さいたま市の背中(134)『イオンに期日前投票に行ってきた話(埼玉県知事選挙)』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

8月25日に埼玉県知事選挙が実施されました。7月に行われた参議院選挙後初の大型地方選挙ということで大きな注目を浴びました。結果は皆さん既にご存じですね。上田前知事の路線を引き継ぐ大野元裕氏が当選を果たし、既に埼玉県知事として初登庁を終えています。

そんな埼玉県知事選挙。とにかく投票率が低いという汚名があるのです。以下は直近3回の投票率(引用:埼玉県知事選挙投票率の推移

低い!低すぎる!何なんだこの低投票率は!5人に1人しか行っていない計算になります。埼玉県人は忙しいからか?他県からの転入者が多いから県政に無関心?

じゃあ昔はどんなんだったのかな?と調べてみたら。

高い。今と全然違う。しかしこれぞ民主主義。一部の貴族や富裕層の為だけだった政治が市民の要求により広く開かれた歴史。うんうん、学校の授業で習ったぞ(違ってたらすみません)。

そんなわけで「知事選挙の時期が来たナァ」と思い始めた埼玉県民のわたくし。ある日の休日、新聞の折り込みチラシにこんなチラシが入っていました。

これチラシね、面白いなと思いましたよ。上手いなと思いましたよ。

埼玉県知事選挙には5名が立候補しましたが確かに有力候補と呼ばれていたのはチラシの2名でした。しかしご覧頂ければ分かるように、表向きは平等に扱っているんのですが、微妙に左の大野氏を推しているんですよね。そして極め付きは当チラシの広告主が不明なこと。探せば分かったのかも知れないけど、一見して分からなかった事実。果たして広告主は誰だったのかは永遠のナゾ。

そしてトドメは以下のセリフ。

確かに正しいことは言っています。政策などの比較は大事です。でもこの眼鏡は何なのさ。

まんま大野氏のトレードマークでもある「眼鏡」。ここにご本人の画像を載せるのは色々問題があると思うので、どんなんか気になる人は画像検索を見てみよう!

・・・いかがでしたか?眼鏡でしたよね?

そんな印象操作を仕掛けてくる広告の怖さに身震いすると同時に、凄い執念だなぁと感心した次第です。

さて埼玉県民の義務として、埼玉県をより良くすべく清き一票を投じなければなりません。

しかーし。わたし、8月25日は都合が悪かったんですよね。

さてどうしたものか。清き一票を放棄してしまうか。いやそれでは埼玉県に住む権利はない。ふむ、困ったぞ。そう思いながら用紙を裏返してみると。

期日前投票のお知らせが。ほう、確かにそんな方法があるとは聞いたことがある。ある、といのは実は期日前投票って行ったことないんですよね。

そして場所を確認してみると近所のイオンモール与野で実施しているとのこと。それなら買い物ついでに県民の投票権を行使することができるぞ。

そんなわけで土曜の昼下がりにやってきました!イオンモール与野!

期日前投票ってどんな感じか分からなかったし、しかも会場は公民館とか学校とかじゃなくてショッピングモール。行ってみるとメインの通路を丸々占領して大々的に投票所が設置されていました。

面白いなと思ったのが、さいたま市の各区ごとにブースが分かれていること。

まぁそこは大人の世界の事情なのでしょう。

そして我が区を探し出し投票へ。初めての期日前投票。投票用紙の裏に記入事項があるんですね。

ものの数分で期日前投票は完了。誰に投票したかは秘密だぜ!

