さいたま市の背中(142)『新しい生活様式での映画鑑賞inさいたま市』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

突然ですがぼくの趣味の一つに「映画鑑賞」があります。

ホームグラウンドはもちろんさいたま市。
近所には浦和とさいたま新都心の2か所の映画館があります。
自転車で行ける距離に映画館があるって素敵やん?
その他にも日進浦和美園にも映画館はあります。
映画館のある街、さいたま市です。

新型コロナウィルス感染拡大に際しての緊急事態宣言下においては、映画館が全て営業自粛しただけでなく、多くの新作の上映が延期になったことは非常に残念でした。
そりゃ自宅でもオンラインで映画を観ることができるけど、映像や音声の迫力が絶対的に異なります。

6月に緊急事態宣言が解除され、映画館も段階的に営業を再開することができるようになりました。
人によっては考え方は色々あるだろうけど、ぼくは真っ先に映画館に行きました。
そんな「新しい生活様式」の中での「さいたま市」の映画館はどうだったか。
その様子をお伝えしたいと思います。

その前に、「新しい生活様式」において映画館はどのように位置付けられているか。
ネットで調べてみると消費者庁のホームページに詳細が掲載されていました。

映画館は上映中に会話はしないし、観客はみんな同じ方向を向いているわけだから、感染のリスクは高くはないとは個人的には思いましたが、それでもやはりこれだけの対策は必要とのことです。

では実際はどうだったのか。
非常事態宣言が解除された中で、さいたま市内の2か所の映画館に足を運びました。

1か所目:ユナイテッドシネマ浦和
ここはぼくのホーム映画館です。
過去にここで何度の感動体験をしたことか。

行ってきたのは平日の夕方の浦和駅。
駅前の浦和パルコの中にユナイテッドシネマ浦和があります。

これはどのメディアでも言われていることですが、街は「普通に混雑しています」。
パルコ館内も控えめに言って通常の7-8割といった印象でした。
地下1階にある埼玉県が関東一円に誇るスーパーのヤオコーに至っては、長蛇の列ができていました。

それなら映画館もそれなりに混雑しているのかな。
普段なら混在は嫌ですが、映画ファンとしては是非以前のような客足に戻っていて欲しいという期待もあり、複雑な想いを抱きながらエレベーターで6階に上がりました。


結果、物凄くガラガラでした。
平日とはいえ、ここまでガラガラなのは見たことがありません。
駅前もスーパーも通勤電車も某家具屋もも某ホームセンターも大混雑なのに。
映画館は世間から不要不急とされているのか。
仕方がないとはいえ軽いショックを受けました。

券売機もソーシャルディスタンス。

通常は入場開始と同時に多くのお客が入り、既に座席には誰かしら座っている、ということが多いのですが、この日はぼくが一番乗りでした。
座席にはソーシャルディスタンスを保つために「着席禁止」の張り紙が1席毎に貼られていました。
これだけ入場規制をしているなら相対的に席は埋まるのかなと思いましたが、結果としては上映開始までに来たお客さんは5-6人くらいでした。
いかに映画館が世間から不要不急とされているのかを実感しました。
そしてこの状態が長続きしたら経営は成り立たないんじゃないか、と本気で心配してしまいました。

この日観た作品はリュック・ベッソン監督の新作『アナ』。
リュック・ベッソンらしい迫力は勿論、主人公の女優がアニメから飛び出して来たの?ってくらい美形だったのが印象深かったです。
とても面白かった、おススメ。

なおコロナ禍においてのユナイテッドシネマの取り組みはこちらをご覧ください。

2か所目:MOVIXさいたま
同じ週にもう一か所の映画館に行きました。
さいたま新都心にあるMOVIXさいたま

混雑率は口にするまでも無かろう。
ここまで空いている状態は初めて見ました。

MOVIXの席間隔は1席毎だったユナイテッドシネマより厳重で3席毎。
何だか別世界のようでした。

ここで観た作品は新海誠監督の『天気の子』。
この作品は封切りをして随分経ちますが、この作品だけでなく新作上映が無い今の状況下においては、過去の作品が多く上映されています。

『天気の子』を観るのは3回目。
梅雨時だし劇中の情景に合うかなと思ったのと、ストーリー全体を支配する切なさ、過去の青春と重なる部分もあり、非常に気に入った作品です。
まぁぼくが言うまでもなく名作に位置付けられていると思いますが。
お客の入りは先日の浦和と同じくらいで6-7名くらい。
これだけの席間隔が空いていると、グループで、カップルで、友人で、というのはなかなか難しいのかもしれませんね。

