「美術」になった「石」〜水石の愉しみ〜(盆栽美術館)

大宮盆栽美術館では1/21より4回目の「美術コレクション」展が始まりました。本展では中世期に中国との貿易から我が国に伝えられた観賞用の石「水石(すいせき)」を特集します。
今や”棚や床の間”などに置かれたりして一般的に広く親しまれるようになった、魅力ある「水石」の所蔵品26点を出品するほか、大熊館長自らの「特別講座」や3回に渡る「ギャラリートーク」を実施しますので、こちらに参加すれば水石の愉しみ方をより解することができます。

bonbimizuishi
◎幾億年もの時を重ねて自然が作り上げた芸術品「水石」の世界に触れてみては!?
■展示期間
2011年1月21日(金)~3月15日(火)
■展示場所
大宮盆栽美術館 企画展示室
■開館時間
1/21〜2/28:午前9時〜午後4時(入館は午後3時半まで)
3/ 1〜3/15:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
■休館日
毎週木曜日
■観覧料
一般300円(200円)/高大生・65歳以上150円(100円)/小中学生100円(50円)※()内は20名以上の団体料金
■アクセス
JR宇都宮線「土呂駅」より徒歩5分
または東武野田線「大宮公園駅」より徒歩10分
■駐車場
あり(一般39台、大型3台、身障者2台)
■出品リスト
PDF参照
■その他
*特別講座「観賞石の歴史と美」講師:大熊敏之(大宮盆栽美術館)
*コレクション展ギャラリートーク1/30(日)、2/16(水)、3/13(日)13:30〜
■問い合わせ先
同館まで
TEL.048-780-2091
詳しくは公式HP

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,