さいたま市の背中(161)『北海道グルメの自販機を西浦和に見つけた!』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

自販機大国、日本。飲料の自販機が大半だと思いますが、時々ユニークな自販機があります。お菓子やパンなどは序の口として、最近だと有名メーカーの冷凍食品の自販機なども増えているみたいですね。

天気の良い休日の午前のこと、僕の実家のある、さいたま市一のローカル駅であるJR武蔵野線の西浦和駅(桜区)周辺を散歩していました。
*以前までは西浦和駅のことを「過疎駅」と命名してましたが、それだと自虐が過ぎるので、今回から「ローカル駅」に改めます。



遠くに不思議な自販機を発見。



全体的に青色の自販機だったので、最初はアサヒかサントリーの自販機かなって思ったんですよ。しかし何かが違う。

なまらうまい!



北海道グルメの自販機のようでした。

しかしなぜ、さいたま市一のローカル駅である西浦和に?実際には駅前ではなく、徒歩数分ほど離れた道路脇にポツーンと設置されていました。

商品ラインナップはこんな感じ。量や大きさは分からないけど、価格としては「高い!」と感じるような値段ではないと思いました。深夜の家飲みの最中に、ふと「旨いツマミが食べたい!」と思った時には重宝するかも?



特に下段にある「ほたて」や「いわし」とかは、写真通りの量であるなら結構お得なんじゃないかなぁと思いました。こうやって後々写真を見ると美味しそうね。

「え、ここまで紹介しておいて買ってないの?」と思われるかも知れませんが、はい買ってません。

近々北海道に行く予定があったので、なにもわざわざ自販機で買わなくても良いかなぁと思い、観察だけした次第です。とはいえ、公私で頻繁に行く北海道好きとしては、やはり気になる自販機ではあります。



そもそもさいたま市にはどさんこプラザという、北海道公式の最強なアンテナショップがさいたま新都心にあります。とはいえ、24時間365日稼働するこの自販機も、常に買いに行けるという点ではそれはそれで最強なのではないでしょうか。



テレビで紹介されたことがあるようですね。ググってみたところ、2021年6月放送とのことなので、それなりに最近のようです。有名な番組なので、「観た!」という方も多いのではないでしょうか。

こんなユニークな自販機を企画したのはどこの誰なのか!?これまたググってみたんですが、僕のリサーチ能力が無いからか分かりませんでした。設置者?販売者?管理者?らしき情報は出て来たのですが。
*上の画像には「管理者」が記載されたシールが貼付されていましたが、ググったら設置してあるビルのオーナーが出て来たので、多分なんか違うナァと思い、念のためボカシを入れました。

でも調べて分かったのは、設置場所はかなり限られるということ、そして台数もかなり少ないということ。調べた限りでは、他には同じく埼玉県内で近隣の川口市に有るようです。テレビに取り上げられたのも川口の方らしい。しかも商品構成も少し違う、らしい。さいたま市内に他に設置されているかどうかは・・・謎です!

行ってみたい!買ってみたい!食べてみたい!と思った貴方。やはり競争の激しい自販機事業ですから、撤去の可能性も十分有ると思うので、今のうちに行ってみることを強くお勧めします!僕が最後に確認したのは2021年11月23日です。下に地図載せておきます。ピン留めしたビルの前です。



北海道グルメをさいたま市で堪能したいという人は、「北海道お取り寄せグルメ」の自販機で楽しんでみようぜ!

おしまい。

【まつ直近記事3本】
(158)『一度は食べたい名店の味、狼煙 豚骨魚介カレーまぜそば、のインスタント麺!』
(159)『東京盛っていうから東京の地酒だと思ったらさいたま市の地酒だった!』
(160)『(勝手に祝福)さいたま市誕生20周年お祝いメッセージ』

さいたま市の背中(155)『行き付けの公園に鉄棒の設置をお願いしてみた結果』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

皆さん、運動はお好きですか?
コロナ禍でなかなか運動も縁遠くなったという方もいるでしょう。ぼくは初対面の人には「何かやってんの?」って聞かれるくらい自他共に求める健康体です。
実際には何か特定のスポーツをしたりジムに行ったりしているわけではなく、近所や旅先でマラソンやウォーキングをしたり、自宅で筋トレをしたり、など出費ゼロ円の運動を長年続けています。

