さいたま市の背中(124)『風疹の予防接種を受けてきました(さいたま市で)』


どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

一気に肌寒い季節になってきましたね。

そんな寒い時期の始まりの風物詩ともいえるのがインフルエンザ
ぼくは大人になってから一度も予防接種を受けたことはないです。
それでも幸運にもインフルエンザにかかったことはありません。
かからなかったのは単純に体調が良かったのもありますし、予防に努めていたからだと自己分析。
しかし今年は体調を崩しがちだったし、仕事も年末は忙しくて休むこともできないので、
念のためということで先日、大人になって初めての予防接種を受けてきました。

そして今年の秋、インフルの他に何かと話題になっている病気があります。

それは「風疹」

その症状は・・・感染経験があるらしいヌゥがさいたま市のサイトで以下のように言っています。

更に詳細は国立感染病研究所 風疹Q&Aでもご確認を。

その怖さの助長しているのは、妊婦に感染すると重大な後遺症の危険性があるとのこと。
そういうこともあり、少し前からニュースで盛んに取り上げられています。
ぼくも予防接種が必要な立場なので、非常に関心を持って予防接種を考えていました。

風疹は各自治体が様々な助成をしています。
当然さいたま市も市民に対して助成を行っています。

風疹の予防接種を受けるには、まずは無料の「抗体検査」と受ける必要があるとのこと。
流行に伴いワクチンが枯渇していて、まずは抗体検査で予防接種の要否を判断するのでしょうね。
・・・ということは後で分かったことです。

抗体検査を受けるには、様々な条件が必要になります。
一番悩んだのが、「(1)これまでに風しんの予防接種を受けたことがあるか?」の項目。
小学生の頃に学校で色々と注射を打たれたが、あれは風疹だったのか何なのか。
記録も記録もないから分からないのですね。

でも調べてみたら「2回目の予防接種も」なんてあるからしてもいいのだな。
よし、タダだしまずは抗体検査(採血)だけでもしてみよう。
結果、この判断が正しいと後で分かります。
ちなみに国立感染病研究所は「記憶は当てにならない」と厳しい口調で予防接種を勧めています。

さて後日、電話で予約をした抗体検査を実施している初めて行く内科医院へ。
身分証明書を見せ、さいたま市の「風疹抗体検査依頼書」に記入をします。
平日だったので待ち時間も大したことなく検温→採血まで30分程度で終了。
「1週間後に結果を聞きにきてください」と言われ撤退。
採血は看護師でしたが、結果は医師からの説明とのこと。

その1週間の間に、抗体の有無の判断基準について調べてみました。
詳しくはこちらに書いてありますが、結論からいうと「8」という数字が基準になるとのこと。
つまり8以下であれば免疫がないから予防接種を、ということ(らしい)。

1週間後、抗体検査をした医院へ再訪。
考えてみれば風邪とか体調を崩してから病院に行くことはありますが、
基本健康な状態で、それも1週間の待機期間の後に医師から結果を聞く経験は初めてです。
ほら、健康診断だって基本は紙ベースでの通知じゃないですか。
昔、HIVの検査をした時も結果は即日でしたし(ちなみに陰性)

だから少し緊張。

果たしてその緊張の結果は・・・!?

2!!

抗体、全然無ぇ~。

「早めに予防接種してくださいねぇ~」と医師に言われ終了。
あれ?今日してくれないの?
聞くと現在ワクチンが枯渇していて入荷していないとのこと。

そうなのです。
風疹が流行していること、また子供など必要な人に優先的に配備されるため、
ぼくみたいな成人向けにはワクチンはなかなか出回らないそうなのです。

帰宅後、ダメもとで近所のかかりつけ医院に電話してみました。
そしたらやはり「今はないんですよー」という回答。
しかし「問屋にあるか確認してみますよ!」と頼もしい申し入れ。
すぐに折り返しがあり、「ありました!」とのこと。
もちろん入荷を依頼し、後日の接種を予約をしました。

後日、ぼくが予防接種をしたのは「MRワクチン」というものです。
これは風疹の単独ワクチンではなく、麻疹にも効果がある混合ワクチンとのこと。
聞くところによると著しく枯渇しているのは単独ワクチンのようです。
もちろん混合ワクチンでもあろうとも風疹予防には効果があるとのこと(参照先
ただし単独ワクチンよりはお値段は高いです。

紆余曲折ありましたが、インフルエンザと風疹(ついでに麻疹も)の予防接種を行った秋でした。
ちなみに先日、献血にも行ったので、針を多く打った秋でもあります。

これで予防対策はバッチリですが、健康について深く考えた数週間でした。
また「正しい」医療情報の入手の難しさも感じましたね。
「『MRワクチン』ってなんやねん!」て何回も調べましたからね。

風疹の流行はまだまだ深刻なようです。
これから更に寒くなり、風邪・インフルにも注意が必要でしょう。
みんなも適切に健康管理して、大切な人を守り、楽しい秋冬を過ごそうぜ!

おしまい。

(参考リンク)
さいたま市「風しん」情報
厚生労働省「風しんについて」
国立感染病研究所「風疹」

【まつ直近記事3本】
(121)『在住35年、初めて与野夏祭りに行ってきた』
(122)『東京オリンピックのボランティアに応募するか迷っています』
(123)『さいたま市名物、豆腐ラーメンのカップ麺を食べてみた!』

Print Friendly, PDF & Email
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る