7月21日(土)、いよいよ『てっぱく図書室』がオープンします!

子どもたちが鉄道について楽しく学び、親子のふれあいができるスペース『てっぱく図書室』が、平成24年7月21日(土)、鉄道博物館内のノースウィングにいよいよオープンします。


入口には大きく『てっぱく図書室』の文字が。


絵本から百科事典まで、約900冊の蔵書があります。


ゆったりとしたスペースが設けてあります。

『てっぱく図書室』は、小学生までを対象とした鉄道に関する本を読むことができるスペースです。
およそ900冊ある蔵書のうち8割以上が日本語の書物、残りの2割弱が英語・中国語・韓国語などの洋書となっており、外国の方でも楽しめるようになっています。

また、成田エクスプレスや新幹線で実際に使用された座席が設置されており、そこに座って、電車の中さながらに本を読むことが出来ます。


1番前の座席は成田エクスプレスの座席です。その後ろは・・・


こちらは1982年から東北・上越新幹線で使用されていた普通車の座席と同じものです。

さらにさらに、靴を脱いで図書を楽しむスペースもありますので、親子の時間をゆっくりと過ごすことも出来るのです。


親子でふれあいながら、読書を楽しみましょう。


順番に読もうね。

オープン記念イベントとして、初日の7月21日(土)と22日(日)の両日には、英語での絵本の読み聞かせが、また9月2日(日)までは「きかんしゃトーマス」の上映が行なわれますので、鉄道博物館にお出での際は、ぜひお立ち寄りください。

もちろん『てっぱく図書室』を目的に行くのもいいですよ〜。

■利用開始日
平成24年7月21日(土)
■利用時間
10時00分〜16時30分
■場所
鉄道博物館 ノースウィング
■蔵書
約900冊(和書 約780冊、洋書 約120冊)
■注意事項
・図書の貸出は行なっていません。
・ノースエントランスは閉鎖されましたので、入館する際はメインエントランスをご利用ください。


オープン記念イベント
■英語よみきかせライブ
・期日 平成24年7月21日(土)、22日(日) 13時00分〜、15時00分〜【各回30分】
・場所 てっぱく図書室
・対象 小学生までの方、ただし保護者の同伴は可
・料金 無料(入館料のみ)
・人数 各回40名程度
■「きかんしゃトーマス」の映像作品上映
・期日 平成24年7月18日(水)〜平成24年9月2日(日) 12時00分〜、13時00分〜、14時00分〜、15時00分〜【各回20分】
     ※7月30日(月)の上映はありません。
・会場 ノースウィング 鉄博ホール
・対象 小学生までの方、ただし保護者の同伴は可
・料金 無料(入館料のみ)
・人数 各回80名程度


詳しくは鉄道博物館のホームページをご覧ください。
公式ホームページはこちら

〝乗って、触って、運転して。〟←「読んで」を追加希望。

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,