真夜中の別所沼公園と恋の想い出

CIMG2288.JPG
深夜一時の公園入り口


どーも、まつです。
今回はちょっとセンチメンタルにお送りします。
公園ネタというと他の方が担当されていますが、
今回のぼくのネタは真夜中の公園です。
公園の写真と私的恋物語。

CIMG2295.JPG

数ヶ月前まで武蔵浦和駅周辺の飲食店で5年間に渡ってアルバイトをしていました。
夜中に終わる店でしたので、帰り際に同僚の女性を送って行くのが日課でした。
終電も終わり、寝静まった住宅街を靴音立てて歩きながら、
バイト先のこと、大学のこと、音楽のこと、
他愛のないことで話が盛り上がりました。
別れるはずの彼女の家の前も通り過ぎて
いつも行き着くのは真夜中の別所沼公園でした。

CIMG2307.JPG

夏だったらアイスを食べながら、
冬だったら缶コーヒーを飲みながら、
沼の周り一周約一キロの公園を左回りに歩きます。
日中だとランニングやウォーキングの人で大混雑ですが、
真夜中のコースは誰一人いません。

CIMG2310.JPG

彼女はピアノ弾き。
ある指揮者が書いていましたが、独奏楽器を弾く人って
悪くいえば自分勝手、良くいえば自由奔放、
彼女はまさにそれでした。
一緒に歩いていても、
何も言わず急に角度を変えて沼の方向に歩き出したと思ったら、
突然空を見上げて「満月だっ!」と大声で叫ぶような女性でした。

CIMG2312.JPG

彼女はとにかくこの公園の景色が好きでした。
歩き疲れて、ベンチでぼんやりしていると、
次第に東の空から明るくなってきます。
爽やかな朝陽、といいたいところでしょうが、
ぼくの場合はこの時ばかりは
夢のような時から覚めさせる憎き朝陽でした。
そんな日々が二年近く続き、
時間を重ねるうちにいつしか彼女に魅かれて行ったボクは、
去年の夏、彼女に告白することを決心しました。
真っ先に思い浮かんだ場所はこの公園、この景色、この時間帯。

CIMG2330.JPG

バイトを辞めた今はこの公園に行く理由がなくなりました。
でも時々真夜中に「一人で」一周してみたりします。
そして告白をしたベンチに差し掛かる度に
思い出し笑いを噛み殺すのです。

CIMG2317.JPG
おしまい。ワン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
読んだことないけど、話題の(もう古いか)ケータイ小説風にお送りしました。
実はずっと温めていたネタでして(笑)
これらの写真はバイトをしていた頃の2月の真夜中に撮りました。
物凄~く寒かったのを覚えています。
さて、眼を覚まして、以下ちゃんと書きます(笑)

別所沼公園は旧浦和市のオアシス。
ぼくは中学校の頃の写生会がここでした。
早朝のラジオ体操からピークが始まり、
昼は家族やカップルがピクニック、夜はジョギング…
というように市民の憩いの場であります。
このブログの場を提供してくれている、
さいたま観光コンベンションビューローのサイトにも
別所沼公園の紹介がありましたので確認して頂ければと思います。

大きな地図で見る
真下から左周りで写真を撮って行きました。

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,