さいたま市の背中(144)『カステラの文明堂:工場が浦和にあった衝撃』

カステラは一番・・・
電話は二番・・・
三時のおやつは・・・

文明堂!

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

カステラのメーカーで知られる文明堂。
もう一つ文明堂で有名なのは、上記の可愛いぬいぐるみがコミカルに踊るCMではないでしょうか。
最近はテレビで観る機会がなくなりましたが、ぼくが少年だった90年代はしょっちゅうテレビで放送されていた記憶があります。
しかし!今回ブログ記事を作成するにあたり調べたのですが、このCMが放送されていたのは関東のみとのこと(ウィキペディアより)


全国区だと思っていたから取り上げたのに地方CMだったとは・・全国民に通じないではないか。なんてこったい!
関西では知らない人のいない関西電気保安協会のCMが関東人には知られていないようなものか。
まぁ関東には文明堂のそういうCMがあった、という認識でよろしくお願いします。

ついでに調べて行くうちに知ったもう一つの衝撃が、長年ずっとネコだと思っていた冒頭のマスコットが、実はクマだったという事実。。



うーん・・・クマ?
はい、関東ローカルネタはこれにて終了。

カステラといえば長崎銘菓。
ではなぜさいたま市のブログで取り上げるのか。
話は仕事帰りに東京都の上野駅にある土産物屋に立ち寄った時に飛びます。

コロナ禍でお客は少な目でした。


上野といえばパンダやね。



文明堂コーナーが堂々鎮座。


あら可愛い



一個くらい自分用のお土産に買ってみるかな。
東京で長崎銘菓を買うなんて面白いねぇ。
そんなことを考えながら商品を手に取ると・・・


工場がさいたま市だったあぁぁァァァ!!
え?え?長崎銘菓がさいたま市で製造しているってどういうこと?
さいたま市で作られたものを東京で買うもんかい!
ぼくは商品をそっと棚に戻したのであった。

帰宅して調べてみると、工場に併設している売店があるとのこと。
その名は「さいたまおあぞら工房」。
他が「〇〇売店」としている中、明らかにランクが違うネーミング。


カステラの工場・売店ってどんなんかしら。
自転車を飛ばして行ってみたよ!


文明堂さいたまあおぞら工房、でけぇぇ!かっこえぇぇ!
約半世紀の歴史があるとのことですが、昨年7月にリニュアルオープンしたしたとのこと。そりゃ綺麗だわ!


駐車場もでけぇぇ!


なお裏は「あおぞら工房」の名前の通り広大な青空の広がる田園地帯。
これでも首都圏に含まれる埼玉県の県庁所在地ですぜ。


文明堂仕様の自動販売機。
ブランディングは完璧だ!
しかも驚くべきことに缶類は全て100円でした!
なんて良心的なの!?


お洒落な空間もあるよ!


そして入口にはマスクをしているネコ、いやクマ。
なお真夏のコロナ禍だったこの日は気温35度くらいありました。


店内はカステラだけじゃなく多種多様な商品が。
文明堂ってカステラだけじゃなかったんですねぇ!
初めて知りました。

なお時間帯によっては製造工程が見れるエリアもあるようです。


どら焼き!


せんべい!


かりんとう!


アイスキャンデー!


チーズケーキ!

それ以外にもフィナンシェやプリンなんかもあったよ。
詳しい商品説明はホームページをチェックしてね!

そして工場といえばアウトレット品、限定品ですよね。
ここにも期待を裏切らずそういったものが販売されていました!





そしてぼくが自宅用に買ったのはここで実際に製造しているこちら。

釜出しカステラ!
ネーミングからして美味そうじゃん?
写真撮る前に全部食べちゃったくらいだから笑

というわけで地元民のぼくさえ存在を知らなかった文明堂さいたまあおぞら工房についてお伝えしました。
せめてここで作られた商品をさいたま推奨土産品とかにしてくれていたら気付いたのかも知れないけど、そうしなかったのは文明堂の本社がさいたま市じゃないからかな。
似たようにメジャー食品メーカーがさいたま市に工場を置いている例としてはロッテ浦和工場がありますが、「コアラのマーチ」がさいたま推奨土産品になるのも無理があるからなぁ。それと同じ理屈なんでしょう。

