さいたま市の背中(139)『リニューアルした考楽!』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

世間は新型コロナウイルスの話題で連日持ち切りですね。
ぼくは楽観的な性格なので、小まめな手洗いと、通勤ラッシュを避けて仕事に行く、ということを意識しているくらいです。お陰様で健康に生活しています。
そんなぼくでも行くか行くまいか悩んだ場所があります。

そう、それは銭湯。

いや、だって、スポーツジムが濃厚接触でクラスター(集団感染)とか言われてるけど、その要素が近い銭湯ってどうなの?

そんなことを思ったのも、北浦和のスーパー銭湯、考楽が3月16日にリニューアルオープンしたから。

いや、しかし、考楽さんも何カ月も前から計画的にリニューアルを進めてきていただろうけど、このコロナ騒動はとばっちりですわ。

一応ホームページには、「新型コロナウイルス感染予防に対する取り組みについて」なんてメッセージがあるから対策はしているということは分かりました。
それに季節が冬から春へと移り変わるこの時期、「さっぱりしたい!」という欲求には勝てませぬ。
加えてこんな時期だからこそ地元の経済に貢献せねば、という(後付けの)使命感も有り。
せめての予防策として平日の夕方なら空いていて安心だろう・・・。
そんなことを考えながらドキドキしつつ行ってきましたよ!

やってきました、久々の考楽。繰り返しになりますがリニューアル工事で約一カ月間休業していました。休業中の逃避行先は前回記事の通り。

空の明るさをご覧いたらければお分かりように、時間帯は昼間、具体的には平日の16時頃です。

懐かしき階段を上ります。入口の時点で全面的に改装しているかと思ったのですが、外観は以前と同じですね。

変わったところといえば、

リニュアル祝いのお花が咲き誇っていた。

入館料が50円アップしていた。

下駄箱が部分的にシースルーになっていたこと。

入口から入り、券売機で入館料を買い、靴を下駄箱に入れ、館内に足を踏み入れた所までは、「マイナーチェンジに留まっているか」という印象。そうそう、券売機はキャッシュレス化に対応していましたよ。

さて銭湯の中はどう変わったのか!?浴室内の写真を撮るわけにはいかないので、この先はイメージ画像と共にレポートするよ!
*当然ですが男湯のみのレポートになりますのでご容赦ください。

気付き1:ロッカーが増えた!

正確には一個あたりの大きさが小さくなった感じ。でも以前だと個数自体が少なく、ロッカー難民になることもあったので、画期的なリニューアルと言えるでしょう!なおデポジットの100円玉も不要になったので、同時に100円玉難民になる恐れからも解放されました!

気付き2:サウナにデジタル時計が設置された!

私事ですが超近眼です。何が問題かっていうと、アナログ時計の針が見えないんですよね。そのため、今までは時計が設置されている前の方に座ったり、心の中で秒数をカウントをしたりしていたのです。でも見えやすいデジタル時計が設置されたことにより、サウナに集中できるようになりました!アナログ時計も今まで通り設置!考楽は近眼ボーイの味方です!

気付き3:サウナ後方に窓が設置され開放的!

リニューアル前は窓が無かったため、ちょっと暗めで秘密基地的な怪しさが若干漂っていたのですが、リニューアル後は明るく開放的で爽やか!ついでに板張りもマットも新調されていて清潔感も向上!

以上、ぼくからの気付きポイント3つ。既存設備を活用している部分も多々あり、色々と優先順位付けをしてリニューアルしたのだなぁと実感します。他にももっとあるのだけど、詳しくはホームページを見てね!
いずれにしても、ぼくが声を大にして言えるのは、入館料50円アップも納得!という点。

なお連日の新型コロナウィルス問題で、館内はガラガラと思いきや・・・人が沢山!平日の夕方っていうのになんなのー?
みんなサッパリしたいのですね。ぼくもそのうちの一人です。お陰様で本日現在も元気です。

みんなも健康管理に留意しつつ、サッパリしようぜ!銭湯も悪くは無いとは思うよ!(時期が時期なので、絶対オッケー!とは言えない辛み)

おしまい。

食事は相変わらず美味しそうだったよ!

(参考リンク)
湯屋敷 孝楽

【まつ直近記事3本】
(136)「さいたま市のセコマで北海道気分!」
(137)『さいたま市に足りないのは地下鉄だ!』
(138)『湯けむり横丁おおみや!』

さいたま市の背中(138)『湯けむり横丁おおみや!』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

世間では少し前からサウナが健康に良いとかで流行っているようですね?ぼくはサウナ歴10年超ですが、最近サウナの混雑率が明らかに増していると思います。ぼくの好きな鯖缶もダイエット効果があるとかで数年前にメディアに取り上げられてから価格が高止まりしています。こちらからすると「前から知ってるよ!」って感じなんですけどね。

そんなわけで、近所のスーパー銭湯「考楽」を定期的に利用しています。過去にこのブログでも何度か取り上げています。
(15)『湯屋敷・考楽』
(127)『とあるさいたま市民の年末年始の過ごし方』

ある日の夜、いつも通り仕事帰りの21時頃。寒い冬のサウナっていいよね、なんて思いつつ考楽まで行くと

休みぃ!しかもリニューアルとかで1カ月近く休みぃぃぃ!