そんなぼくのマラソンコースにさいたま市桜区に位置する「田島氷川公園」があります。
住宅街の中に神社に延びる参道がある、なかなか存在感のある神社です。



「氷川」の名前の通り、関東を代表する超有名神社である氷川神社と関連があると思われますが、今回のネタはその神社に隣接している公園の方。



よく言えば手付かずの、悪く言えばワイルドな公園です。でも公園内の池には亀がいたり、猫が住み着いていたり、自然豊かな公園です。子供の頃は夏祭りなんかも催されていた記憶があります。
大宮公園や与野公園のようなメジャー公園と違って、公的なホームページ等は無いみたいなので、場所が気になる人はググってみてね。ちなみに最寄り駅は埼京線の中浦和駅か、武蔵野線の西浦和駅になります。いずれの駅からも徒歩15分くらい。



そんな公園の一角にこんな遊具コーナーがありまして、ぼくのマラソンコースの途中でここで筋トレをするのがお決まりのパターンです。



特にぼくは懸垂が大好きでして、かといって自衛隊員のように何十回もやったり、新体操選手のようにグルグル回ったりできるわけではないのですが、懸垂って腕だけと思いきや上半身全体を鍛えてくれるので楽しいのですよ。
で、ここでそんなことを言っているということは、当然この公園に懸垂ができる鉄棒があったわけです。

ある時までは!



確かにここにあったのです!
しかしある時に跡形もなく無くなっていたのです。

盗まれたか?いや遊具泥棒なんて聞いたことないしなぁ。一時的なリニューアルか?そんなことも考えて数か月待ってみたけど、一向に設置される気配がない。どこ行った、鉄棒よ!



辺りを見渡すと、掲示板に「維持管理者」のステッカーが。ここに聞いてみれば良いのだな。しかし小心者のぼくは直接電話をして聞く勇気がありませんでした。ほら、ケータイ世代の新入社員が会社の代表電話の取り方を知らん!って時々話題になるじゃないですか。さすがにぼくはその世代ではないですが、それでも電話ってあまり好きじゃないのです。
そんな現代っ子のために、さいたま市のホームページにはメールでの問い合わせ窓口があるんですね。まぁどこの自治体にもあるとは思いますけども。ここで質問してやんよ!オレの鉄棒をどこにやったんよ!?



と、ネット世代っぽくイキがってはいますが、実際には大人として、社会人として丁寧に問い合わせをしましたので念のため。

市役所も医療だ福祉だなどとお忙しいのに、「鉄棒」というどうしようもない問い合わせをして黙殺されるだろうなぁと予想していました。

しかし!数日後に返信が来たのです!市から返信が!

================
平素は本市の高齢福祉行政に御理解御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
また、いつも本市のすこやか遊具をご利用いただきましてありがとうございます。
ホームページよりお問合せいただきましたことについて、御回答いたします。 
さいたま市に配置しているすこやか遊具については、毎年定期点検を行っております。田島氷川公園の鉄棒遊具(名称:鉄棒・上肢をのばす運動)は、平成27年度に行った点検の結果、“危険のため使用禁止”と判定されました。このため利用者の安全確保のためにやむを得ず、撤去することとしたものです。撤去した減少分については、今後、再整備する方向で検討したいと考えております。 
この度いただきました御意見につきましては、今後の事業推進の参考にさせていただきます。
================

結論!危険のため使用禁止!

まぁ・・・色々あるんでしょうね。高さも大人がぶら下がっても脚が地に着かないくらいありますし。思い返してみれば、懸垂ができる鉄棒はさいたま市内にあまり設置されていない気がします。
ちなみに今回は鉄棒についてだけ触れたけど、本来は更に2、3の遊具があり、それらも撤去されていたことを付け加えておきます。

地味に感動したのは、一市民の「鉄棒どうしたのよ!」というしょーもない問い合わせに市の担当部署が丁寧に回答をしてくれたこと
そして「鉄棒」という名詞を、「鉄棒・上肢をのばす運動」と訂正してくるあたりが市役所職員の仕事への誠意を感じさせますね。



そんなわけで、鉄棒が撤去された理由が明確になったわけです。なお市役所からの返信文に記載されている通り、この記事の一部始終は約6年前の出来事です。ブログにまとめるタイミングがなくお蔵入りになっていました。この記事の作成にあたり、久々にこの公園を訪れてみましたが、鉄棒は未だに設置されていませんでした。

あれから6年、ぼくは市内で引っ越しをして、新たなマラソンコースを開拓し、懸垂のできる遊具がある新たな公園も見付け、日々トレーニングに励んでいます。

みんなも運動をして健康になろうぜ!

おしまい。

【まつ直近記事3本】
(152)『3月11日の素晴らしきコンサート@埼玉会館』
(153)『渋谷区からさいたま市まで歩いて帰る(震災シュミュレーション)
(154)『埼玉県民のソウルフード、山田うどんでうどん以外を食す』

さいたま市の背中(154)『埼玉県民のソウルフード、山田うどんでうどん以外を食す』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

突然ですが、山田うどんってご存じですか?


