さいたま市の背中(140)『さくら草まつり中止を受けて日本酒を飲む』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

新型コロナウィルスの影響で外出の自粛やイベントの中止が相次いでいます。
ここさいたま市でもパルコやイオンなどといった大型の商業施設が休日を中心に臨時休業をしたり、イベントが中止になったりで多大な影響が出ています。

そんな中、さいたま市が世界に誇る一大イベントが例年であれば4月の中旬に行われるのですが、それもことごとく中止となってしまいました。

そのイベントとは「さくら草まつり」。

さいたま市の西部に位置する田島ケ原に自生する国の天然記念物であるサクラソウを愛でたり、それに関連する野外イベントなどが行われたりする大規模なイベントです。というか室内だけでなく野外イベントでもダメなのね。なんてこったい!

【開催中止】天然記念物指定100周年記念 さくら草まつり’20

田島ケ原への最寄り駅はJR武蔵野線の西浦和駅なのですが、ぼくは別名、「さいたま市で一番の秘境駅である西浦和駅が一年で一番混雑するイベント」なんて地元愛を込めて心の中で名付けていたりしています(なお西浦和駅の秘境具合は過去に記事にしていますので興味がありましたらご覧ください)。

さて、話を戻しますと、今年は田島のサクラソウが天然記念物に指定されて100周年という記念すべき節目だったのですね。100年前・・・1920年。その年に何があったか、パッと思い付きます?調べてみたところ、「大日本帝国が国際連盟に加入」とありました。大日本帝国って!そんな太古から咲き誇るサクラソウ、恐るべし。コロナに負けるな!サクラソウ!(1920年の出来事についてもっと知りたい人はWikipediaを読んでみよう!)

そんな100周年の節目を祝って、さくら草まつりの開催地と同じさいたま市桜区にある内木酒造から限定商品が発売されました。その名は「うらら」。

この「うらら」自体は普段から販売されているので、これは田島のサクラソウが国の天然記念物に指定されて100周年を祝って作成された限定ラベルという位置付けになるようですね。

こちらが通常の「うらら」。

限定ラベル品の購入先は北浦和のイオン。日本各地で地域密着で頑張っているイオンですが、近所のイオンには「埼玉県の地酒」コーナーなんかもあったりして、地元のお酒などを知る良い機会になります。

「ふくいくとした」。初めて聞く日本語でした。調べてみると、「よい香りがただよっているさま」。うーん、そのまま?なお漢字では「馥郁」。日本語って難しいね。みんなも機会があれば「ふくいく」を使ってみよう!使用例:今日のあたなはとてもふくいくですね!←使用後の責任は負いかねます。

肝心のお味ですが、非常に香り高く、飲みやすい。荒川水系で育ったからか、身体にとてもマッチする感じです。そう、それは埼玉の地下水と荒川の水と身体の水分が循環するかの如く。そんな意味不明なことを夢想してしまうくらい「ふくいく」な味でしたよ!

外出の自粛が当面続きそうですが、この機会に家で静かにお酒を飲んで過ごすのも悪くはないでしょう。飲みすぎには注意しつつ、来年のさくら草まつりを楽しみにしながら、この難局を乗り切ろうぜ!

おしまい

(参考リンク)
さくら草まつり(さいたま国際観光協会)
内木酒造

【まつ直近記事3本】
(137)『さいたま市に足りないのは地下鉄だ!』
(138)『湯けむり横丁おおみや!』
(139)『リニューアルした考楽!』

さいたま市の背中(110)『さいたま市の個人的想い出の桜三選』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

みなさん、お花見には行かれましたか?
今年は休日と天気の相性が悪い感じがして
ザ・花見って日はなかなか無かった気がします。

花見といえば、上野公園やら、千鳥ヶ淵公園やら有名スポットがニュースで毎年取り上げられますね。
でもぼくは今年はそのどれにも行きませんでした。

さいたま市にももちろん桜スポットは多数あります。
一番有名なのは大宮公園ですかね。
さいたま市内外から沢山の人が訪れます。

ぼくは今回は自分の想い出の中の桜を巡ってみることにしました。
やや自分語りになるかも知れませんがお付き合い頂き、
あわよくば皆様の来年の花見の参考になれば幸いです。