投票所内は撮影禁止。でもショッピングモールの宿命か、上から丸見えだったんですよね。まぁ「引き」なのでセーフでしょう。ショッピングモールと投票所のコラボの雰囲気が伝われば幸いです。

さてそんなこんなで投票完了。あとはショッピングして帰りましたよ。期日前投票は期間は決まっているものの、いつでも気軽に行けるからとても利便性がよかった!それが初めての期日前投票の感想。

さて開票結果は冒頭で述べた通りですが、個人的に気になったのは投票率。果たして自分の貢献は投票率の向上に役に立ったのか。この流れでサラーっと告白しますが、前回の知事選は諸般の事情で行けなかったので・・・(すみません)

前回を上回った!いやぁ素直に嬉しかったですね。まぁ自分の一票だけで投票率に影響は与えないでしょうが、それでも不思議な充実感があります。実際に現在進行形で県政には非常に興味が持てていますし。

そうそう、一部で話題になったこのポスター。

はい、まんまと行かされました。このポスターも投票率の向上に一役買ったでしょうね(今更ですが『飛んで埼玉』、とても面白かったです!)

そんなわけで期日前投票に行ってきた一部始終。日本全国では日々各所で選挙が行われています。

みんなも選挙に行って清き一票を投じようぜ!

おしまい。

(参考リンク)
埼玉県庁ホームページ
ようこそ知事室へ

【まつ直近記事3本】
(131)「GWに気持ちだけ北海道に行ってきた」
(132)「さいたま市内の高地価エリアを巡ってみた」
(133)「新店訪問シリーズ:梅林堂浦和西堀店」

 

さいたま市の背中(133)『新店訪問シリーズ:梅林堂浦和西堀店』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

新聞の折り込みチラシを眺めていたらですね、こんなチラシを見付けました。

梅林堂浦和西堀店NEW OPEN

( ̄∇ ̄ノノ\パチパチパチ!!

梅林堂とは!

埼玉県は熊谷市に本店を構える!
元治元年(1864年)に創業!
こだわりの和菓子・洋菓子!

詳しくはオフィシャルウェブを見てくださいませ。
http://www.bairindo.co.jp/

個人的に特徴的かなと思うのは、店舗が圧倒的に埼玉県に集中していること。
他は群馬県に2店舗、東京都に1店舗あるのみ。

何が言いたいかっていうと、こういうのこそ真に地域を代表する銘菓なんじゃないかと。

こんな経験ありませんか?
旅先のお土産と思って買ったら実は地元でも買えたってオチ。
そんな経験を過去に記事にしたこともありました。
さいたま市の背中(99)『神戸土産を買ったら浦和でも買えた話』
あの悔しさは忘れもしません。まぁ自分の無知のせいだけど。

しかし梅林堂のお菓子を店舗で買えるのは埼玉県および近隣都県のみ!
まぁ実際には通販とかで買えますが。

そんな梅林堂、本拠地は埼玉県熊谷市ではありますが、さいたま市に新店が出来たってことで、
当ブログで取り上げるべく行ってきましたよ。



この看板、店舗外観・駐車場のレイアウト、鋭い人ならお気付きかも知れません。
そう、これはセブンイレブンの居抜き店舗なのです。

社会を賑わしているコンビニのマーケティング手法。
ここから自転車で5分以内の場所にセブンは4店舗くらいあるだろうか。
華々しい開店の裏には、閉店を決意した人がいることを忘れてはなりません!

そんな社会批評を加えつつ、店内に入ってみます。
入り口では応援の男性社員がお客を呼び込んでいます。
この日は猛暑日。熱中症には気を付けて頂きたい!


店舗内はこんな感じ。
こ、これは!お菓子のパラダイスや~。
どのお菓子も自己主張をしております。
はいはい、順々に見て行きますからね。


開店セール期間中の一押し商品はチラシにも載っていた塩豆大福。
日持ちはどれくらいかな?と思い確認すると本日限り!
フレッシュ!


梅林堂の看板商品は「やわらか生サブレ」。
そして期間限定のラグビーワールドカップ仕様。

そう!熊谷と言えば!梅林堂の街!ラグビーの街!
と、いうことで「一生に一度」なんて言われている日本でのラグビーワールドカップの開催。
梅林堂としても大きな大きなビジネスチャンスなのですね。
ラグビーワールドカップ
我が町さいたま市はサッカーの街なので関係ないですね、と念のためサーチしてみたら!

