さいたま市にだって野菜直売はある。

CIMG2247.JPG
さいたま市産大根を食おう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どーも。まつです。
こっちのブログにも書きましたが、先月、自転車に乗っていて交通事故に遭いました。
幸い超人的肉体のボクは無事でしたが
ボクの相棒である自転車が大破してしまいました。
普段からどこに行くにも自転車のボクは、
そんなわけで徒歩の日々です。
機動力もないので、このブログも本格始動できずにいるのです。

そんなある日の昼下がり、自宅のある武蔵浦和から大宮方面に
2時間かけて歩いていた時のこと。
CIMG2248.JPG
滅多に通らない道に迷い込んだ。

まぁ特に説明のしようがないほど
至って普通の閑静な住宅街の一角ですね。
場所はJR南与野駅付近です。

そしてその道を進んだ先にあったものとは…!!

CIMG2245.JPG
タイヤの空気の抜け具合が哀愁を誘う。

だ・い・こ・ん

なーんだ、と思った方いませんか。
確かに地方に行けば今も野菜の直売があったりしますが、
人口が日本中から流入し、マンションがドッカドッカ建っているさいたま市には
今やもうこんな光景はありません(たぶん)。
少なくとも25年間さいたま市に生きてきて、
ボクの記憶の中にもこのような光景はありません(きっと)。

荷台に無造作に乗っけられた6本の大根。
お金を入れる赤い貯金箱。
お持ち帰り用に新聞紙と紙袋という気遣い。
そして「小さい大根」と農家の謙虚さが可愛いではないか。

CIMG2247.JPG
十分でかいよ!
果たして市場や小売店が介入しない農家直売は安いのか。
普段スーパーで大根を買う機会のないボクに取っては
2本100円という価格設定がどういうものかは分からないので、
新聞の折込チラシに入っていた近所の八百屋、丸山青果と比べてみました。
するとそこには、

080220_1900?0001.jpg
西友とヨーカドーのチラシには大根は載ってなかった。

春大根1本98円。

果たして春大根と、フツーの大根がどう違うのかは
野菜オンチのボクに取ってはサッパリなわけなんですが
単純に考えてみても
八百屋で買うと2倍高いという研究結果が出たわけでございますよ。

という訳で、さいたま市にも野菜直売はあるぞ、というアピールでした。
買って帰って何か料理に使い、農家の方に「あなたの大根はこんなんなったよ!」
と突撃訪問すれば面白い絵にになったのでしょうが、
残念ながらボクは先を急いでいたので、素早く写真だけ撮って立ち去ったのです。

↓アバウトな場所

大きな地図で見る
まつブログ
Alone/But Never Alone

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,