明日から上映が始まります!「たまえのスーパーはらわた」 映画の舞台はさいたま市!!

さあ、「たまえのスーパーはらわた」の封切りが、いよいよ明日(10/20(土))に迫ってきました。

こちらの映画ですが、これらの小道具や以下のシーンを見てお分かりのとおり、登場人物の首が次から次へとちょんぱちょんぱされてしまう、非常にスプラッターな作品となって・・・


いえいえいえ ヾノ・`ω・)ネーヮ

「たまえのスーパーはらわた」は、ひょんなことから市のPR映像の撮影を行うことになった主人公が、ホラー映画仕立てのビデオ制作を企てるという青春コメディ映画です。

観終わった後になんとも言えない温かい気持ちになる、上田監督らしいストーリーとなっています。




撮影に至った経緯や上映される映画館の情報などは、新聞などのメディアでたくさん取り上げられていますので、そちらにお任せすることにして、ここからは撮影時のことを少し。

ご存知方も多いかもしれませんが、この映画、全編さいたま市内で撮影が行われています。

撮影は今年の1月から2月にかけて行われました。

たしか、大雪が降ったすぐ後だったんですよね。
とても寒かったのを覚えています。

撮影現場は終始なごやかな雰囲気でしたが、「もう小さじ1杯分の感情を込めてください」など、監督から非常に高い要望が出されていました。

そして、その要望に応えてしまう出演者やスタッフの方々。


↓こちらは表情に対してとても細かな要望が出された場面で、監督自ら演技指導を行っていました。
さすがに8回まではいかなかったと思いますが、何テイクも行われていたように記憶しています。

どのシーンなのかは映画を観てのお楽しみです♪(´ε` )

また、撮影現場では、次々と新しいアイデアが出ていました。
こちらは監督が即興で作った盆栽ソング&盆栽ダンスをお披露目しているところです。

カメラは止まっていたような気がするので、残念ながら本編では流れないと思いますが・・・

そして現場に広まっていく盆栽ダンス。

しかも、なぜに2人揃ってカメラ目線っΣ(゚ω゚;)アリャ

出演者の方のクランクアップの際も、みんなで踊ります。

「ボン、ボン、ボンサイ〜♪」

さあ、ザッと撮影風景を見てきましたが・・・
映画好きが集まり、クリエイティブな現場で、楽しんで作られた作品が面白くないわけがないっ( ー`дー´)キリッ

ということで、みなさん、ぜひ映画館へ足をお運びください。

再編集が行われたと伺っていますので、沖縄映画祭やLOFT9で観られた方も、ぜひもう1度!

また、同時上映される、上田監督の奥さまである ふくだみゆき監督の撮られた「耳かきランデブー」も「たまえのスーパーはらわた」同様、心がほっこりするお話です。

2つの作品を観て、Wほっこりしちゃいましょう。

■「たまはら」公式ホームページはこちら
■「耳ラン」の公式ホームページはこちら


映画を見終わったあとに、さいたま市に行ってみたい!と、思うはずです!!

白石優愛 kiminiBB日記

たまちゃんっ( ´ ▽ ` )ノ

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

,