いやぁ流石さいたま市、食い込んできますねぇ(誉め言葉)

さてひとしきり脱線話で盛り上がりましたが、引き続き店内散策。

冷たいスイーツも

せんべいも

贈答向けも

なんでもござれ。
気合い入ってます!梅林堂浦和西堀店!

さてそんなこんなで私も買って帰ってきましたよ。

厳選しました。
まぁ自分用ですからね。
繰り返しますが大福の賞味期限は今日!(残りの1個は明朝食べるけどね)

そんなお菓子のパラダイス、梅林堂浦和西堀店のセールは今週末限り!
みんなも梅林堂浦和西堀店に行ってみようぜ!

駅からは歩ける距離じゃないよ!遠方からは車がベスト!

おしまい。

(参考リンク)
梅林堂
ラグビーワールドカップ

【まつ直近記事3本】
(130)「Books &Café TOKIWA@北浦和」
(131)「GWに気持ちだけ北海道に行ってきた」
(132)「さいたま市内の高地価エリアを巡ってみた」

さいたま市の背中(132)『さいたま市内の高地価エリアを巡ってみた』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

皆さん、「地価」ってご存知ですね。
読んで字の如く、土地のお値段のことです。

毎年、定期的に新聞やニュースなどで地価ランキングなどが掲載されます。
銀座の一等地が1平方メートルあたりウン千万なんてのは良く聞くニュースですね。

そんな地価ランキング、新聞の地方欄なんかには地方の地価ランキングなども掲載されます。
少し前になりますが、埼玉県の地価ランキング(価格、上昇率)が発表されました。

ぼく、コレ見るの結構好きなんです。
さいたま市は県庁所在地だけあって、必然的に上位に入ってきます(他市の方ゴメン!)
基本的に市内は土地勘があるので、住所を見ただけでどこか分かります。
「まぁ今はアソコがお高いのね!」なんて思ったりするわけです。

でも新聞では住所しか表示されないんですよね。
もちろん地図で調べればどこか一発で分かりますが。

行ってみよう、そしてそこがどんな雰囲気か見てこよう。
でも住宅地をウロウロして写真を撮ったりするわけにはいかない。
そんなわけで商業地の地価ランキング、トップ5に実際に行ってきたよ!

第5位

Google Maps上の画像はこちら。

この位置情報を見た時、こう思いましたね。
「大人の街やんけ!」

ここでは敢えて「大人の街」とだけ言わせて頂きます。
本当はもっと色の付いたアッチ系だよ!

はい、そんなわけでやってきました。
埼玉を代表する歓楽街、「ナンギン」こと大宮南銀座。
「銀座」と呼ぶだけあって、地価が高いのは東京の銀座と一緒ですね。

で、そんな第5位のエリアなんですが、昼とはいえアッチ系のお店は絶賛営業中なんですね。
店先には黒スーツのオニーサンたちが飢えた殿方を出迎えるべく立ちはだかっています。
因縁付けられたら「いや、地価ラインキング巡りしてるだけっす」で理解されるだろうか。

夜の営業に向けて酒の納品をしていると思われる軽自動車の背後から撮った写真がこちら。
この景色の先の左側が高地価ランキング第5位のエリアです。
お金や人の欲が怪しく舞う舞台が地価を押し上げているということですね。
こんなエリアが埼玉県の商業地地価の第5位でございます!

第4位

Google Maps上の画像はこちら。

夜はギラギラネオンのナンギンとは真逆で、今度は健全な西口方面となります。
大まかにいえば大宮駅を中心に、東口の歓楽街に対し、西口はビジネス街と言えます。

大宮駅からは徒歩5分もしないようなところ。

こちらのビル周辺が第4位のエリア。

なのに無人ビルとなっていました。
こちら、少し前までは野村証券の支店が入居していました。
高地価だから撤去したのか、儲かったから他所に移動したのかは定かではありません。
でも高地価だからこそ借り手が付かない、ということはありそうですね。

なおお隣はぼくの行き付けのラーメン屋、桜花
高地価にも関わらずお値段安めで美味しい家系ラーメンが食べられます!