*雨の直前だったので鮮やかな写真は撮れませんでした。悪しからず。

想い出スポット①遊歩道から見上げる大里小学校の桜

IMG_3478

ハイ、いきなり一発目から変化球ですみません。
でもぼくの中ではこの桜は大切な想い出です。

ぼくはここ、さいたま市立大里小学校の出身です(当時は浦和市立)。
だから小学生の6年間は校庭や校舎からここ桜を眺めていました。
でもガキのあの頃は桜の綺麗さ、彩りには微塵も興味がありませんでした。

IMG_3480

初めてここ桜を見上げて、綺麗だなぁと思ったのは約10年前の4月1日。
この日は何の日かというと、大学院を修了し社会人になって1日目の通勤の朝でした。

当時ぼくは就職に失敗をしました。
卒業式になっても就職先は決まらず、最後の最後に何とか大学の就職課を頼ってある会社に押しこんでもらいました。
その会社は大抵の人は自らは望んで行かないような業界で、大学で学んだ国際関係の専門性も生かせません。
期待と不安という言葉があるけど、この日の朝は未来が何も見えなくて不安・不安・不安という気持ちだけでした。

家から武蔵浦和駅に向かう途中の朝7時、大里小学校の桜を初めて見上げたのです。

なんて美しくて鮮やかなピンクなんだろう・・・。
小学生の頃に描いた大人に今オレはなれているのだろうか・・・。

そんなほろ苦く、甘酸っぱい想い出がここの桜にはあるのです。
それ以来、この大里小学校の桜を見上げる度に、今の自分は道を見失っていないか、自分自身に問いかけるようになりました。

ちなみにこの会社は結局10ヶ月で辞めてしまい、その後は暗黒のフリーター生活に突入。
でも今は紆余曲折を経て名の知れた外資系企業で6年前から働いています。
ここまで来れたのもこの桜のお陰かも知れません。

想い出スポット②花と緑の散歩道の桜

IMG_3489

ここはそこそこ有名だと思います。
武蔵浦和駅から別所沼公園まで延びる約2キロの遊歩道。
春は桜、夏は新緑、秋は紅葉を楽しむことができます。

IMG_3491

ぼくは学生時代に武蔵浦和駅近辺の飲食店でバイトをしていました。
シフトが夜中終わりだったんで、バイト仲間の女の子を送るために、よくこの道を利用していました。
だからぼくの中のここの桜の記憶は日中じゃなくて夜中。

日中は多くの通行人がいますが、夜中はだーれもいません。
送るとか言いながら、結局はベンチで朝まで語ったり飲んだり。
そんなことをしているうちに当然情は芽生え、家に帰っても桜の記憶とともに彼女の笑顔が。

二人でここの桜と一緒に4、5年は過ごしたでしょうか。
今はお互い大人になり、別々の仕事を見付けて、別々の道へ・・・。

・・・と言いたいところですが、結局この二人は後に結婚をして今はぼくの妻となっています。

想い出スポット③見沼田んぼの桜

ここはさいたま市でも結構な有名スポットです。
更に今年は、ニュースでも取り上げられることが多かったです。
何でも今年は整備が進み総延長が20キロを超えて日本一になったとか。
出展は産経web。
2017-04-07_19h21_22

ここは昔から凄かったです。
初めて来た時はちょうど散り始めの時で文字通り桜のシャワー状態。
恐らく一生分の桜を浴びたんじゃないかと思うくらいだったなぁ。

IMG_3493

こんな感じの桜並木が

IMG_3494

延々と続くのですが

IMG_3497

一口に20キロと言っても

IMG_3502

徒歩だと5時間(!)もかかるわけで

IMG_3501

花見客場はまばら(むしろ花見し放題)

IMG_3499

途中には公園や住宅街もあり、色々な表情の桜を見れます。

IMG_3498

はい、いかがでしたでしょうか。
他にも好きなスポットはいくつかあるけど時間の都合上ここまで。

恐らく今週末でシーズンは終わってしまうだろうけどその後の葉桜も綺麗よね。
みんなもさいたま市の桜を楽しもうぜ!