なおコロナ禍においてのMOVIXの取り組みはこちらをご覧ください。

そんなわけで「新しい生活様式」の中でさいたま市の映画館に行ってきた報告でした。
新作も出せず、映画館に足も運べない中、映画界は非常に厳しいと実感しました。
これがいつまで続くか分からないけど、多くの業界、そしてそこで働く人たちを称え、そして自分もできる限りの支援をして行きたい、と改めて思いました。

皆お互い支え合って乗り越えて行こうぜ!

おしまい。

(参考リンク)
ユナイテッドシネマ浦和
MOVIXさいたま

【まつ直近記事3本】
(139)『リニューアルした考楽!』
(140)『さくら草まつり中止を受けて日本酒を飲む』
(141)『テイクアウトしてみたぞおぉぉっ(もつ焼 大阪屋)』






与野の一山神社で「ゆずまつり」が開催されます。

毎年冬至の日、与野の一山(いっさん)神社で「冬至祭」が開催され、その年の穢れを祓い、翌年の無病息災と家内安全を願う「火渡り」が行われます。火焚(ひたき)神事の後、参列者は順番に素足で燠火(おきび)の上を渡ります。

毎年たくさんの地域の方が参加し、子どもが覚悟を決めて渡るかわいらしい姿も見られます。

この冬至祭は、お供えした柚子を火へ投げ入れることから「ゆずまつり」とも呼ばれ、火渡りをした参列者に柚子が配られます。帰ったらゆず湯に入って暖まり、風邪をひかずに元気に新年を迎えましょう。

お守りなどの案内ポップが手書きでかわいい一山神社です!

■日時:令和元年12月22日(日)14時〜16時(予定)※雨天決行

・14時/式典(拝殿)

・14時30分頃/火焚神事

・15時頃/火渡り

■場所:一山神社(JR埼京線与野本町駅西口下車、徒歩約15分)

また、一山神社は与野七福神のひとつ(恵比寿神)で、1月1日〜3日の期間中に七福神めぐりを行うと御朱印をいただくことができます(押印受付時間:午前9時〜午後4時)。毎年1月3日には与野本町通り周辺で与野七福神仮装パレードが行われ、七福神に扮した市民が各寺社をまわり賑わいます。

■与野七福神めぐり・与野七福神仮装パレードについてはこちら

さいたま市の背中(131)『GWに気持ちだけ北海道に行ってきた』


*画像は心の中のイメージです。

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

先日、前代未聞の10連休のゴールデンウィークが終わりました。
みんなが10連休だったわけではないと思いますが、ぼくの勤務先は10日間しっかり休みでした。
皆さんの多くは海へ、山へ、海外へ、イベントへと、色んな所に行ったのではないでしょうか。

が、しかしっ!
ぼくはさいたま市から一歩も出ませんでしたっ!
まぁ家で色々やることもあったし、混雑しているところも嫌だし。
でもテレビを付ければ改元ネタかGWの行楽ネタばかり。
さすがのぼくも「癪だわ!」と思いましたね。

しかし連休中盤で、渋滞・混雑で遠出などできない。
でも気持ちだけは遠出したい!

気が付いたらぼくは自転車を走らせていました。
約10分走って辿りついたのは、さいたま新都心にある商業施設、コクーン
さすがはGW、連日イベントが開催されていて、コクーンは大賑わいでした。
そんなイベントにも目もくれずにぼくが向かった先はここだ!

北海道どらんこプラザ

そう、北海道のアンテナショップです。
アンテナショップといえば東京にあるイメージですが、さいたま市内には北海道のアンテナショップがあるのです!
なぜか!?と言われても知りませんけど!

よくデパートとかで北海道物産展ってやってますよね。
このブログでも過去にさいたま市内で開催された物産展を取り上げたことがありました。
さいたま市の背中(109)『伊勢丹浦和店の大北海道展に行ってきたよ!』

大抵こういう物産展では、人気商品は超長蛇の列ができます。
でもわざわざ並ばなくてもここでならいつでも変える。
これ、意外と知られていない事実。

そんなわけで、北海道の食料品を買い込み、家でまったりと北海道気分を味わおうじゃないか!というのが今回の趣旨。

物産展で行列必至の六花亭のバターサンドやチョコもここでならアッサリ買える!
*注意:在庫状況等あるので毎回ではないとは思います。

かわいいデザインの限定ワインもさいたま市で買えちゃう!