もう最近のラーメンは670円ではなかなか食べられないよね!

なお背後には埼玉県を代表するオフィスビル、ソニックシティビルがそびえ立ちます。
第4位の無人ビルはソニックシティビルより上位ということなんですね(おそらく)
こんなエリアが埼玉県の商業地地価の第4位でございます!

第3位

Google Maps上の画像はこちら。

再び大人の街、ナンギンに戻ってきました。
でも地図をご覧頂ければお分かりのように、検索してもピンポイントでヒットしませんでした。
そのため該当すると思われる場所を歩いて巡ってみることにしましたよ。

大通りの中仙道から攻略していきます。
飲食店も商店もオフィスも、あらゆるものがミックスされている賑やかな通りです。

通りを一つ曲がります。

年季の入った飲食店。
地価と見た目の新しさは比例しないのかな。

目的の1-37に対し、だいぶ近くなってきた。
だいぶ近くなっては来たんですが、該当する住所は最後まで見付けられませんでした。
でも恐らくこの周辺が第3位の高地価エリアであることには間違いなさそうです。

ご覧の通り、スナック、スナック、スナック・・・。
夜になるとお金のある大人たちが集う通りなのでしょう。
そんな大人たちがきっとこのエリアを3位に押し上げていると思われます。
こんなエリアが埼玉県の商業地地価の第3位でございます!

第2位

Google Maps上の画像はこちら。

果敢にもさいたま市に食い込んで来た第2位の川口市。

でも他市なので取材はパス!
しかし実はぼくは高校は川口市だったので縁はアリアリなんです。
ぼくが青春を過ごした川口駅東口周辺が第2位に食い込んできました。
たまに自転車で通りますが家族連れを中心に物凄く活気のあるエリアです。
こんなエリアが埼玉県の商業地地価の第2位でございます!

第1位

Google Maps上の画像はこちら。

大宮駅を西へ東へ行ったり来たりしていますが、栄えある第1位は西口です。
歓楽街よりビジネス街が上位に来た、という結果になりました。

なおこちらのビル、以前は予備校の代々木ゼミナールがメインテナントで入居していました。
2014年頃に代ゼミ全体の経営方針転換もあって撤退したそうです。
高地価ほどテナントの撤退が起きる、という現象は第4位と共通なのか。

代ゼミ撤退後の現在のテナントはこちら。
貸会議室のTKPや人材業のパーソルなどが入居。

なお裏には家電量販店のビッグカメラ。

一階にはドトール。
紹介はしていませんでしたが、ドトールは第4位のエリアにもありました。
ドトールはコーヒーチェーンの中ではお値段安めですが、
効率よく集客できるから高地価エリアでもやっていけるのでしょうか。

通りを挟んだ向かい側には百貨店のそごう
なお第2位の川口も地図上には表示されていませんが、そちらもそごうです。
そんなそごうは過去の経営悪化により今やセブン&アイグループです。
今も高地価エリアで存続していることから、
かつての百貨店戦国時代の一翼を担った貫禄を感じさせます。
写真は夏の風物詩ともいえるビアガーデン。
ぼくには勇気の要る価格設定だ!

はい、いかがでしたでしょうか。
地価ランキングに基づいてさいたま市内の高地価エリアを巡ってみました。
共通しているのは2位の川口市を例外とすれば全て旧大宮市であるということ。
文教都市の浦和に対して商業都市の大宮と言われることが多いですが、
それは地価でも証明されたということですね。

そんなさいたま市の高地価エリア、みんなも行ってみようぜ!