近年は様々なメディアでご当地グルメとかご当地チェーン店が特集されたりしますが、埼玉のご当地チェーンといえば「山田うどん」と多くの人が名前を挙げるのではないかと思います。。

出店エリアは全て関東地方。そしてそのうちの半数以上が埼玉県内に店舗があります。

ホームページの店舗情報を見てみても、関東地方の出店マップの下に・・・




埼玉県だけの出店マップを作ってしまうくらい、埼玉県民密着型のチェーン店なのです。なお、さいたま市内には2021年現在は9店舗あります。

今でこそ「丸亀製麺」や「はなまるうどん」などのナショナルチェーンが至る所にありますが、埼玉県民にとってはうどんといえば「山田うどん」なのです!

と、ここまで持ち上げておいて何ですが、ぼく個人的には山田うどんには生涯で一度しか行ったことがありません。存在自体は幼い頃から知っていたので店舗前を通過したのは何千回、何万回とあるんですけどね。

10年以上前に一度だけお試しで行ったことがあります。で、感想としては「普通だな」。それが最後の記憶です。

「ソウルフードあるある」。それは結構「普通」ということ。でもその「普通」というのが飽きずに愛される理由なのでしょう。

ある日の昼前、お昼ご飯は何にしようかなと思案していました。そして決めました。「人生2回目の山田うどんに行こう」。そうやって大袈裟に人生を持ち出したにも関わらず、結論から言うとやっぱり「普通」でした。



向かったのはさいたま市桜区にある「山田うどん田島店」。山田うどんは運送ドライバーなどに「美味い安い早い」を提供するためにロードサイド店舗が中心となっていて、駐車場が広く取られていることが特徴です。そして遠くからでも目を引くのが黄色い看板。そしてブランドキャラクターの「かかし」。



お店に入り、カウンターに座ります。入った瞬間「昭和か!」って感じました。ソファーや座敷などの全体的な色落ち間が(褒めてます)。昭和生まれのぼくも、両親に外食に連れていってもらっていた古き良き懐かしき子供時代にタイムスリップした気がしました。

周りを見ると、確かにドライバー風の男性一人客が多い。でもその他にも親子、老夫婦、サラリーマン、平日の昼間に何してんの?風(←自分含む)、など客層は意外と幅広かったです。しかし全体的には平均年齢は高め。



メニューを開き、心の中で叫んだセリフ。

ラーメン、チャーハン、カレー、、、

うどんじゃないじゃん!!!

これには完全に予想を裏切られたぞ。「山田うどん」っていうくらいだからうどん専門かと思っていたけど意表を突かれました。なんだー、こんなにメニュー豊富ならもっと早く来ておけばよかったなー(実はぼくはうどん好きではない)。


出ました、埼玉推し。ガッツリ、コッテリ!これぞガテン系メシだ!しかし土日祝限定とのこと。訪問した日は平日だったので検討範囲外でした。



平日限定の日替わりセットも種類豊富。よしこれにしよう。ガッツリ系だけど、そのために朝ご飯も少なくしてきたのだ!



運ばれてきました。牛卵とじ丼に温かい蕎麦。

繰り返す。

うどんじゃないじゃん!!!

山田うどんはうどん好きじゃなくても楽しめる、

なぜか。

それは、



うどんはうどんでも「山田うどん食堂」だからさ!

調べてみると、うどん以外のメニューもあるよ!というメニューの多彩さ、食堂っぽさをアピールして2018年に屋号を変更したとのこと。なるほど!それでもでも「うどん」のワードを外さなかったのはこだわりか。

そして注文したこのメニュー。普通はメイン料理に対して「ミニそば」とか「ミニ丼」とかってなるじゃないですか。これはどちらも一人前、ドーン!ドーン!と丼が二つです。

もうね、深夜に今改めて画像を見てますけど、これが飯テロってやつなんだな。また明日にでも行きたい。日替わりセットを全て制覇したい。

ただね、これだけは言っておきます。

味は普通です。でもその普通が良い。それが分かるようになるのに30年以上の歳月が必要でした。だからこそ客層の平均年齢が高いのかも。

再訪は近いでしょう。

みんなも関東地方、特に埼玉県、さいたま市に来た時は山田うどん食堂に行ってみようぜ!