北海道限定のサッポロクラシックもホワイトサンダーもさいたま市の前では限定ではない!


その他にもお菓子も沢山の種類があるよ!

北海道各地のカレー!

焼酎も!

ジンギスカンも!

ドリンクも!

袋ラーメンも!

北海道に行かずして味わうことができるのです!

さてそんなぼくが購入して帰ったのが以下の商品たち。

左上から時計回りに、
・激ウマ乳酸菌飲料「カツゲン」
・小樽の地ビール「小樽ビール」
・老舗菓子メーカー千秋庵の「水羊羹」
・道南の郷土料理「いかめし」
・ソウルフードメーカー、ベル食品の「カレー」

この日の食卓はオール北海道。
長距離渋滞も移動疲れも混雑も交通費も不要な世界。
こういう休日の楽しみ方もあっていいんじゃないの。
まぁそうはいっても、旅先の空気も本当は必要なスパイスなんだけどね。

どこかに行きたいけど、時間もお金もない。
そんな時にサクッと非日常を楽しむには良いと思います。

そして、どさんこプラザの目の前には、別のアンテナショップが。

沖縄県!

なんと日本の最北端と最南端のアンテナショップが通路を挟んで隣同士にあります。
飛行機で何時間もかかる距離にある両者が、さいたま市でなら徒歩3秒!
さいたま市は日本の北と南を結びつける街なのでもありました!

そんなさいたま市のアンテナショップでみんなも旅気分を味わおうぜ!

おしまい。


カレーの肉がでかかった!

(参考リンク)
どさんこプラザ
コクーンシティ
沖縄宝島さいたま新都心店

【まつ直近記事3本】
(128)「さいたま市のネットカフェでリモートワークしてみた」
(129)「さいたま市民がさいたま市内のビジホに泊まってみた話」
(130)「Books &Café TOKIWA@北浦和」

「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」ロビーでプロジェクションマッピング投影中!

さいたま新都心駅のデッキから直結、今年6月13日にオープンしてから1年が経った「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」。

5Fにあるロビーフロアの壁面いっぱいに8K映像のプロジェクションマッピングが公開されています。

 

チェックイン開始の15時から、時間ごとに切り替わる3つの作品が上映されています。
ホテルに宿泊しなくても、ロビーフロア内のカフェ「クロスヤード」をご利用でも店内から映像を見られます。

夏季限定の映像としては、「デジタルアクアリウム REDGOLD 金魚蒔絵」を投影。夜はプラネタリウムで星空が空間に広がります。

デジタルアクアリウム」について

「赤〈金魚〉と金〈蒔絵〉が織りなす日本の夏」 古来より伝わる伝統工芸「蒔絵」。そして日本の夏の風物詩「金魚」。2つのテーマが最新技術であるプロジェクションマッピングと融合する事で、完成したのが、和モダン・デジタルアクアリウム 「REDGOLD~金魚蒔絵~」です。日本独自の美意識で表現された蒔絵の世界を、優雅に泳ぐ金魚の姿は、幻想的な世界を創り出します。 ロビー壁面全てを使って表現される、巨大絵巻で、ゆったりと流れる時間と、今まで見た事のなかった新しい「水景」を体感していただけます。

  • タイムスケジュール(夏季)
    • 15:00~ コラテラルデザイン
    • 18:00~ デジタルアクアリウム
    • 19:00~ 四季
    • 20:00~ デジタルアクアリウム
    • 21:00~ プラネタリウム

※タイムスケジュールは予告なく変更となる場合がございます。

 

カフェ「クロスヤード」では、埼玉県産の狭山茶「さやまみどり」を100%使用したオリジナル「和紅茶」もお楽しみいただけます。

オリジナル「和紅茶」提供開始 ~埼玉県産狭山茶「さやまみどり」100%
埼玉県内で品種茶を専門に取り扱う心向樹(代表 川口史樹)と共同開発したオリジナル和紅茶を、開業月に先立ちカフェメニューとして販売、コース料理の食後にも提供いたします。
和紅茶は明治時代に誕生し、その後輸出も盛んに行われていましたが、次第に海外産の安価な製品の台頭によりほとんど生産が途絶えてしまいました。しかし、昨今の時代の変化やニーズの多様化する中で、和紅茶への注目が日増しに高まりつつあります。
当ホテルの和紅茶は、茶葉に埼玉県産狭山茶の品種「さやまみどり」を使用しました。まろやかでやさしい味わいなので、ストレートでもご高齢の方からお子様まで幅広い世代に美味しくいただける紅茶に仕上がりました。

