大宮盆栽海外展開プロジェクト2012冬(1) #omiyabonsai

大宮盆栽、ついにルーブルへ!

12月4日付の読売新聞社会面に掲載いただいた「大宮BONSAI ルーブルへ」の記事をご覧いただいた方も多いかと思います。

12月5日から、パリ ルーブル美術館別館にて2年に一度開催されている「CARROUSEL DES METIERS D’ART ET DE CREATION」に大宮盆栽ブースを出展しています。

今日は初日を迎え、大勢の来場者があり、大宮盆栽ブースも大変好評をいただきました!

ブースはそれほど装飾のない、シンプルなブースです。

開場10分前には入場待ちの列も!


開場すると多くのお客様がありました。
パンフレットも好評で手に取る方も多く、盆栽にかなり興味があるようです。

大宮盆栽村 蔓青園 平尾氏によるデモンストレーション

小さなお子さんまで興味深々。

会場はルーブル美術館の地下、ショッピングセンターに隣接する展示会場です。

フランス工芸品組合の展示会なのですが、今回は招待国として日本が選ばれています。
かなり大きな展示会で、本当に様々な工芸品が展示されています。

出展ブースの一覧ボード。こんなに出展者が!

“OMIYA BONSAI”も、ちゃんと載ってます!

初日は、和太鼓や書道のパフォーマンスもありました。

剪定をした枝を欲しがる人も続出でした(笑)

枝はブースのサインにも刺してみました(笑)

ということで、今日から12月9日まで、大宮盆栽のピーアールを続けます!パリは盆栽に対する認知度の高さ、反応の良さをすごく感じます。いろいろ障壁もありましたが、何とか展示することが出来て、良かったなと思います。引き続き、大宮、さいたま市の良いアピールが出来るようがんばります!

おまけ
パリは地下鉄でいくつかのフリーペーパーが良く配られていて、かなり多くの市民の方が日常的に読んでいるそうです。
今回の展示会の記事も4ページに渡って掲載されていますが、日本ブース紹介のところに盆栽の写真まで掲載してくれました!これはかなり効果大きいですね!

Posted from するぷろ for iPhone.

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,