かくしてぼくはさいたま市内でサウナ難民になったのであります。

いや、この気持ち収まらない!サウナサウナサウナサウナ。オレはサウナに入りたいのだぁ!
地図アプリで他のスーパー銭湯を探してみます。数駅先の大宮駅とかに行けば、きっとあるなってのは分かるんですよ。カプセルホテルとかのサウナ。でもなんか違うんですよね、ぼくが探していたのはスーパー銭湯のサウナ。

そしたら大宮バイパス沿いに見付けましたよ。その名は『湯けむり横丁』。駅からは離れているけど、この日はたまたま車だったので問題無し。今夜のサウナは急遽ここに変更だ!

到着しました。まずになによりも駐車場が広い。それだけの収容能力があるということでしょう。平面駐車場の他に立体駐車場もありますからね。さすが国道沿い。

料金は平日だったこの日は850円。考楽と比較をすると安くはないかな。考楽は600円だから。

まず入館をすると受付でこのようなキーをもらいます。これを使って館内で飲物とかレストランを利用して、退館時に入館料金と一緒に支払いをします。つまり現金を館内では必要としないってことですね。なるほど、こういう設備投資をしているからこその入館料金設定か。

2階から見下ろす館内。中央はレストランになっています。なかなか開放的で良い感じやん?横丁感出てますね!平日の夜ということもあり、そこまで混んているという印象はなかったです。

さて本来の目的はサウナ。さすがに風呂場の中を撮影するわけにはいかないので、ホームページから抜粋。

なんとサウナは高温と低温の2種類!それぞれ背中合わせに併設されていました。漢(おとこ)なら当然高温だぜ!と思いましたが、低温の方にも利用客がいました。ぼくは当然高温へ。なお流れていたテレビ局は違っていました。
そして考楽よりも床のマットがふわふわ!水分を吸収してくれてビチョビチョになることがありません。こういう所も入場料の料金設定に反映されてるんだなと認識。
なお内風呂、外風呂も種類豊富で広々。気になる人はホームページを見てくれよな!

いつも通り休憩を挟みつつ3回サウナに出入りし、最後は身体を洗って終了。着替えて帰る前に館内を探検してみよう!

スーパー銭湯の定番、瓶入り牛乳。さっきも書いたけど、ここでは現金不要で受付で貰ったリストバンドをタッチします。買いすぎ注意!

Wi-Fiあり!これは考楽も一緒。

無料休憩室。ファミレスみたいな座席レイアウト。ここで仕事とか読書とか出来ちゃいますね。

なお休憩室の表には漫画本コーナー。なに?帰るなってこと?

女性に安心、専用休憩室。中はどんな風になっているのかしら?想像に留めておきます。

なんとお茶は無料!

ファミレス顔負けのレストランのディスプレイ。

館内の隅にひっそりと潜んでいた怪しげな秘密の通路。長く延びるこの通路の先に一体何があるというのだ!(*実際には秘密でも何でもないです)

そこには・・・!リクライニングチェアがあった!!!どこまで客を帰さない気なんだ。

お一人様大歓迎、ひとり鍋。

はい、そんな感じで一通り巡ってみました。入場料が高い高いとブーブー言ってましたが、それだけのサービスと設備があるということが良く分かりましたよ。ぼくは今までスーパー銭湯ってパッと来てパッと帰るみたいな使い方しかしたことが無かったけど、時間と都合が許せば丸一日ダラダラと過ごすこともできるかも知れませんね。自宅からは少し遠くてなかなか来ることはできないけど、また機会があれば来てみたいと思います!

オムツは取ろうぜ!

おしまい。

(参考リンク)
『湯けむり横丁』おおみや
湯屋敷 孝楽

【まつ直近記事3本】

(135)「豚のカシラが旨い!かしらや浦和店」
(136)「さいたま市のセコマで北海道気分!」
(137)『さいたま市に足りないのは地下鉄だ!』

連休は”さいたま市”へGO! GWイベントまとめ2018

連休は”さいたま市”へGO! GWイベントまとめ2018

今年もさいたま市ではゴールデンウィークイベント目白押し!
ぜひ、さいたま市へお越しください!