名称:和紅茶
原材料:埼玉県産狭山茶さやまみどり(100%)
提供店舗:カフェ クロスヤード
提供時期:2018年5月19日(土)より
提供時間:10:00a.m.~閉店時間まで
提供方法:単品でのご提供 ※コース料理の食後にも提供
料金(単品):730円(税込)※おかわり可 ※別途サービス料(10%)頂戴します。

ぜひ、この機会にお出かけください。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

さいたま市の背中(121)『在住35年、初めて与野夏祭りに行ってきた』


どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

皆さんご存知と思いますが、さいたま市は平成13年に浦和・与野・大宮の三市が合併して誕生しました。
(その後、平成17年に岩槻市が合併)

当然、それぞれの市にそれぞれの歴史や文化があり、それが合併後も絶えることなく引き継がれています。

それは夏祭りも同様。

ぼくは旧浦和市で生まれ、現在は旧与野市に住んでいます。
旧与野市といえば、北は商業都市の旧大宮市、南は県庁所在地の旧浦和市に挟まれ、
しかも面積は小さいし、何だか両市に挟まれているかのような印象でした。
認知度も決して高いとは言えず、「どこに住んでいるの?」というオトナの基本トークで
この人絶対知らないなって人には「浦和です」って答えてしまうのは秘密です。

そんなさいたま市ですが、それぞれの旧市で大きな祭りがあります。
与野に越してきた身としては、ぜひ一度与野の夏祭りに行っておきたい。
そんなわけで7月14日・15日に開催された与野夏祭りに行ってきたよ!

浦和祭りと大宮祭りはやっぱり別格です。
やれ音楽パレードだの、やれ阿波踊りだの、イベントが盛り沢山。

それに比べ与野夏祭りは、神輿!屋台!以上!と非常に正しき王道な夏祭りでした。


上峰という地区の神輿。
独身時代、最後に住んでいた町なので感慨深い。

夜だから涼しいかなと思っていたけど、これだけの人がいるとやはり暑い、汗ダラダラ。
大宮や浦和のような観光要素もある祭りとは異なり、与野は地元の祭りという感じで、
近所からやってきたような人達、家族連れ、中高生が多い印象でした。
混んでいるとはいえ、なかなか安心して楽しめる雰囲気です。

晩飯代わりでの訪問でもあったので、屋台巡りをしました。
*ちなみにその前に弁当を食べています。詳細後述。

まずケバブ。
店もオジサンも熱かった。

おびただしい量の焼き鳥。
地元のスーパー、与野フードの出店ということもあり、1本150円とお得プライスでした。

大宮と浦和に挟まれ、ある意味中立的立場なのに、
大宮アルディージャではなく浦和レッズを応援してしまう与野フード。

屋台の裏は結構フリー

初めて見た、鮎の塩焼き。
夏祭りと鮎、合うのだろか?
物珍しさはある。

祭りは本町通りという道を通行止めにして行われます。
普段自転車や車で通る道を歩くと、また違って視点で町が見れます。

クリンツ。
35年間住んでいて、何度も通っているのに初めて見ました。


祭り会場の南端の三叉路に挟まれて鎮座していた庚申社。

境内に座って遠くの祭りを眺めていたご老人に、輪のくぐり方を教えてもらいました。
その通りグルグル回って願い事をしたら、ご老人は再び定位置へ。
きっと神か仏だったのかも知れません。

暑い夏はこれから。
さいたま市はまだまだ夏のイベントがあるよ。
みんなも行ってみようぜ!

おしまい。


帰りの足で、先日オープンして記事にも取り上げたスタバ南与野店へ。
休日の閉店間際なのに客が途切れず混んでおりました!

追伸:STIBのご担当者様、お疲れ様です。
   来賓席でお弁当を頂きありがとうございましたm(_ _)m
   またどこかの会場でお会いした際には押しかけます。

【まつ直近記事3本】
(118)『(クイック更新)けやき広場ビール祭りに行こう!』
(119)『スマホを失くしました(さいたま市で)』
(120)『日本で一番新しいスタバ!さいたま南与野店!』