最後にこのブログ記事を作成するにあたり、文明堂の歴史について少し調べてみました(にわか仕込みの知識なので間違っていたらごめんね!)
まずぼく自身は文明堂が長崎に本社がある会社で、全国にある各店舗・工場はその直系かと思っていましたが、それはある意味では不正解でした。
正確には歴史的に源流は長崎ですが、現在では文明堂の名を冠した別会社や暖簾分けをした会社が全国各地にあり、今回紹介をした浦和工場は株式会社文明堂東京が営業している拠点とのことです。カステラを取り扱っているという点では共通していますが、その他は各社でラインナップは異なるようです。
そういう意味では文明堂東京は東京の会社なので、長崎土産というよりは東京土産とも言えるから、冒頭で上野駅で土産物として売られていたのも理にかなっていたのかな?




そんな文明堂さいたまおあぞら工場にみんなも行ってみようぜ!

おしまい。

(参考リンク)
株式会社文明堂東京
文明堂総本店

【まつ直近記事3本】
(141)『テイクアウトしてみたぞおぉぉっ(もつ焼 大阪屋)』
(142)『新しい生活様式での映画鑑賞inさいたま市!』
(143)『どうせ縁がないと思っていたビアガーデンに営業時間外に行ってみたら希望の光が見えた@伊勢丹浦和店』

さいたま市の背中(143)『どうせ縁がないと思っていたビアガーデンに営業時間外に行ってみたら希望の光が見えた@伊勢丹浦和店』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

明るい話題ありますか!?
と、叫んでしまいたくなるような毎日ですね。

濃淡はあれど多くの方が生活様式の変更を余儀なくされていると思います。
そんなぼくのここ数カ月の家計を分析をしてみると顕著に減ったのが「交際費」。
ザックリ言うと「飲み会」「食事会」の機会と出費が減りました。
飲食店関係者は大変だと思うけど、行き付けの飲み屋についてはまた楽しく飲める日が来ることを願い、デリバリーを利用したり空いている時間帯に利用したりと可能な限り支援をしたいと思う日々です。

とはいえ緊急事態が緩和されて以来、少しずつでも社会・経済は動き始めています。
飲食店も例外ではなく、街を歩いているとデパートの看板などに「ビアガーデン」の文字を見付けたりします。

そんな前置きで始まりましたが、今回の記事は伊勢丹浦和店のビアガーデンについて。
予めお断りしておくと利用はしていません。
だって一緒に行く人がいないんだもの。
いたところで一緒に行こうぜ!と声も掛け難いご時世。
ぼくは妄想で楽しんでおくんで、行ける人は行ってみようぜ!

ぼくのブログ記事ではすっかりお馴染み、伊勢丹浦和店の屋上。
タワーマンションが何本も建ち、数千、もしかしたら万の単位で人口が増えた浦和駅周辺でも開放的な雰囲気の味わえる穴場スポットです。
10年ほど前まではどこのデパートにもあった屋上遊園地がここにもありましたが、時代の流れと共にいつしか無くなってしまいました。

そんな伊勢丹浦和店の屋上ですが、毎夏ビアガーデンがオープンします。
入り口からの眺めはこんな感じ。
営業は夕方からなので、昼間は誰もおらず閑散としています。
ここで伊勢丹浦和店のビアガーデンあらため「浦和ビアーテラス」の概要を見て行きましょう。

ビアガーデンといったら食べ飲み放題ですね(行ったことないけど)。
一瞬「高いな!」と思ったけど、「時間無制限」て凄くね?
まぁそんな長時間も飲み食いできないというのは若かりし頃に身をもって経験しているけど、それでも凄いな!って思いました。
でもバーベキューはともかく、ビールは2-3杯しか飲めないぼくが果たして元を取れるかは大いに疑問です。
そもそも「元を取る」って考えが幼いのかも知れないけど。

なお違う場所にはより詳細が書かれたデザイン違いの看板がありました。
より詳しい内容WEBを参照してくれたまえ!ということでリンク先はぐるなびに飛びます。

もう凄いね、ビールの種類とかメニューの豊富さとか。
こりゃお祭りじゃい!