おしまい。

【まつ直近記事3本】
(108)『お蔵入り記事:ビール祭りの思い出』
(109)『伊勢丹浦和店の大北海道展に行ってきたよ!』
(110)『芥川製菓のアウトレットセールが開催されるよ!』

第30回白幡ハナミズキ祭

「第30回白幡ハナミズキ祭」が4月15日(土)に南区「花と緑の散歩道」で開催されます。01

障がいの有無にかかわらず地域住民が共に「安心して」祭を楽しみ、地域住民同士の「絆」を深める為

を目的に、今年で30回目の開催となるそうです。

02

  • 日時:平成29年4月15日(土)午前10時~午後3時(雨天決行)
  • 場所:さいたま市南区白幡5丁目「花と緑の散歩道
  • 主催:NPO法人浦和手をつなぐ親の会(障がい福祉サービス事業所の運営)
  • 共催:白幡5丁目瓶尻自治会
  • 目的:障がいの有無にかかわらず地域住民が共に「安心して」祭を楽しみ、地域住民同士の「絆」を深める為に開催します。
  • 内容:模擬店(焼きそば・つきたてのお餅・焼き鳥等)
    ステージ(福祉施設利用者の音楽発表、びゅーちふるずのライブ、高齢者サークルの唱歌披露、八丈太鼓の実演・体験、大道芸パフォーマンス等)
    フリーマーケット(出店料無料)
    近隣の福祉施設による販売

0304

ぜひお出かけを〜

連休は”さいたま市”へGO! GWイベントまとめ2016

今年もさいたま市ではゴールデンウィークイベント目白押し!
ぜひ、さいたま市へお越しください!

(随時内容更新します!)

大盆栽まつり
大盆栽まつり

 

 

 

 

さいたま市の背中(101)『花見だけじゃない!大宮公園!』

IMG_1801
さいたま市随一の桜名所!

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

前回の記事で遂に100号を突破しました。
しばらくの間、その功績を讃えて勝手に記念特集をしようと思いましたが、
せっかく花見に行ってきたので、まずは桜の時期のうちに普通の記事としてアップしたい思います!

今年は縁あって花見に行く機会が2度ありました。
そのどちらも大宮公園です。

4月に入って最初の土曜日に行ったのですが、とにかく寒かった!
気温は10度前後、まだ冬用のコートでも行ける寒さです。

IMG_1769
昔の4月はもっと温かいと思ったんだけどなぁ

おまけに天気は曇り空。
でも週明けには雨の予報だし、恐らく桜も今が満開なので見頃はこの週末。
そんな限られた桜の時期を楽しもうと、天気に関係なく大勢の花見客が大宮公園に向かっていました。

IMG_1772
参道の途中で団子(1本100円)買ったり

大宮公園は大宮駅から徒歩20分ほど。
参道の入り口には10分程度で着くので短く感じるけど、
実はその参道入口からずーっと歩くから結構長く感じるのよね。

IMG_1803
まずは大宮氷川神社到着

大宮公園は氷川神社の裏にあります。
この氷川神社、関東一円に広く分布する氷川神社の総本社で、その貫禄はなかなかのものです。
例年、初詣ランキングには必ず上位に入っている、ヒトコトで言うと凄い神社なんですよ!
(詳しくはWikipediaを読んでみようぜ!)

IMG_1781
絶対オシリ冷たい

氷川神社と抜けて大宮公園に入ると、早くも大勢の花見客で賑わっていました。
寒がりなぼくにとっては、ちょっとエクストリーム(過激)なものに映りました。

IMG_1797
接写!

