さいたま市学のテキストたち。

080421_2256?0001.jpg
改めて地元さいたま市を学ぶ


どーも。
五月病予備軍のまつです。
四月から社会人になりました、というわけで
年金の手続きやらで、区役所に行って参りました。
ボクはさいたま市の南区民なので、南区役所です。
番号札を持って、フロアをブラブラとしていると、
とある一角に行き当たりました。
080325_1230?0001.jpg
ちょっとした別世界
すぐ隣は多くの区民が順番待ちをしている
賑やかな雰囲気ですが、
この一角だけ不思議な空気感を醸し出していました。
ここはどうやら区役所内にある情報広場的な場所で
市内で行われるイベントのチラシや情報が入手できる場所でした。
そこでボクは今後のネタ集めのために、
いくつか役立つ資料を貰ってきましたので
市民の立場から紹介しようという今回の記事なわけです。

さいたま市南区区民マップ
080421_2214?0001.jpg
南区民のための南区マップ
三市合併前の旧浦和市でも地図を作っていて
市役所の受付に行けば無料で入手できていたのですが
これは市単位より遥かにスケール小さく、
区単位の地図です。
080421_2214?0002.jpg
全てがボクの生活圏内。
ボクは生まれながらの南区民ですが、
こうやって改めて眺めてみると、
意外な広さを感じます。
南区って武蔵浦和周辺だけだと思っていましたが
実は東浦和駅近くまで延びていたんですねー。
えー、非常にローカルネタですが、
南区民の一家に一枚は必須ではないでしょうか。
逆に南区民以外は必要ないかも知れません。

さいたま市に行ってみたくなる!

観光ガイドブック
080421_2222?0001.jpg
表紙にさいたま市の全てが!
なんか聞いたことありますね。
そう、このブログのタイトルと一緒。
それもそのはず、このブログを提供している
(社)さいたま観光コンベンションビューローが
発行しているガイドブックなんですねー。
そんな親近感もあって手にしたんですが、
一応期待はしたんだけど、
当然のようにこのブログは紹介されていませんね。。。
まぁ鉄道博物館やジョンレノンミュージアムなど、
どのガイドブックでも必ず取り上げられるスポットが
紹介されているし、しかもそれがタダで入手可能!
ということなので、みんなもゲットしようぜ!
080421_2245?0001.jpg
ちなみにボクは鉄博もジョンレノンミュージアムも
まだ行ったことありません。

ポケナビさいたま
080421_2229?0001.jpg
英語と日本語、半々の含有率。
こちらは手帳サイズっていうんでしょうか。
各駅周辺の地図とスポットが紹介されているので
かな~り実用的です。
そして、全て英訳付きです。
ちなみに旧浦和市はウナギが有名なんですが、
山崎屋という旧浦和市内にあるウナギ屋の紹介では
“English speakers available”(英語でも大丈夫だよ)訳byまつ
と書かれているのですが、
そのウナギ屋には英語使いがいるのでしょうか、
非常に気になった次第です。
080421_2230?0001.jpg
立派な観光都市に見えてくる
とにかく、国際都市を目指すさいたま市の熱意が
十分に伝わってくるパンフレットなのであります。
その他にも色々置いてありました。
今はネットで様々な情報が手に入りますが、
こういう風に印刷物を手に取って眺めるってのも
一つの楽しみなんじゃないかと思います。
ぜひさいたま市民にも手にとって、
自分の住んでいる街を歩き回ってみて貰いたいです。
080421_2321?0001.jpg
このブログを最後まで書いた後に『さいたま市ガイドマップ』が新たに出てきた。
まつブログ
Alone/But Never Alone

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

, , , , , , , , , ,