江戸端唄を楽しんでみませんか?

江戸中期から末期にかけて、江戸市中で流行した江戸端唄
生き生きとして軽快な構成は、江戸町民の生活感情に合い、「粋」や「いなせ」にこだわった江戸っ子に広く愛唱されていたそうです。

そんな江戸の情緒を感じられる催しが開催されます。
端唄や舞踊に落語など、新春に相応しい内容が目白押しです。
洗練された  “江戸の粋”、感じてみてはいかがでしょう?

120930hautano-yube05

【新春の賑わい端唄の夕べ「第43回江戸の粋”端唄”お座敷唄と踊り落語を楽しむ集い」】

■日時 平成26年2月23日(日)午後3時〜

■会場
大谷場氷川神社 和室
(さいたま市南区南本町1−9−1)
※JR南浦和駅西口より徒歩2分

■プログラム
1 端唄俗曲
2 舞踊
3 落語「火焰太鼓」(出演:三遊亭圓輔
4 合唱体験「梅は咲いたか」
5 粋人達の「天狗道場」
6 新春呈茶のおもてなし

■会費 4500円(ワンドリンク付き)
(当日券は5000円)

■一般参加プログラム
「天狗道場」では、皆さん自慢の持ち芸を披露していただけます。
料金:1床3000円
申込締切:2月17日(月)

■申込み・問合せ
端唄・青柳流本部
さいたま市南区曲本2−1−8−102
電話:090−7280−2281
FAX:048−861−0442

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,