おしまい。

【まつ直近記事3本】
(129)「さいたま市民がさいたま市内のビジホに泊まってみた話」
(130)「Books &Café TOKIWA@北浦和」
(131)「GWに気持ちだけ北海道に行ってきた」

さいたま市の背中(131)『GWに気持ちだけ北海道に行ってきた』


*画像は心の中のイメージです。

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

先日、前代未聞の10連休のゴールデンウィークが終わりました。
みんなが10連休だったわけではないと思いますが、ぼくの勤務先は10日間しっかり休みでした。
皆さんの多くは海へ、山へ、海外へ、イベントへと、色んな所に行ったのではないでしょうか。

が、しかしっ!
ぼくはさいたま市から一歩も出ませんでしたっ!
まぁ家で色々やることもあったし、混雑しているところも嫌だし。
でもテレビを付ければ改元ネタかGWの行楽ネタばかり。
さすがのぼくも「癪だわ!」と思いましたね。

しかし連休中盤で、渋滞・混雑で遠出などできない。
でも気持ちだけは遠出したい!

気が付いたらぼくは自転車を走らせていました。
約10分走って辿りついたのは、さいたま新都心にある商業施設、コクーン
さすがはGW、連日イベントが開催されていて、コクーンは大賑わいでした。
そんなイベントにも目もくれずにぼくが向かった先はここだ!

北海道どらんこプラザ

そう、北海道のアンテナショップです。
アンテナショップといえば東京にあるイメージですが、さいたま市内には北海道のアンテナショップがあるのです!
なぜか!?と言われても知りませんけど!

よくデパートとかで北海道物産展ってやってますよね。
このブログでも過去にさいたま市内で開催された物産展を取り上げたことがありました。
さいたま市の背中(109)『伊勢丹浦和店の大北海道展に行ってきたよ!』

大抵こういう物産展では、人気商品は超長蛇の列ができます。
でもわざわざ並ばなくてもここでならいつでも変える。
これ、意外と知られていない事実。

そんなわけで、北海道の食料品を買い込み、家でまったりと北海道気分を味わおうじゃないか!というのが今回の趣旨。

物産展で行列必至の六花亭のバターサンドやチョコもここでならアッサリ買える!
*注意:在庫状況等あるので毎回ではないとは思います。

かわいいデザインの限定ワインもさいたま市で買えちゃう!


北海道限定のサッポロクラシックもホワイトサンダーもさいたま市の前では限定ではない!


その他にもお菓子も沢山の種類があるよ!

北海道各地のカレー!

焼酎も!

ジンギスカンも!

ドリンクも!

袋ラーメンも!

北海道に行かずして味わうことができるのです!

さてそんなぼくが購入して帰ったのが以下の商品たち。

左上から時計回りに、
・激ウマ乳酸菌飲料「カツゲン」
・小樽の地ビール「小樽ビール」
・老舗菓子メーカー千秋庵の「水羊羹」
・道南の郷土料理「いかめし」
・ソウルフードメーカー、ベル食品の「カレー」

この日の食卓はオール北海道。
長距離渋滞も移動疲れも混雑も交通費も不要な世界。
こういう休日の楽しみ方もあっていいんじゃないの。
まぁそうはいっても、旅先の空気も本当は必要なスパイスなんだけどね。

どこかに行きたいけど、時間もお金もない。
そんな時にサクッと非日常を楽しむには良いと思います。

そして、どさんこプラザの目の前には、別のアンテナショップが。

沖縄県!

なんと日本の最北端と最南端のアンテナショップが通路を挟んで隣同士にあります。
飛行機で何時間もかかる距離にある両者が、さいたま市でなら徒歩3秒!
さいたま市は日本の北と南を結びつける街なのでもありました!

そんなさいたま市のアンテナショップでみんなも旅気分を味わおうぜ!

おしまい。


カレーの肉がでかかった!