お祭りといえば、浦和まつりも花火大会も今年は中止です。
参考:【開催中止】2020年夏のイベントについて

そんな悲しき今年の夏のさいたま市だけど、オレたちにはまだビアガーデンがあるではないか!
コロナ対策はばっちりですぜ。
フェイスシールドをしてのビアガーデンなんてなかなかレアなのでは!?
アルコールも鎮座しております。

王道の生ビールはキリンとアサヒが揃っているそう。
競合メーカーが並んでいるのは大人の事情があるのか、どうかは知りません。
ビアガーデンでは普通なのかな。
個人的に物凄く気になるのはハートランドの生が飲めること。
ハートランドはキリンが製造しているプレミアムビールで、ぼくが一番好きなビールです。
何が良いって、ホップの香りとコクと喉ごしのバランスの良さ。
一時期ブログ記事のネタが尽きて「ハートランドが飲みたいなぁ!」という迷走記事も書いたことがあるくらい。
最近は瓶で置いているスーパーも増えたけど、生で飲める店ってなかなか無いからこれは超高評価。

でも高評価って言っても、そんなに飲めない、一緒に行く人もない自分は縁がないのよね・・・。
とWEBを眺めていたら、なんと目を疑う情報がっ!


チケット制で単品注文が可能だぁぁぁ!

WEBを熟読してみるとアラカルト利用の説明もありました。
ぼく同様に諦めていたけど希望が見えてきた皆さん、ぼくと一緒に学習してみましょう。
まずはチケットを購入するようです。
料金は11枚綴りで3,001円。
端数の1円を丸めなかったのは気合なのか努力なのか。

で、各メニューに定められている枚数で商品を購入するって流れ。
シンプルですね。
気になる引き換え枚数一覧がこれだぁ!

ビールの話を出した時からぼくの頭にはビールしかないんですけど。
そのビールはチケット1枚!
シールで貼られているように、価格にして301円。
ビール1杯301円ってヤバすぎー。
お祭りの会場とかだと、下手すると500円とかしますからね。

よく見てみると他に看板にも記述がありました。
一人飲み大歓迎!と(←拡大解釈)

酒も弱い、一緒に行く人もいない、で縁がないと思っていたビアガーデン。
もしかしたら人生初のビアガーデンデビューを地元で飾れるかも知れない。
そんな希望が見えてきました。

もし平日の開店直後に伊勢丹浦和店の屋上の「端っこ」で「ハートランド」を「一人」で飲んでいる男がいたら、それは間違いなくぼくだと思います。
みんなも伊勢丹浦和店のビアガーデンで、飲み食いしようぜ!

おしまい。

(参考リンク)
伊勢丹浦和店
浦和ビアテラス

【まつ直近記事3本】
(140)『さくら草まつり中止を受けて日本酒を飲む』
(141)『テイクアウトしてみたぞおぉぉっ(もつ焼 大阪屋)』
(142)『新しい生活様式での映画鑑賞inさいたま市!』

感染防止対策で安心してビュッフェを楽しめます!ロイヤルパインズホテル浦和「ミケーラ」が営業再開。

7月18日(土)、ロイヤルパインズホテル浦和1Fにあるビュッフェスタイルのテラスダイニング「ミケーラ」が営業再開しました。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い3月から休止していましたが、衛生管理と感染防止対策をし、安全な新しいビュッフェスタイルを提供します。

まず入口では赤外線体温計による検温と手の消毒を行います。店内の座席数は通常の6割に間引いて間隔があけられ、ソーシャルディスタンスが確保されています。テーブルの上にはナイロン性の抗菌手袋が置かれ、ブッフェの料理取り分け時に着用することで衛生的です。

野菜やデザートが置かれたビュッフェボードは飛沫を防ぐために透明なアクリル版で囲われていますが、これが明るい空間にマッチしてガラスケースのようでお洒落!?

さいたまヨーロッパ野菜も並べられたサラダコーナー。色合いから新鮮さが伝わってきます。

デザートは可愛いプチケーキも並び、お腹いっぱいで食べられなかったと後悔することなく全種類のデザートが食べられそうです。同じくホテル1Fにあるペストリーショップ「ラ・モーラ」特製うらわろーるもありますよ。

一番人気のローストビーフは、これまでは提供コーナーに並んで待つことがありましたが、蜜にならないようワゴンサービスが導入され、スタッフの方がテーブルへまわり提供してくれます。慌てず急がず、ローストビーフを堪能しましょう!