おしまい。



地味に嬉しい無料の漬物。牛丼屋の紅ショウガ的な立ち位置か。

(参考リンク)
山田うどん食堂

【まつ直近記事3本】
(151)『さいたま市の図書館が全館休館しているから、さいたま市の図書館の凄さと書評を語ります』
(152)『3月11日の素晴らしきコンサート@埼玉会館』
(153)『渋谷区からさいたま市まで歩いて帰る(震災シュミュレーション)

さいたま市の背中(144)『カステラの文明堂:工場が浦和にあった衝撃』

カステラは一番・・・
電話は二番・・・
三時のおやつは・・・

文明堂!

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

カステラのメーカーで知られる文明堂。
もう一つ文明堂で有名なのは、上記の可愛いぬいぐるみがコミカルに踊るCMではないでしょうか。
最近はテレビで観る機会がなくなりましたが、ぼくが少年だった90年代はしょっちゅうテレビで放送されていた記憶があります。
しかし!今回ブログ記事を作成するにあたり調べたのですが、このCMが放送されていたのは関東のみとのこと(ウィキペディアより)


全国区だと思っていたから取り上げたのに地方CMだったとは・・全国民に通じないではないか。なんてこったい!
関西では知らない人のいない関西電気保安協会のCMが関東人には知られていないようなものか。
まぁ関東には文明堂のそういうCMがあった、という認識でよろしくお願いします。

ついでに調べて行くうちに知ったもう一つの衝撃が、長年ずっとネコだと思っていた冒頭のマスコットが、実はクマだったという事実。。



うーん・・・クマ?
はい、関東ローカルネタはこれにて終了。

カステラといえば長崎銘菓。
ではなぜさいたま市のブログで取り上げるのか。
話は仕事帰りに東京都の上野駅にある土産物屋に立ち寄った時に飛びます。

コロナ禍でお客は少な目でした。


上野といえばパンダやね。



文明堂コーナーが堂々鎮座。


あら可愛い



一個くらい自分用のお土産に買ってみるかな。
東京で長崎銘菓を買うなんて面白いねぇ。
そんなことを考えながら商品を手に取ると・・・


工場がさいたま市だったあぁぁァァァ!!
え?え?長崎銘菓がさいたま市で製造しているってどういうこと?
さいたま市で作られたものを東京で買うもんかい!
ぼくは商品をそっと棚に戻したのであった。

帰宅して調べてみると、工場に併設している売店があるとのこと。
その名は「さいたまおあぞら工房」。
他が「〇〇売店」としている中、明らかにランクが違うネーミング。


カステラの工場・売店ってどんなんかしら。
自転車を飛ばして行ってみたよ!


文明堂さいたまあおぞら工房、でけぇぇ!かっこえぇぇ!
約半世紀の歴史があるとのことですが、昨年7月にリニュアルオープンしたしたとのこと。そりゃ綺麗だわ!


駐車場もでけぇぇ!


なお裏は「あおぞら工房」の名前の通り広大な青空の広がる田園地帯。
これでも首都圏に含まれる埼玉県の県庁所在地ですぜ。


文明堂仕様の自動販売機。
ブランディングは完璧だ!
しかも驚くべきことに缶類は全て100円でした!
なんて良心的なの!?


お洒落な空間もあるよ!


そして入口にはマスクをしているネコ、いやクマ。
なお真夏のコロナ禍だったこの日は気温35度くらいありました。


店内はカステラだけじゃなく多種多様な商品が。
文明堂ってカステラだけじゃなかったんですねぇ!
初めて知りました。

なお時間帯によっては製造工程が見れるエリアもあるようです。


どら焼き!


せんべい!


かりんとう!


アイスキャンデー!


チーズケーキ!

それ以外にもフィナンシェやプリンなんかもあったよ。
詳しい商品説明はホームページをチェックしてね!

そして工場といえばアウトレット品、限定品ですよね。
ここにも期待を裏切らずそういったものが販売されていました!





そしてぼくが自宅用に買ったのはここで実際に製造しているこちら。

釜出しカステラ!
ネーミングからして美味そうじゃん?
写真撮る前に全部食べちゃったくらいだから笑

というわけで地元民のぼくさえ存在を知らなかった文明堂さいたまあおぞら工房についてお伝えしました。
せめてここで作られた商品をさいたま推奨土産品とかにしてくれていたら気付いたのかも知れないけど、そうしなかったのは文明堂の本社がさいたま市じゃないからかな。
似たようにメジャー食品メーカーがさいたま市に工場を置いている例としてはロッテ浦和工場がありますが、「コアラのマーチ」がさいたま推奨土産品になるのも無理があるからなぁ。それと同じ理屈なんでしょう。

最後にこのブログ記事を作成するにあたり、文明堂の歴史について少し調べてみました(にわか仕込みの知識なので間違っていたらごめんね!)
まずぼく自身は文明堂が長崎に本社がある会社で、全国にある各店舗・工場はその直系かと思っていましたが、それはある意味では不正解でした。
正確には歴史的に源流は長崎ですが、現在では文明堂の名を冠した別会社や暖簾分けをした会社が全国各地にあり、今回紹介をした浦和工場は株式会社文明堂東京が営業している拠点とのことです。カステラを取り扱っているという点では共通していますが、その他は各社でラインナップは異なるようです。
そういう意味では文明堂東京は東京の会社なので、長崎土産というよりは東京土産とも言えるから、冒頭で上野駅で土産物として売られていたのも理にかなっていたのかな?




