がたくさんいらっしゃいました。

自分で育てた愛着のある盆栽を、盆彩畳に置いてみましょう。グレードアップ間違いなし!畳の香りといっしょに盆栽を楽しんでみてください。

株式会社 銀虎
さいたま市見沼区堀崎町520-4
電話:048-812-5773(日曜祝祭日を除く)
※オンラインZOOM相談も可
※ウェブサイトはこちら
※盆彩畳についてはこちら
アクセス:見沼区コミュニティバス(平日のみ運行)の見沼区役所バス停から武道館通りを北へ400mほど。大宮堀崎郵便局が見えてきたら左手です。

さいたま市見沼区役所

こんなところに!?見つけてみよう!さいたま市内のデザインアート・オブジェ【第1弾】

普段歩いている道、よく訪れる場所で、今まで気づかなかったものをふと見つけて嬉しくなることはありませんか?今回はさいたま市内で見つけた可愛いデザインや気になるオブジェをご紹介します!

① まずは、市民の森・見沼グリーンセンター(さいたま市北区)入口で見つけた門塀のりすのデザイン。ひとつひとつ仕草が違うので可愛いです!市民の森にはりすが放し飼いにされている人気のスポット「りすの家」がありますね。

 大宮公園には子どもに人気の小動物園があります。入口横の外灯の上に、親子の熊のオブジェを見つけました。入口看板の動物達とは違って、リアル・・・。

 大宮第三公園(さいたま市大宮区)の光の門と名付けられている公園入口には虫のオブジェがあります。頭上のカブトムシとトンボに気をとられていると見逃しがちですが、足元には蝶のデザインも!見沼の自然に生息する虫を表現し、ここに設置・デザインされたようです。

 見沼ではたくさんの野鳥にも出会えます。大崎公園(さいたま市緑区)手前の見沼代用水東縁の橋(天神橋)には、カワセミ?のオブジェが付いていました。さいたま市内の公園や川沿いでは珍しい野鳥を撮影しようとカメラを構える人を見かけますが、自然豊かなさいたま市をそんなところからも感じられます。

 また、見沼には竜神伝説が残っています。首都高速さいたま見沼出入口(さいたま市緑区)近くで何か視線を感じました・・・。芝川にかかる大きな橋(新大道橋)に、見沼田んぼとさいたま新都心を眺望する竜が!

さて、ここまででお気づきでしょうか?第1弾のテーマとして、動物や生き物のデザイン・オブジェを紹介してきました。

 岩槻駅前(さいたま市岩槻区)でも見つけましたよ!

金太郎の熊・・・。

さすが人形のまち岩槻で、岩槻駅前ではたくさんの人形のデザインを見つけました!

 最後はサッカーのまち浦和へ。プロフィールでは”架空の動物”とされている浦和レッズのキャラクター、レディア。この伊勢丹 浦和店前のレディア像はサイズが小さくて可愛いんです。天皇杯で優勝して誇らしげ!?

第1弾はここまで。第2弾ではまた違ったテーマでご紹介していきます!

▼ご紹介したスポットはこちら▼

※ 動画「さいたま歩きが楽しくなる見るガイドブック」は、これまで約40本公開して来ました。最新のコース紹介では、さいたま新都心周辺に点在するパブリックアートをめぐっています。ぜひこちらもご覧いただき【さいたま歩き】を楽しんで、新しい発見をしてください!

鉄博×高校生 2021年秋の企画展「山手線展〜やまのてせんが丸くなるまで〜」が鉄道博物館で開催中です!(2022年1月31日まで)

首都圏を代表する路線として、誰もが知っている山手線。日々たくさんの人々を乗せて、都内の主要駅をぐるりとつないでいます。最近では、渋谷駅の工事に伴う運休がニュースになりましたよね!みなさんも色々な思い出があるのではないでしょうか?

そんな山手線の歴史や雑学を知ることができる企画展が、いつも大人気の鉄道博物館で開催されています。

展示室では、誕生から今に至るまでの山手線の歩みが丁寧に説明されています。まだ山手線ができる前、どこに線路を引くか測量した時の図(今まであまり公開されていないらしい)や、2020年から運行が開始されたE235系のカッコイイ模型など、見逃せないものばかりです!

比較的新しい車両が導入されるという山手線では、世代によって馴染み深い車両もそれぞれ。ご家族で訪れても楽しいですね。

また、つい誰かに話したくなってしまう山手線トリビアのコーナーもありますよ!

「やまのてせん」か「やまてせん」か山手線の読みはどちらだと思いますか? 気になるかたはぜひ鉄博へ!

そして、みどころのひとつは、なんと言っても、若者のアイデアと努力がたくさんつまった企画の数々です。今回の企画展には、埼玉県立新座総合技術高校の生徒さんたちが参画!