座席間隔を開けるために席と席の間にはISETANとのコラボレーションでマネキンを設置し店内を和ませています。

昨年の10月にリニューアルした「ミケーラ」は、お客さんの要望にも応えて多彩なメニューを揃えたビュッフェレストランとして営業してきました。今回の営業再開後も品数は少なくすることなく、そして感染防止対策を行うことでビュッフェスタイルを継続しています。次は何をとろう、あれも食べたい、このままではお皿にのらない・・、といったブッフェの醍醐味を楽しめるのは嬉しいですね!

従業員のマスク着用と手袋の義務化、テーブルや椅子などの消毒、換気のため窓をあけての営業、会計場所の飛沫感染防止や消毒などもされています。彩の国「新しい生活様式」安心宣言に基づいて衛生管理の徹底と感染防止対策が行われているので安心です。

当面は土曜・日曜・祝日のみの営業で、安全性を考慮して完全予約制での再開になっていますので、ご利用の際にはお気をつけください。

■営業時間や料金などの詳細・ご予約・お問合せは、ホームページまたはお電話にて
ロイヤルパインズホテル浦和「ミケーラ」
ホームページはこちら
048−827−1160

 

 

 

さいたま市の背中(141)『テイクアウトしてみたぞおぉぉっ(もつ焼 大阪屋)』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

前回の投稿から約1カ月が経ちました。
多くの都道府県は緊急事態宣言が5月14日で解除されましたが、埼玉県は本日現在も引き続き特定警戒区域に指定されています。
そんな埼玉県さいたま市で今日もぼくは元気に生きています。
でも出勤が自粛になったり、給料が下がったり、運動不足でデブったりで、もうとばっちりですわ!

さてそんな中、ぼくなんかよりとばっちりを受けているのは飲食店です。
そんな飲食店を盛り上げようと、テイクアウトやデリバリーなどが活用されています。
さいたま市でも#StayHomeさいたまというとこで、webでアピールしたり、フライヤーを作ったりして、地域の消費を支援しています。

普段ぼくはテイクアウトやデリバリーってあまり利用する機会がないのだけど、さいたま市に住む人間として微力ながら地域経済に貢献するために利用してみることにしたよ!


#StayHomeのホームページには大宮・与野・浦和・岩槻の各エリアに分かれてテイクアウト・デリバリーに対応している飲食店が多数掲載されています。

テイクアウト・デリバリー、どちらを取るか。
デリバリーなら家で待つだけで便利なんだけど、ぼくは是非お店まで足を運んで直接商品を受け取りたかった。
でもこれだけの店が掲載されているとどこにするか迷いますわ。
なら直接街に足を運んで自分の足で探してみよう。

ある平日の午前中、ぼくは大宮駅近辺に用事がありました。
不要不急ではない、つまりどおぉぉーしても必要な外出だったのでご理解を。
大宮駅周辺で用事を済ませ、テイクアウトができるお店探しをすることにしました。

向かったのはナンギンこと大宮南銀座。
さいたま市、いや埼玉県を代表する繁華街です。
ここならどこかしらテイクアウトをやっている店があるはず!
町が盛り上がるのは夜だけど、本来は昼でもそれなりの人通りがあります。
しかしコロナ禍においてはご覧の通り閑散としています。
果たしてテイクアウトができるお店があるのか。

なお横を向けば過去記事でも取り上げた天下一品。

ラーメン食べてえぇぇぇー!
しかもテイクアウトやってるとか!!

いやいや、今日は違う、ラーメンじゃない。
ラーメンに後ろ髪を引かれるようにして歩みを進めます。

すると眼に飛び込んで来たのは・・・!

豚ぁぁぁ!


豚が出迎えてくれたのは「もつ焼 大阪屋」。

テイクアウトやってるぅぅぅ!


メニューを覗いてみると「これでもかっ!」ってくらいに「もつ」。

もつ大好きのワタクシ。
まだ一店舗目だけどここに決めた!
注文したのはもつやき丼。
550円ってなかなかリーズナブルやん?

注文してから待つこと約10分。
結構待ちますが、作り置きではなく、最初から焼いているからこそ!
できたてが食べられるぞ!
待てない人は予約を!


というわけでお持ち帰りしてきました。
持って帰る間にもタレの匂いがプンプンしていたぞ!

