「第8回緑区区民まつり」緑の広場に集まろう♪

今週土曜日(10/30)に「緑区区民まつり」が開かれます。毎年ゴールデンウィーク中に開催される「アグリフェスタ」の会場としてもおなじみの”緑の広場”は、芝生が辺り一面に敷き詰められた心地の良い所です。
“ふれあい”をテーマに、模擬店出店や各種イベントが行われ、市民の憩いの空間として集われます。
kuminmaturi1
kuminmaturi2
■日時
平成22年10月30日(土)10時~15時
■会場
緑の広場(さいたま市農業者トレーニングセンター
大崎公園の隣にあります
■内容
ステージイベント(市民ステージ、緑区の花・木・鳥発表、「見沼たんぼ」歌謡ショー)、展示イベント、物産・物品販売、豚汁・芋煮無料提供、体験コーナー(パトカー・白バイ・地震体験・はしご車体験・煙体験・AED訓練)、クリーンセンター大崎見学、遊びの広場、体力測定、小大蛇引き回し、ミニSL、バルーンドームなど
kuminmaturi3
■無料巡回バス
東浦和駅往復、市立病院往復の2路線
■主催
緑区区民まつり実行委員会事務局(緑区コミュニティ課)
TEL048-712-1130
■問い合わせ
さいたまコールセンター
048-835-3156(8:00〜21:00※年中無休)
詳しくはこちら

Twitterはじめて一年がたちました。

2009年10月15日に @SaitamaCVB というツイッターアカウントを取得、約2ヶ月試験的にブログの新着情報を流しはじめてました。

twitter

本格的に使いだしたのは、12月10日の十日市からで、氷川神社の深夜の様子をツイート、ツイキャスしはじめてみました。すると、超人気ブログとして知られる「ネタフル」の運営、また「ツイッター 140文字が世界を変える」の著者(いしたにまさき さんと共著)でもある浦和在住の @kogure さんに拾っていただいて、一気に広がりはじめました。
フォロワーさんが次第に増えはじめ、本当にころがるように、何かが動きはじめた感じがしました。(実は上記の本を読んだのがTwitterはじめるきっかけでした。)
続きを読む Twitterはじめて一年がたちました。

さいたま市ウォーカー10-11年版を発行しました!

社団法人さいたま観光コンベンションビューローでは、人気のエリア情報誌『ウォーカー』を冠した無料配布の観光ガイドブック『さいたま市ウォ ーカー』を、昨年に引き続き発行しました。
1-1
続きを読む さいたま市ウォーカー10-11年版を発行しました!

「見沼通船堀」閘門開閉実演のお知らせ

8/25(水)は我が国で最初の”閘門式運河”で、国指定史跡に指定されている「見沼通船堀」閘門開閉の実演が行われます。
tusenborijituen
江戸時代中期に「享保の改革」の一環事業(新田開発)として見沼においても干拓され、東西に代用水が敷かれるとともに、その間を流れる芝川とを結ぶ運河(=見沼通船堀)も開削されました。
見沼通船堀は大正末頃まで江戸との物資運搬用として使われていましたが、昭和6年に廃止され、関(閘門)があった場所には往時をしのばせる木切れが今も残っています。
080827_tusenbori_urawa 005
◎当日の実演では「一の関」と「二の関」の間に船を浮かべたままの状況で、通船堀東縁の「一の関」を開け閉めし、実際に水位が変わっていく様子をご覧いただきます。
■期日
平成22年8月25日(水)
※雨天及び渇水等により中止になる場合がありますので、事前にさいたまコールセンターまたは文化財保護課にご確認ください。
■実演時間
1回目/10時~(約90分)
2回目/13時~(約90分)
■会場
見沼通船堀東縁・一の関~二の関間
■アクセス
JR武蔵野線 東浦和駅から東へ徒歩約15分※駐車場はありません
■問合せ
さいたまコールセンター(受付時間:8時〜21時※年中無休)
TEL:048-835-3156
さいたま市教育委員会文化財保護課 TEL:048-829-1723(直通)
見沼通船堀についてはこちら

咲いたまつり図柄の宝くじが発売されます!

第2174回関東・中部・東北自治宝くじの図柄に、本年10月9日・10日に開催する「咲いたまつり2010」 の図柄が掲載されています。宝くじの発売による収益金は、少子高齢化対策などの事業に役立てられています。 ぜひこの機会にお買い求めください!

kuji

■発売期間
平成22年9月1日(水)~平成22年9月7日(火)
■発売場所
関東(東京都除く)、中部、東北、北海道の宝くじ売場
■抽せん日
平成22年9月9日(木)
■単価
100円
■当せん金
1等777万円(2本)ほか

詳しくはこちら(さいたま市公式WEBサイト)