映像による展示や、2期に分かれて行われるスマホ参加型のイベント、ロゴや高校生向けパンフレット、レストランやカフェで提供される山手線展限定メニューなど、高校生考案の企画に注目です!

▲高校生が考案・制作した山手線デジタルスタンプラリーの成果物 (スタンプラリーのイベントは11月29日(月)まで開催中!)

▲高校生が考案した山手線展限定メニュー「抹茶づくしの山手パフェ」(トレインレストラン日本食堂にて会期中限定販売)

鉄博と高校生のコラボから生まれた今までにない企画展、隅から隅まで楽しみたいですね!

「山手線展〜やまのてせんが丸くなるまで〜」は2022年1月31日まで開催。

詳細は鉄道博物館の公式ホームページにてご確認ください。

 

 

 

【さいたま市内紅葉スポット6選】お出かけ前にチェックして倍楽しもう!

朝晩ぐっと冷え込むようになり、さいたまも秋が深まってきました。

例年11月中旬頃から見頃を迎えるさいたま市内の紅葉。

気づいたら見頃を過ぎてた!?なんてことがないように、スポットを事前にチェックしておくのがオススメです!

画像は過去のものです。

氷川参道武蔵一宮氷川神社

さいたまに来たらココは外せない!

さいたま新都心駅近くの旧中山道から武蔵一宮氷川神社へ続く2kmの参道は、秋の紅葉散策にぴったり!

神社境内の紅葉もきれいですよ~。

 

大宮公園

武蔵一宮氷川神社でお参りした後は、大宮公園まで足をのばしてみましょう!

見頃になると白鳥池の木々が綺麗なグラデーションを見せてくれます。

公園入り口の紅葉もオススメです。

 

別所沼公園

浦和のオアシス!

色づいたメタセコイアが沼に反射して、これぞTHEフォトジェニック!

ジョギングで汗を流しながら紅葉を楽しめます。

 

与野公園

秋に咲くバラもとてもきれいな与野公園は、紅葉も見逃せません!

イチョウの葉が落ちて、黄色の絨毯になっているのが素敵です。

 

岩槻文化公園

(住所:さいたま市岩槻区大字村国229番地 )
(TEL:048-798-8411)

トラック沿いの紅葉も素敵ですが、テニスコートそばのイチョウもきれいに色づきます。
ベンチに座って、ゆっくり読書を楽しむのも良さそうです◎

 

▼ご紹介したスポット6選はこちら▼

 

秋の紅葉散策とともに、動画「さいたま歩きが楽しくなる見るガイドブック」を見ればより散策が楽しくなるかも?

今回ピックアップしたスポットが登場する回もありますよ~。

▶︎氷川参道・武蔵一宮氷川神社・大宮公園 登場

▶︎別所沼公園 登場回

 

週末は人出が増えているようです。

感染対策を行った上で散策を楽しみましょう。

木を切る、木を割る、釘を打つ!「木の博物館 木力館」で子どもが楽しめる体験教室が開催されます。

さいたま市岩槻区の木力館(きりょくかん)で、木と触れ合う体験教室が開催されます。

内容は3種類で、のこぎり体験、釘打ち体験、まき割り体験の3種類です。

体験教室では埼玉県産の木材が使用されます。所用時間はおよそ1時間程度で、館長はじめスタッフさんがサポートに付いてくれますので、ご家族で安心して体験できます!

体験教室はこの10月より毎月第1、第2、第3日曜日に開催。新型コロナウイルス対策の為、毎回10名様限定(保護者の方含む)となりますので、事前のご予約が必要となります。予約は先着順です。空きがあれば当日の予約も可能です。

<木力館さんからのメッセージ>

「森がなければきれいな空気もおいしい水もありません。きれいな空気と美味しい水は森のおかげと言ってもいいでしょう。この体験教室を通じて、森の大切さ、森のありがたさをもっと知って頂ければ幸いです。」

■イベント詳細

  • 場 所:木の博物館 木力館(さいたま市岩槻区新方須賀558-2 (株)大忠敷地内)
  • 日 時:毎月第1、第2、第3日曜日 午後1時30分受付 2時開始
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 申込み/問合せ:TEL 048-799-1560 または、お問合せフォーム(イベントお申し込み)から
  • 詳 細:木力館公式サイト

木力館は天然材木を使って建てられた木の博物館です。木の香り、温もりを感じることのできる癒しのスポットでもあります。館内中央にそびえる螺旋階段は必見です。

例年、本格木造の建築物で行われる演奏会や夏祭りは地域の皆さんに大人気のイベントでした。新型コロナウイルスの影響でこれらイベントも中止になっていましたが、新しい催しとして今回の体験教室が行われることになりましたので、皆さんぜひご参加ください!