(参考リンク)
どさんこプラザ
コクーンシティ
沖縄宝島さいたま新都心店

【まつ直近記事3本】
(128)「さいたま市のネットカフェでリモートワークしてみた」
(129)「さいたま市民がさいたま市内のビジホに泊まってみた話」
(130)「Books &Café TOKIWA@北浦和」

さいたま市の背中(130)『Books &Café TOKIWA@北浦和』

どーも、さいたま市民観光サポーターまつです。

出版不況や「町の本屋」の閉店が社会問題になっている時代です。
そんな中、生き残りをかけて個性的で様々な業態が生まれてきています。

「ブックカフェ」なんてのもそのうちの一つでしょう。
本来は買って帰ってから家で読むべき本を、本屋さんで読んでしまえる。
しかもコーヒーなんか出してくれちゃうのです。
時代は変わりました(昔はあったのかな)

ぼくが子供の時代は本屋で立ち読みをしようものならオッちゃんに怒られ追い出されたもんです。
近所にあった本屋のオッちゃんの不機嫌で攻撃的な眼は20年経った今でも思い出せます。
ちなみにその本屋も随分前に潰れましたが、原因が不況かオッちゃんかは謎のままです。

今回紹介するのは、JR京浜東北線の北浦和駅東口から徒歩数分の距離にあるBooks &Café TOKIWA
北浦和駅前もかつては本屋が数店舗あった記憶がありますが今はこのブックカフェのみ。
元々この日は本屋に行こうと思ったわけではなく、散歩をしていた時に見付けました。

逆光ですみません。
店舗は2階。外からは本棚があまり良く見えないので、本屋感は感じません。
当然ぼくのような小心者は入店に勇気が要ります。

看板も小さく控えめな感じ。

2階まで上がり「本屋じゃん!」とやっと安心をします。
本屋と分かれば入店へのハードルは大分下がります。

しかし忘れてはいけない、ここはブックカフェなのだ。
と、息を巻いてしまいますが、もちろんカフェの利用は任意です。
逆に言えばカフェだけの利用も可能なのです。
本も楽しめ、カフェでも楽しめる、素敵やん。
テラスからは北浦和の駅前を見渡せます。

大手資本系ではない本屋とは違うこういう小規模書店はインテリアや品揃えが命ですね。
むしろそういう所で勝負をしなければいけないし、それが独自の個性を築いて行くのだと思います。
ホームページを見ると、ここの店は「料理・旅・絵本」などの趣味性がコンセプトとのこと。
なにそれ、最高やん(個人的にツボなセレクト)



だから本棚も大きくジャンル分けはされていますが、個性的な品揃えで楽しいですね。
まだ見ぬ出逢いがこの中に眠っているのだろうなーと知的欲求が刺激されます。

絵本コーナーも充実。
北浦和は住宅街だし、昼時の子連れママにも良いのではないでしょうか。
ちなみにぼくが訪問した時は休日の開店直後だったからかお客はいませんでした。

コスメやアクセサリーなんかも売られています。

そうそう、ブックカフェに来たのだからカフェも体験せねば。

先ほどはテラス席を写しましたが店内にもカフェエリアはあります。
カウンター席とテーブル席を合わせて、席数にして10席弱。

コーヒー、紅茶、ジュースの他にケーキや何とビールまでも。
もはやここは家か。

お昼時ということもあり今回はコーヒーにしました。

「カフェ利用時は本を1冊だけ持ってきて良い」というルールでした。
ぼくがコーヒーのお供に選んだのはこちらの本。
旅が多いぼくは旅先のスーパーには必ず立ち寄ります。
その地域の人間や食材や加工品、食品産業を感じることができるから。
そんな趣向をスバリと的中させたこの本と出会えた奇跡。
と言いながら買わなかったんだけど(笑)。

コーヒーも高いわけではないし、ブックカフェという形態は儲かるのだろうか。
そんなこともぼんやり考えながら約1時間弱滞在させて頂きました。
その間も何人かのお客が来てましたので、ちゃんと認知はされているようですね。

営業時間・休業日などの店舗情報はホームページにてご確認を。
ビルの2階というのがハードルが高いかもだけど、小心者のぼくも行けたから大丈夫。

みんなもBooks &Café TOKIWAで素敵な本と出逢おうぜ!

おしまい。

Books &Café TOKIWA

【まつ直近記事3本】
(127)「とあるさいたま市民の年末年始の過ごし方」
(128)「さいたま市のネットカフェでリモートワークしてみた」
(129)「さいたま市民がさいたま市内のビジホに泊まってみた話」