これは本ではない〜ブック・アートの広がり〜(うらわ美術館)

浦和センチュリーシティ内にあるうらわ美術館では「本をめぐるアート」を収集の柱の一つとして活動をしており、現在、所有するブック・アートは1000件を超えています。
kaniran
・↑カン・アイラン「鏡—ユートピアとヘテロトピアの間」2009年(c)Airan Kang Courtesy of Yumiko Chiba Associates」
本展では当館収蔵の作品に加えて、より広がり深化するブック・オブジェの数々や中堅・若手作家のインスタレーション作品を紹介します。それらを通して、「本ということ」の見えない側面に迫ろうとするものです。
endo
・↑遠藤利克「敷物−焼かれた言葉−」1993年 うらわ美術館蔵
■期日
平成22年11月20日(土)~平成23年1月23日(日)
■会場
うらわ美術館ギャラリーA・B・C・D
(浦和センチュリーシティ3F)
■開館時間
午前10時~午後5時、土・日のみ~午後8時(入場は閉館の30分前まで)
※休館日=毎週月曜日 (H23年1月10日の月曜日は開館)、H22年12月27日~H23年1月4日、1月11日
■観覧料
一般600円(480円) 大高生400円(320円) 中小生200円(160円)※( )内は20名以上の団体料金
[ リピーター割引について]
観覧済の有料チケットをご提示いただくと、 次回来館時に団体料金でご覧になれます。(本展観覧日から1年、1名様、1回限り有効)
■出品作家
荒木高子、遠藤利克、柏原えつとむ、河口龍夫、カン・アイラン、長沢明、西村陽平、福本浩子、三島喜美代、村岡三郎、八木一夫、吉増剛造、若林奮、渡辺英司(50音順)
■関連事業
*渡辺英司 「蝶瞰図」公開制作
11月27日(土)、28日(日)、12月4日(土)、5日(日)各回13:00~17:00 ギャラリーD (観覧無料)
※公開制作終了後は、そのまま作品を展示します。
*ギャラリー・トーク
12月12日、2011年1月9日、23日 各日曜日 各回午後2時~
自由参加。ロビーにお集まり下さい。
(当日の観覧券が必要です)
■問い合わせ
うらわ美術館
TEL048-827-3215
詳しくはこちら

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,