桜は満開といった感じ。
来週には散り始めて葉っぱが交じるのかな。

元々ランチは大宮駅周辺に戻ってする予定でした。
でも屋台が沢山出ているし、腹ごしらえにいくつか買って食べましたよ。

IMG_1783
じゃがばたwith明太マヨネーズ!

屋台というのも時代と共に色々変わっていますね。
例えば今や普通のかき氷のシロップかけ放題も昔は無かったでしょう。
明太マヨネーズも昔は無かったでしょうね。
ぼくはバターだけで良かったんだけど、妻の希望で明太マヨをトッピング。

IMG_1798
近世の歴代天皇も行幸した凄い公園なのであーる

こうして園内を歩き回っている間にも、続々と酒と食料をぶら下げた人たちが流入してきます。
家族連れ、仲良しグループ、犬の散歩風、など様々。
若者カップルは意外と少なかった気がします。
それはそれで面白い人間の心理です。

IMG_1785
昭和の香りがプンプンだぜ!

大宮公園には入場無料の遊園地も併設。
小さい子ども連れで賑わっていました。
そこにはレトロなアトラクションがイッパイでした!

IMG_1786
最近見ないと思ったらここにいたのね(佐藤製薬のサトちゃん

IMG_1787
乗り方が分からないセーラームーン

IMG_1789
老後は監視役に転じたパンダ

IMG_1788
大人も子供も平等!

IMG_1791
遊園地だけじゃなくて動物園も!

動物園も入場無料。
こりゃ子連れには嬉しい!
事実、沢山の子連れ家族連れがいました!
ここには桜はないからか、アルコール臭とは無縁の清潔な空間でした。
なお正式名称は大宮公園小動物公園。
Facebookもあるよ!

IMG_1790
何気に珍しい茶色いヤギ

IMG_1792
珍しさで買った「はしまき」

このはしまき(箸巻き)、西日本ではメジャーだそうな?
読んで字の如く端で何やら巻かれているのですが、その何かってのは一言で言うとお好み焼き。
まぁ粉モンですな。

IMG_1796
かなり重量感ありました

屋台は100以上は出てたんじゃないかな。
メジャーなものからキワモノまで、眺めているだけでも楽しいです。
夜は夜できっとまた違う雰囲気になるのでしょう。
あ、もしかしたらカップルは夜の方に来るのかな。

IMG_1784
屋台の男たちと桜

IMG_1799
普通に欲しい、キャベツみじん切り機(手動)

キャベツ好きなのでネットで調べたんですが1万円くらいするんですね。
やーめた。

そんなわけで正午に近づくに連れて、どんどん人が増えてきました。
今年は入学式にドンピシャな感じでめでたいですね。

私事ですが、ぼくは新卒就活で失敗をしました。
今でいうブラック企業とまでは言わないけど、消去法で普通は新卒で選ばない業界に飛び込みました。
4/1の入社日に自宅から武蔵浦和駅に向かう朝に見た桜の鮮やかさは長年嫌な想い出でした。
それから8年が経ち、そんな想い出も少しずつ良い想い出に変わりつつあります。

IMG_1800
桜のトンネル

この記事を書いている今は翌日の日曜なんだけど、
曇りの土曜から一転、雲の隙間から太陽が覗いています。
きっと今の大宮公園では沢山の笑顔と酒が溢れているのでしょう。

大宮公園だけじゃなくても、さいたま市には色んなところに桜は咲き乱れてます。
その中でもさいたま市の桜(と屋台街)は裏切りません。
みんなの大宮公園の桜を見に行ってみようぜ!(たぶん来週が限度)

おしまい。

【まつ直近記事3本】
(98)『雑誌「散歩の達人」最新号は浦和・大宮特集だ!』
(99)『神戸土産を買ったら浦和でも買えた話』
(100)『さいたま市夫婦誕生!』