そんな文明堂さいたまおあぞら工場にみんなも行ってみようぜ!

おしまい。

(参考リンク)
株式会社文明堂東京
文明堂総本店

【まつ直近記事3本】
(141)『テイクアウトしてみたぞおぉぉっ(もつ焼 大阪屋)』
(142)『新しい生活様式での映画鑑賞inさいたま市!』
(143)『どうせ縁がないと思っていたビアガーデンに営業時間外に行ってみたら希望の光が見えた@伊勢丹浦和店』

さいたま市の背中(140)『さくら草まつり中止を受けて日本酒を飲む』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

新型コロナウィルスの影響で外出の自粛やイベントの中止が相次いでいます。
ここさいたま市でもパルコやイオンなどといった大型の商業施設が休日を中心に臨時休業をしたり、イベントが中止になったりで多大な影響が出ています。

そんな中、さいたま市が世界に誇る一大イベントが例年であれば4月の中旬に行われるのですが、それもことごとく中止となってしまいました。

そのイベントとは「さくら草まつり」。

さいたま市の西部に位置する田島ケ原に自生する国の天然記念物であるサクラソウを愛でたり、それに関連する野外イベントなどが行われたりする大規模なイベントです。というか室内だけでなく野外イベントでもダメなのね。なんてこったい!

【開催中止】天然記念物指定100周年記念 さくら草まつり’20

田島ケ原への最寄り駅はJR武蔵野線の西浦和駅なのですが、ぼくは別名、「さいたま市で一番の秘境駅である西浦和駅が一年で一番混雑するイベント」なんて地元愛を込めて心の中で名付けていたりしています(なお西浦和駅の秘境具合は過去に記事にしていますので興味がありましたらご覧ください)。

さて、話を戻しますと、今年は田島のサクラソウが天然記念物に指定されて100周年という記念すべき節目だったのですね。100年前・・・1920年。その年に何があったか、パッと思い付きます?調べてみたところ、「大日本帝国が国際連盟に加入」とありました。大日本帝国って!そんな太古から咲き誇るサクラソウ、恐るべし。コロナに負けるな!サクラソウ!(1920年の出来事についてもっと知りたい人はWikipediaを読んでみよう!)

そんな100周年の節目を祝って、さくら草まつりの開催地と同じさいたま市桜区にある内木酒造から限定商品が発売されました。その名は「うらら」。

この「うらら」自体は普段から販売されているので、これは田島のサクラソウが国の天然記念物に指定されて100周年を祝って作成された限定ラベルという位置付けになるようですね。

こちらが通常の「うらら」。

限定ラベル品の購入先は北浦和のイオン。日本各地で地域密着で頑張っているイオンですが、近所のイオンには「埼玉県の地酒」コーナーなんかもあったりして、地元のお酒などを知る良い機会になります。

「ふくいくとした」。初めて聞く日本語でした。調べてみると、「よい香りがただよっているさま」。うーん、そのまま?なお漢字では「馥郁」。日本語って難しいね。みんなも機会があれば「ふくいく」を使ってみよう!使用例:今日のあたなはとてもふくいくですね!←使用後の責任は負いかねます。

肝心のお味ですが、非常に香り高く、飲みやすい。荒川水系で育ったからか、身体にとてもマッチする感じです。そう、それは埼玉の地下水と荒川の水と身体の水分が循環するかの如く。そんな意味不明なことを夢想してしまうくらい「ふくいく」な味でしたよ!

外出の自粛が当面続きそうですが、この機会に家で静かにお酒を飲んで過ごすのも悪くはないでしょう。飲みすぎには注意しつつ、来年のさくら草まつりを楽しみにしながら、この難局を乗り切ろうぜ!

おしまい

(参考リンク)
さくら草まつり(さいたま国際観光協会)
内木酒造

【まつ直近記事3本】
(137)『さいたま市に足りないのは地下鉄だ!』
(138)『湯けむり横丁おおみや!』
(139)『リニューアルした考楽!』