国際友好フェア

 

 

 

 

さいたま市の背中(115)『さいたま新都心けやきひろばのイルミネーション写真を上げてくよ!』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

今日はクリスマスイブ。
そして今年残すところあと一週間となりました。
仕事に勉強に、ラストスパートという感じでしょうか。

ぼくは既に先週末で仕事は終わりまして、数時間後には旅に出る、という状況です。
そんなわけで今月のブロクは超特急で更新をさせて頂く次第です。

さいたま市が世界に世界に誇る、さいたま新都心のイルミネーション!
その模様を激写してきたのでご覧あれ!


光る電車が走る幻想的な風景


これまたオシャレなライティング


フォルクスワーゲンが即席ショールームやってました


子供より大人が釘付けでした


イルミネーションに来てスポンサー企業を激写するのはオレくらいではないだろうか


初日は独り占め状態でした


クリスマスマーケッ、ではなくクリスマスマーケットです。


お店の周りには結構人がいました


沢山のサンタ


サンタじゃない方のクリスマスムード


こちらは雪だるま


店先のシンボルを、、、


なんとお買上げ!(ディスカウントあり)


正面(さいたま新都心駅側)からの風景


飲食もできるよ!


ドイツ生まれのキャラクター、Maus(マウス)


買うか悩む妻(結果買わなかった)


美容用品も


おしまい

さいたま新都心のイルミネーションの良いところ。
交通の便が良い、買い物スポットが沢山ある(コクーンシティとか)、映画館もある、飲食店もある
イルミネーションが主役でも、何かのついででも楽しめるよ!
ぜひ行ってみようぜ!

おしまい。

ぼくのブログも今年はここまで!
また来年もよろしくお願いします!

(参考リンク)
さいたま新都心けやきひろばイルミネーション 2017-18 Blue Flower Dreaming

【まつ直近記事3本】
(112)『東浦和花火大会レポート:雨との闘いでした』
(113)『埼玉県に一店舗しかない三宝亭のラーメン!』
(114)『入場規制が掛かるヤオコー浦和パルコ店』

コクーンシティさいたま新都心 コクーンアスレチックスがOPEN!片倉シルク期間限定ショップや新店舗も

さいたま新都心コクーンシティに新しい施設「cocoon athletics(コクーンアスレチックス)」がオープンします!
2017年9月19日(火)グランドOPEN!
cocoon01

cocoon02

埼玉県初のインドア&アウトドアのハイブリッド型スポーツクラブということで、「ヨガ」「ボルダリング」「ラン」「カフェ」が楽しめます。場所はコクーン2の北側に新たに建てられています。

月額会員になって定期的に楽しむこともできますし、ビジター利用として1日利用、1プログラム参加も可能だそうです。
武蔵一宮氷川神社参道そばの緑豊かで開放的な空間でリラックスもできますし、アウトドアプログラムではスタジオを飛び出し、氷川参道・大宮公園・見沼たんぼなど、さいたま市の観光資源を楽しみながらサイクリングやランニングも予定されているそうですので、季節を感じながら運動することで、体も心もリラックス・リフレッシュできます。
cocoon03
cocoon04
本日9月8日(金)からオープニング体験会が開催されますので、ぜひご体験ください。
詳しくはこちら コクーンアスレチックス公式サイト


また、コクーンシティを運営する片倉工業株式会社は創業1873年(明治6年)という永い歴史を誇り、現在のコクーンシティがある場所はかつての製糸場でした。世界遺産に登録された富岡製糸場も民間最後のオーナーでした。(詳しくは 3分でわかるカタクラ片倉工業と富岡製糸場が歩んだ歴史をご覧ください。)
この度、140余年のモノづくりが生んだ社製品を販売する期間限定ショップ「Katakura Story since 1873」として9月24日(日)までオープンするそうです。
cocoon05
cocoon10
伝統の片倉シルクを使ったシルクインナーやソックスをはじめ、自社養蜂場で採蜜した「国産ハチミツ」、ハチミツとシルク成分を贅沢に配合した自然派スキンケア化粧品「絹蜜」など、期間限定だそうですので、この機会にぜひお求めください。
cocoon06

cocoon07

cocoon08

cocoon09
さらに、9月15日からは「コクーンシティ秋FES」として抽選会や「かいけつゾロリ大冒険フェア」などイベントも盛りだくさん!
同時期にコクーン2には以下の新店4店舗がオープン!
メラン クルージュ(コクーン2 2F/メンズ・レディス)SC初出店
カンタベリー オブ ニュージーランド(コクーン2 2F/メンズ・レディス・キッズ)県内初出店
モルガン ドゥ トワ(コクーン2 2F/メンズ・レディス)大宮・浦和エリア初出店
ランドリー(コクーン2 3F/メンズ・レディス・キッズ)

いろいろ話題が盛りだくさんな コクーンシティ さいたま新都心、ぜひお出かけください!

詳細はこちら コクーンシティ公式サイト