いざ開封!
あ、まずフタがあることを忘れてましたわ。


フタを外しました。
くさい!(誉め言葉)。
もつがぎっしり!

もつ焼きとかもつ鍋とかなら食べたことありますが、もつ焼き丼初めてです。
美味い、くさい、美味い。

グルメ番組風インサート(その1)

グルメ番組風インサート(その2)

どうです?
もつ肉好きにはたまらんでしょう。
肉もご飯も量たっぷりで大満足でしたぞ。

なお#StayHomeを後々読み返したら大阪屋も掲載されていましわ。
今回は弁当でしたが串もテイクアウト可能ですって!


自治体や住民の努力によりコロナ禍はすこぉぉーしずつ克服しつつある印象ですがまだまだ油断はできません。
この状況から完全に抜け出して、外食も心置きなくできるまで、みんなで地域の飲食店を支えていこうぜ!

おしまい。

(参考リンク)
もつ焼 大阪屋(食べログ)
#StayHomeさいたま

【まつ直近記事3本】
(138)『湯けむり横丁おおみや!』
(139)『リニューアルした考楽!』
(140)『さくら草まつり中止を受けて日本酒を飲む』

さいたま市の背中(136)『さいたま市のセコマで北海道気分!』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

12月になりますが、皆さん忙しいですか?
ぼくはメチャクチャ忙しいです!
自宅のあるさいたま市には平日・休日を問わず「寝に帰っているだけ」でした。

それじゃいかんってことで、少し時間の出来た休日にサイクリング。
行先は「セイコーマート」だ!

セイコーマート、通称セコマ。
知る人ぞ知る、北海道地盤のコンビニです。
コンビニ業界にかかわるニュースが連日報道されていますが、その中においてセコマはオーナー本位の堅実経営ということで一定の評価を得ているようです。

さてそんな北海道に行けば腐るほど見かけるセコマですが、なぜか埼玉県と茨城県に飛び地的に存在するという謎現象が。

というブログを3年前も書いたんですが、今回はその再訪記事になりますので、何卒ご容赦くださいませ。

セコマの魅力。
それは大手コンビニにはないユニーク品揃え、そして北海道の食材を生かした商品の品質ではないかと個人的には思っています。
みんな大好き、アイスクリーム。
左上のオレンジ色は夕張メロンで左下の紫はハスカップですかね。

 


「北海道産のチーズを使ったクリーミーなチーズアイス」とか、ストレートに主張してくるネーミングの攻撃力は高すぎです。



激安かつ激ウマで知られる総菜類。
なんでも自社生産、トレーや包装を統一することでコストを抑えているようです。


ちなみに、ぼくが大好き焼き鳥は別格に旨いですが値段も他の総菜より高い(300円前後だったかな)。

 


不安になるくらいお買い得価格なワイン。
セコマは酒屋から転換した店が多いらしく、酒類の品揃えは豊富な店舗が多いです。

と、いうわけで店内を見渡してみたのですが、購入したものを以下に披露。
これが北海道に行かずして買えたさいたま市のセコマでの収穫だぁ!



エナジードリンク!
背景を見て頂ければお分かりのように、サイクリングで行きましたので。
甘かったけどエナジーがチャージされたよ!



メロンミルクキャンディ!
「夕張」とは書いてないが、きっと夕張だ!(個人意見です)
セコマにはミルクキャンディが数種類販売されてるのですが、メロンが一番人気!
残り2袋しか無かったのに、2袋とも購入したのは私です。



ラスク!
購入予定は無かったのですが、翌朝の朝食として。
沢山入っていたし美味しかったよ!

はい、そんなわけでさいたま市で味わえる北海道気分、セコマの紹介でした!
北海道物産展やアンテナショップは毎度大賑わいですがセコマも十分に楽しめるよ!
みんなもさいたま市のセコマに行ってみようぜ!

おしまい。

訪問店舗:さいたま市まんだな店
*さいたま市には他にさいたま今羽があるよ!(2019年12月現在)。埼玉県内にはその他10店舗くらいのみ!

参考リンク:セイコーマート

【まつ直近記事3本】
(133)「新店訪問シリーズ:梅林堂浦和西堀店」
(134)「イオンに期日前投票に行ってきた話(埼玉県知事選挙)」
(135)「豚のカシラが旨い!かしらや浦和店」