大宮盆栽調査隊レポート(7)ヨーロッパ編

今日からドイツに入りました!
電車でアムステルダムからデュッセルドルフへ約2時間半の移動でした。


真夏のような日差し。暑い~

JETROデュッセルドルフでドイツ国内の経済概況や、盆栽への親しみ度合いなどをヒアリングさせていただきました。
デュッセルドルフは大変日本人も多く住んでいる街で、人口60万人のうち、6千人が日本人だそうです。そんな事情から大変日本への親しみも高く、街中にもかなり日本食なども多いとか。しかも人気ラーメン店などでは、ドイツの方も並ぶほど人気の店もあるとか。

ドイツでの盆栽も盛んで、愛好家クラブも多く、3000人くらいいるそうです。また、盆栽関連企業も100社くらいあるとか!かなり盛んなようです。
さらに旧東ドイツのドレスデンなどでも古くからアジアの文化を取り入れている中で、盆栽もあるとか。
若い世代にはやはりマンガ、アニメから日本に興味を持って日本語を勉強する方も多いとのことです。


立ち寄った駅ナカの本屋さんで目にした日本マンガコーナー すごい品ぞろえ!

ドイツの方は、自然を大事にするという意識が強いそうで、家族で公園の散歩など、普段から親しみを持って接しているので、庭づくりの園芸などを通して盆栽も受け入れ易いそうです。

そして、今回の大きな目的の一つ、Europian Bonsai Conventionが開催されるRatingenという街に移動。
明日からのコンベンションの準備が着々と進められていました!


かなり充実していそう!楽しみです!

今日のおまけ
会場が割と郊外のため、周りに何もありません(>_<) そこでマクドナルドに入ったのですが、何とビールが!さすがビール大国ドイツ!

今日はここまで!また明日~!

Posted from するぷろ for iPhone.

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,